【風物詩】1月2日発売の"アップル福袋"求め前日からAppleストアに大行列 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【風物詩】1月2日発売の"アップル福袋"求め前日からAppleストアに大行列

 2013年1月2日に全国のアップルストアで発売される、毎年恒例のアップル福袋『ラッキーバッグ』。そのラッキーバッグを手にしようと、発売前日の1月1日から、多くの人がここ渋谷のアップルストア前に並びはじめました。

  その行列の先頭に立つのは、2012年12月25日から並び始めた田代さん。そして1月1日16時45分現在、彼の後には24人の人が続いており、その列は徐々に遠方へと伸ばしています。

  行列で待っている人たちは、漫画を読んだり、音楽プレイヤーで音楽を聴いたりと、様々な形で発売までの長い時間を潰しており、彼らからはまだ疲労の色は見えません。行列先頭から3番目の位置を獲得した東京在住Mさんは、今回アップル福袋行列に並んだ理由について、次のように語っています。

  「私は、昨年にアップル福袋が発売された時も並んだんですが、その時の経験が楽しく、一緒に並んだ人たちとのいい出会いもあったので、今回も並んでみようと思いました。今回はMacBookAirをゲットしたいと思っています!」

  明日の発売に向けて、続々と人が並び始めるアップル福袋行列。本日1月1日中には、一体どれくらいの数の人が集まるのでしょうか?今夜も厳しい寒さが東京を襲うようなので、並んでいる方たちにはくれぐれも体調を崩さないよう、気をつけてもらいたいものです。

ソースは
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0101&f=column_0101_028.shtml




毎年の正月行事、恒例のように見られる風景にいつも疑問を感じる。

それだけの時間と労力考えたら、割りに合わないとは思わないのだろうか?

風邪ひいたら医者代、薬代だって掛かるし、何よりも並んで居る時間がもったいないとは思わないのだろうか。

並んでまで買った福袋に希望の商品が入っていなかった時のショック、落胆等を考えると福袋で並ぼうとは思わない。

予め買える商品が決まっていて、その商品が格安で買えるというのならば話しは別だ。

さて何人の人達が希望の商品にたどり着けることが出来るだろうか。

今現在並んで居る人達は風邪を引かぬように希望が叶うように、私も心からお祈りしておこう。

彼らの行動もまた、経済を動かす潤滑油となるのだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
目黒のさんま祭りで3時間以上並ぶようなものですね。
Posted by coffee at 2013年01月02日 20:20

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

荻原博子「アベノミクスで庶民にお金は回らない。インフレにはならない。財布のひもを一層きつく締めていかなければならない」・「2002〜’07年と同じ」と言うが、インフレターゲットと財政支出増大の2つの違い
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 荻原博子 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121231-00000..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-01-02 20:20
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。