【アメリカ】中国製品からSOSの手紙=強制労働者、隠し入れる−米スーパー - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【アメリカ】中国製品からSOSの手紙=強制労働者、隠し入れる−米スーパー

 米西部オレゴン州に住む女性が、10月31日のハロウィーンで使おうと、発泡スチロールでできた中国製の墓石を地元スーパーマーケットで購入したところ、梱包(こんぽう)の中から中国当局による強制労働の実態を告発する手紙が見つかった。この墓石の製造に関わった強制労働者が書いたとみられ、「偶然にもこの製品を買われた方。手紙を人権団体に届けてください」と訴えている。米ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」が27日報じた。
 米国は強制労働によって製造された製品の輸入を禁止しており、米当局も手紙の内容を精査している。
 手紙は英語で書かれ、中国語が一部交じっている。手紙によれば、この製品は中国遼寧省瀋陽馬三家の「労働教養院」で作られた。教養院には、中国共産党と思想の異なる「罪のない人々」が1〜3年間収容されるという。手紙は「1日15時間労働で、休みもない。従わなければたたかれるなどの虐待を受ける。給与はないに等しい」と悲痛な叫びを上げている。

ソースは
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012122800568




この密告がバレたことで、この製品を作っている奴隷労働者達は、一斉に当局から総括を受けることになるだろうな。

中国共産党とはそういうところだ。

既に、死者が何人か出ていると言うことさえ容易に想像出来る。

このことも闇に覆われたままになりなかったことにされてしまう。

馬三家の労働教養院といえば、拷問や人権蹂躙で何度も国際的な非難を受けている施設。

日中記者協定のせいで全く報道されないけど、法輪功に対する中国共産党の弾圧ぶりは世界中から非難され続けている。

共産党に意を反する人たちを強制収用して、強制労働させ、死んだらゴミ同然に捨てられ
家族にすら知らされない。

まさに人間以下の所業だ。

日本の過去の戦争犯罪を捏造して糾弾したりするのも自分たちのこういう行為を誤魔化し、国際世論の目をそらすためだし、その先兵をこなしているのが善人面して日本を糾弾する。

中国という国では私たちが想像も出来ないようなことが平気で行われている。

過去にあった人体模型の製造に関しても、中国共産党に対する政治犯を犯した人達が意図的に殺害され模型へと作り変えられたというこんな話しもあった。

この国では自由などない。

全ては中国という国家そのものが原因である。

それ故に曲がった精神の人間が数多く存在するのだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
支那は酷い。
交わるな!
行くな!
Posted by coffee at 2012年12月31日 23:05

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

自民党が参院選に勝つ方法・公約を守ること、竹島式典を政府主催で開催すること、衆院選の時のようにマスコミの非難を浴びること・NHKに褒められていたら勝てない・「維新政党・新風」参議院選挙出馬記者会見動画
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ NHKは、12月29日深夜(12月30日未明)、【そこが知りたい!「新政権で日本はどう変わるのか」】(HP)という番組..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-31 23:06
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。