【自動車】勢いに乗るスバル…円高でも消費者が求めるものをつくれば売れるという見本に - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】勢いに乗るスバル…円高でも消費者が求めるものをつくれば売れるという見本に

スバル(富士重工業)が勢いに乗っている。2012年の米国での販売台数が前年比26%増の33万6441台と過去最高を記録。4年連続で過去最高を更新した。

「昨年の円高をモノともせず、これだけ販売台数を伸ばしたのです。他の自動車メーカーは売れ行き不振を円高のせいにしますが、消費者が求めるクルマをつくれば、きちんと売れるんだという見本です。スバルはブランド戦略がうまい。主力車のレガシィや小型車インプレッサを中心に車種を絞り込んでいます。米国では、クルマ好き向けの“とんがった自動車”のイメージを定着させています」(ジャーナリストの井上学氏)

 国内でもインプレッサは話題だ。昨年12月の笹子トンネルの事故で、NHKの記者が奇跡的にトンネルから抜け出し助かった。乗っていたのはインプレッサだった。

「事故の瞬間、思いっ切りアクセルを踏んだと伝わっています。4輪駆動のインプレッサは加速が早く、そのおかげで助かったともいわれます。富士重工の株価が急騰しているのは、この件と無縁ではないでしょう」(マーケットアナリストの藤本誠之氏)

 事故翌日(12月3日)の同社の終値は927円。9日は20%以上の上昇となる1129円まで値を上げた。市場は“インプレッサ効果”と囁く。富士重工に12月の売れ行き状況を聞いてみた。

「(効果は)正直分かりません。全車種の12年(1―12月)の売れ行きは前年比112%の17万7714台でした」(富士重工関係者)

 ここ数年、電気自動車やハイブリッド車ばかりが話題に上るが、「大震災や事故の影響で、クルマの安全面を見直す機運が高まっている。業界に先駆けて、自動停止装置(アイサイト)をつけたのもスバルです」(藤本誠之氏=前出)という。

 スバルには追い風だ。

ソースは
http://news.livedoor.com/article/detail/7310588/




円安にすればもっと売れる範囲が広がるだろう。

スバルが伸びたと言っても、元々が低いからなぁ。

比較の対象とするのが正しいかは分からないが、高級車を扱うポルシェみたいなもんじゃないかな。

今のやり方なら、ごく狭い客層、スバル信者には受けるんじゃないかな。

日産みたいに日本の雇用を切り捨てグローバルの名のもと世界で生産することを選択した企業と金が無く生産設備が小さくとも24時間態勢で国内で生産したスバル。

結局、身の丈にあった商品を創れば雇用も守れ、世界でもそこそこ売れると言う事を証明して見せた。

トヨタの傘下に入り、軽自動車を辞めたスバルの真価が問われている。

トヨタ色に包まれ、今応援してくれているスバル信者の忠誠を失わぬように今後も努力していってほしい。

スバルは大衆車と言うより一部のスバル信者が支えていると私は思う。

トヨタのような大衆車はいらない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
スバルの評判が急上昇していますね。
Posted by coffee at 2013年01月14日 13:35

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓流にトドメを!反日無罪の韓国を叩きつぶせ 国民大行進 in 新大久保・閑古鳥が鳴く朝鮮人街・NHKおはよう日本で韓国反戦ミュージカル、ニュースウォッチ9で野菜高騰でも値上げしない新大久保のキムチ屋
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓流にトドメを! 反日無罪の韓国を叩きつぶせ 国民大行進 in 新大久保 まずは、1月10日放送のNHK「おはよう..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-01-14 13:36
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。