【レーダー照射】 「自衛隊は、わが中国の艦船に1日100回近くロックオンしてるくせに…日本は何を騒いでいるのか」…中国紙 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【レーダー照射】 「自衛隊は、わが中国の艦船に1日100回近くロックオンしてるくせに…日本は何を騒いでいるのか」…中国紙

2013年2月6日、中国紙・新聞晩報は記事「ロックオンは日常茶飯事、中国軍艦もたびたび日本側にロックオンされている」を掲載した。記事の主旨は以下のとおり。

5日、小野寺五典防衛相は記者会見を開き、中国の軍艦が日本護衛艦に向けて射撃管制用レーダーを照射していたことを明らかにした。なるほど、これが事実だとすれば確かに敵対的な行為と言えよう。

だが中国艦隊の30年以上の遠洋航海の歴史にとって、このような事態は決して珍しいことではない。中国の艦隊が遠洋航海に出港するたび、自衛隊の艦載機やP-3C対潜哨戒機が追尾してくるのはもはや恒例行事。日本防衛省のウェブサイトには中国艦艇の写真が大量にアップされている。

そうした中で、レーダーに捕捉されるのも珍しいことではない。中国青年報の報道によると、昨年2012年12月、西太平洋での遠洋実戦訓練に旅立った中国の艦隊は9日夜から10日午前にかけて、自衛隊の艦船、航空機に追尾された。その際、100回近くも不審なレーダー信号をキャッチしたという。

新聞晩報は以上のように主張し、日本側は大げさに騒ぎ立てていると批判している。ただし記事を読む限り、射撃管制用レーダーの意味を理解していないようだ。射撃管制用レーダーはミサイルや火砲による射撃を実施するにあたって対象を補足・追尾するためのもの。通常のレーダーとは周波数も異なる。

自衛隊が中国海軍を追尾していた時に射撃管制用レーダーを使用していたとは考えづらいが、新聞晩報はこれを混同しているようだ。また同日付の記事「射撃管制用レーダーのロックオンは何を意味しているのか?」では、防衛相記者会見によると日中艦艇の距離はわずか3キロで目視できる距離。射撃管制用レーダーを使用する必要はなかったと的外れな記述をしている。

もっとも通常のレーダーと射撃管制用レーダーとを混同しているのは新聞晩報だけではない。中国のマイクロブログなどの書き込みを見ると、「レーダーを使ったぐらいで何を怒っているのか?」といった意見も少なくない。

ソースは
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=69201




参考までにこれが近代の艦隊戦。

このレーダー照射というのがどれほど重要な物なのかがよく分かるので見てほしい。



やられたからやり返すというのは子供じみているかもしれないが、今度は負けずにレーダー照射をやって見せよう。

彼ら中国の言い分ではこれは遊びで戦争にはならないはずだ。

それにしてもばからしい。

こんな国が隣国であり、仲良くして行かねばいけないと言うのも・・・。

お互いに戦争にだけはならないように最善の注意を払い、外交で決着を付けるようにしてほしい。

安倍晋三総理よあなたの手腕が試される。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
射撃レーダー照射をされたら、レーダー照射をし返すのではなく、反撃するべきです。
Posted by coffee at 2013年02月08日 08:03

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

民主党はロックオンを隠蔽していた!・海江田「公表遅れただす」・池口「安倍政権の隠蔽体質を疑う」・支那軍による射撃用レーダー照射は民主時代からあったが、「日中関係を悪化させる懸念」と公表せず・水曜アンカー
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0602Z_W3A200C1PP800..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-08 08:04

中国の軍艦による攻撃用レーダー照射は日本政府による捏造?
Excerpt: ★中国の軍艦が日本の軍艦やヘリコプターに対して攻撃用のレーダーを照射したという報道が続いている。日本政府はけしからんと云い、中国政府はそういう事実はないと云う。斧魔も日本人、過去に日本政府が嘘をついた..
Weblog: 木霊の宿る町
Tracked: 2013-02-10 11:14
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。