【経済政策】消費マインド刺激の秘策、『5万円札』発行--財務省筋 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経済政策】消費マインド刺激の秘策、『5万円札』発行--財務省筋

日本銀行(白川方明総裁・1972年入行)は1月22日の金融政策決定会合で、2%の物価上昇率目標を導入し、早期の実現を目指すほか2014年から無期限の金融緩和に踏み切ることを決めた。

 安倍晋三首相は同日午後、政府と日銀による共同声明の報告を受けた後、官邸記者団に対し「金融政策における画期的な文書だ。レジームチェンジ(体制の転換)でもある」と述べ、事実上の勝利宣言を行った。

 昨年9月の自民党総裁選に勝利して以降、次々に繰り出した金融緩和発言が株高と円安をもたらし、市場関係者は「アベノミクス(安倍経済政策)」に期待を寄せてきた。

 では、政府主導のデフレ脱却のための「物価目標2%」と「無期限金融緩和」策が、本当に日本経済再生を実現させることができるのか。

 マーケットはシビアである。外資系大手証券会社幹部は筆者に「(今回の政府と日銀による連携強化は)建て付けとしては期待通りだが、中身はシャビー(みすぼらしい)です」と語った。

 一方、そうした反応は織り込み済みであり、金融の大幅緩和を進める中、消費マインドを刺激するための秘策があると、財務省(真砂靖事務次官・1978年旧大蔵省入省)筋はひそやかに言う。

 その秘策とは、いったい何なのか−。「5万円札」発行というのだ。

 「景気が回復しないまま放漫財政を続ければ、日銀は政府の言いなりにお札を刷って国債を買うだけの“印刷マシン”になり下がる」(朝日新聞)との指摘もあるが、紙幣発行の権限は財務省にあるのだ。

 日銀法47条は、日銀券の種類発行は政令によると記述している。つまり、財務省理財局国庫課所管の紙幣発行は、最終的に財務大臣が決定し、閣議で了解を得れば、いつでも可能ということだ。

 要は、麻生太郎副総理兼財務金融相の胸一つということである。

 先の財務省筋は、続けてこのように説明する。「経済学上、異論があるのは承知している。が、金融緩和を通じてデフレ脱却を目指すリフレ派のエコノミストたちが安倍、麻生両氏に知恵を付けたので、可能性は十分ある」

 安倍首相が金融政策のブレーンとして名前を挙げる米エール大学の浜田宏一名誉教授、そして同首相がひそかに信を置く中原伸之元日銀審議委員がインフレ目標の重要性と、景気刺激のためには「何でもやるべき」と主張してきた。「5万円札」発行は十分あり得ることなのだ。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130129/plt1301290710001-n1.htm




5万円という金額に意味があるのではなく財務省が札を刷るという点が重要な事。

例えばこの札を発行するのに設備やら人件費やらを増強する。

1枚あたり100円のコストがかかるとしても差額の49900円が国庫に入ると言う計算なわけで、これを使えば打ち出の小槌のように国債を刷らずに財政出動できると言う事。

先日、アメリカで話題になった1兆ドルコインの日本版と考えても良い。

実際に使うとなると使いづらい額面となることは必死だろうが、プレミアム感を出すには良いのではないだろうか。

流通量も考えてみると二千円札よりもっと悲惨な事になるかもしれない。

二千円はそれでもATMの読み取りだけでも対応してくれたが、5万円札はそれすら怪しい。

流通と言うことはあまり考えてはいないだろうし、財政出動が主な理由であると思われる事から日本の景気浮上の為にはやった方が良い。

効果が期待できそうなことは何でもやるべきだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
財政出動と言うよりも金融緩和ですね。
Posted by coffee at 2013年02月01日 22:26

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

「差別だ」祖父が在日韓国人であることを理由に婚約破棄された28歳女性、30代男性市議に550万円の賠償請求・朝鮮人の血が流れている相手との結婚を回避する自由は保障されるべき・田中宏は在日特権の権化
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 高嶋政伸と美元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130128-0000003..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-01 22:27
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。