【雇用】月給1万円のカンボジア人が"日本語入力"、日本人に残された仕事はあるのか? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【雇用】月給1万円のカンボジア人が"日本語入力"、日本人に残された仕事はあるのか?

ひと月ほど前にアジア各国を回って、現地で働いている人や起業している人たちと会ってきました。彼らは口々に「大変だけど、楽しい!」と言っていました。実際、彼らの顔はイキイキしていました。

そして、日本に帰ってきて、今度は就職活動に苦労している学生や社会人に会いました。「いや、ホント、大変ですよ」。確かにその大変さが顔に表れていました。日本で普通に生活したいだけなのに、なぜこんなに大変なんだろう?

「海外就職研究家」の私が言うのもなんですが、日本国内で楽しくイキイキとできる仕事がたくさんあったら、わざわざ海外に行く必要もないでしょう。でも、そうもいかないから、いろんな選択肢を検討している人が多くなっていると思うのです。

同じことしかできないなら仕事は安い方に流れる

日本で普通の生活が難しくなっている理由は、東南アジアを歩くとすぐに分かります。先進国の人が貧しくなっている代わりに、途上国の人が豊かになっているからです。

今回、カンボジアで衝撃的な光景を見ました。10年前に日本人のアルバイトがやっていた文字データ入力の仕事を、カンボジア人が行っていたのです。

日本語が分かる人は少ないのに、なぜそれが可能なのか。それは、マウスでできる画像データの修正と、アルファベットの入力作業のみ行っているからです。その作業が終わると、次工程の中国やタイにデータを飛ばしていました。

日本人がインターネットで送った元データを、カンボジア人が一次加工し、中国人やタイ人が完成データにして日本の顧客に戻してくる。データの移動コストは、金額・時間共にほぼゼロです。

「日本語が話せるタイ人が月給5万円でこれだけ仕事をしてくれるのに、日本人に20万円払う必要はどこにもないよね?」

こう言うと、「日本は生活費が高いんだから仕方ないだろ!」と反論がきます。確かにその通りなのですが、そんな個人の事情とは関係なく、仕事は無情にも月給5万円の人のところに流れていきます。

そうやって、月給20万円の日本人の給料は少しずつ下がり、月給5万円の日本語が使えるタイ人の給料は少しずつ上がる。そしてタイ人の仕事も、少しずつ月給1万円のカンボジアに流れていくのです。

「仕組みを作って回す仕事」ができれば共存共栄

先進国の国内格差は広がっているといわれますが、世界全体から見ると格差が縮まっているともいえます。途上国の貧困層と、先進国の中流層の格差が縮まっているのです。そんなフラットな世界で、どうやって生き延びていけばいいのか。

タイ人が5万円もらえているのは、1万円のカンボジア人にはない「日本語入力」の技能を持っているから。高い給料をもらうためには、それに見合うだけの技術が求められます。我々が月に20万円、30万円稼ぐためには、「日本語が使えるタイ人」の何倍もの利益を生み出す技術が必要になるのです。

例えば、カンボジアにデータ加工の仕事を発注しているのは、他でもない日本人です。ひとつの仕事を複数工程に分割し、タイ人やカンボジア人に効率的に振り分ける仕組みを作ることで、低コストで制作する方法を編み出したわけです。

この仕組みは会社に毎月何百万円もの利益をもたらすので、仕組みを作って維持管理する人は数十万円の給料をもらえる価値があります。

我々日本人が考える「普通の生活」は、世界からしてみたら「あこがれの生活」であり、世界中の人から狙われている特権階級の生活です。そのポストを守りながら、他人を幸せにする道はないのか。私は、あると考えています。

日本が仕組みを作り海外に発注している仕事が、多くのカンボジア人の生活を豊かにしているように、日本人の技術や知恵をアジアに展開すれば、世界のもっとたくさんの人を幸せにし、我々の生活も豊かにできるものだと信じています。

ソースは
http://www.j-cast.com/kaisha/2013/01/01159889.html?p=all




この記事を要約すると、単純労働しかできない人間は東南アジアで暮らす以外に生き延びる方法がないと言っているようなもの。

普通に考えていくとこう言う考えに落ち着くのは当たり前で間違ってはいないと思うが、日本国という大きな枠で見て行くとどうなのだろうと正直思う。

あまり歓迎できないなと言うのが正直な気持ち。

そんでもって、日本国内で残る仕事を考えて見ると、カンボジア語など東南アジア圏の言葉を流暢に使うことが出来き仕事を発注し管理できる人間が生き残ると言うこと。

こう言う事を出来る日本人も一部の人間なのだと思う。

ミクロ経済の利得、各企業ごとに年度ごとの利益を追ってマクロ経済の利得、全企業=全家計の長期利益を失う。

真にこれということ。

日本人はこれを20年間やってきました。

今後もやって日本国はドンドン衰弱し何れは自滅するでしょう。

今まで日本国が豊かになってこれたのは、日本国内で製品を生産し、付加価値を上乗せして海外に売り込んでこれたからだ。

つまり外貨を稼いできたからだ。

いくら低賃金であろうとも海外に金が流出していけば、国内消費の観点からも国益にはならない。

まぁ、国家なんか度外視した企業の利益優先がそもそもの要因なのだけれど。

日本国内の内需が拡大したらいくらでも仕事があると言う状況になりそうなのだがなぁ。

ショップの店員も道路工事の人員もほとんど日本人だし、日本人じゃなくても日本で生活しなければならないからそれなりの給料が必要になる。

もしかしたら、消費税を廃止したら全て解決するかも。

色々なデータを比較してみると、消費税がなかった時の方が豊かであり、日本国の税収も良かったように見えてしまう。

いっその事、期間限定でも良いから消費税の全面的な廃止を行ってみてはどうだろうか。

考えが甘すぎるかな。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
まずは支那や韓国と国交断絶するべきだと思います。
韓国や支那と国交を回復する前の日本は好況でした。
韓国や支那と国交を回復させてから、日本の高度成長は停滞し、失業が増加しているのです。
Posted by coffee at 2013年01月04日 16:56

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311345653

この記事へのトラックバック

千野志麻が車で人を死なす・元フジテレビアナウンサー「チノパン」ことの横手(旧姓・千野)志麻(しお)(35)が沼津市のホテル駐車場で男性を車でひき死亡・夫は福田赳夫の孫で福田康夫の甥のセレブ・父は沼津市議
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 元フジテレビアナウンサー「チノパン」こと千野志麻(横手志麻) http://hochi.yomiuri.co.jp/en..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-01-04 16:57
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。