【小売】ジャパネットたかた社長“背水の陣” アマゾンの脅威、脱家電を急ぐ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【小売】ジャパネットたかた社長“背水の陣” アマゾンの脅威、脱家電を急ぐ

 地上デジタル放送移行や家電エコポイント制度による“テレビ特需”の反動に、人気のテレビ通販会社「ジャパネットたかた」が苦しんでいる。

 高田明社長の独特の語り口で、多くの消費者になじみ深い同社だが、主力の家電販売が落ち込み、売上高の低迷が続いているのだ。高田社長は平成25年12月期に最高益を達成できなければ「社長を辞める」と公言、背水の陣で新たな柱を模索しているが、答えはまだ見えていない。

 8割超が家電

 「今日は京都洛中に現存する蔵元の日本酒『古都』『聚楽第』の原酒を番組限定で販売しますよ」

 10月21日に放送されたジャパネットたかたの番組。司会を務める高田社長の甲高い声がいつものようにお茶の間に響いた。だが、この日の放送は少し様子が違っていた。長崎県佐世保市の本社内スタジオからではなく、京都からの放送だったのだ。

 取り上げた商品も家電ではなく、日本酒。「(家電に偏った)企業イメージを変えないと」。高田社長の危機感の表れだった。

 国内電機メーカーや家電量販店は、テレビ特需の反動から抜け出せないでいる。パナソニック、シャープは25年3月期に合計で1兆2150億円もの最終赤字を予想。家電量販大手もテレビ販売が7割減となるなど売り上げが低迷、最大手のヤマダ電機でさえ大幅な減収減益を余儀なくされている。

 こうした状況は、売上高の8割以上を家電が占めるジャパネットたかたも変わらない。23年12月期の売上高は前年比13%減の1531億円で7期ぶりの減収。今期の売上高も前年割れとなることが確実だ。

 現在の国内家電業界について、高田社長は「構造不況に陥っている」とみる。「スマートフォン(高機能携帯電話)の出現でカーナビやデジタルカメラの需要が食われた。だがスマホが普及すれば、その需要も止まる。こうした時代の流れを前提に考えないと何も解決しない」。高田社長は家電以外の柱を早急に見つける必要性を痛感、取扱商品の幅を広げようと懸命だ。

東京で人材育成

 状況を変えようと、ほかにも手を打っている。東京進出だ。東京オフィスの開設は今年8月。六本木の高層ビル34階に約2200平方メートルのオフィスを構えた。創業の地である佐世保にこだわり続けてきたことが広く知られているだけに、業界関係者からは意外感を持って受け止められた。

 狙いは東京からの情報発信と人材確保だ。「ITが進化して商品の生産サイクルが早くなり、よりスピードが求められている。そうした動きに対応できる人材確保と情報発信に応えるには、佐世保では限界があった」と高田社長は話す。

 東京では地上波を除くテレビやインターネット向けの通販番組を制作、12月にはスタジオも新設した。動画を組み合わせたネット事業も強化。バイヤーの約9割も東京に異動させ、衣料品や宝飾品、飲食品など家電以外の商品の取り扱いを増やす。早期にインターネットでの売上高を現在の約2倍にあたる1千億円に引き上げ、ゆくゆくは家電以外の商品の比率を、現在の2割弱から3割以上に引き上げる方針だ。

進退を賭けた“覚悟”

 スタッフは若手中心で、高田社長は東京の事業に直接は関与しない。「来期に経常利益で過去最高の136億円を超えられなければ、社長を辞める。社長に依存せず、自分たちでやったという成果を感じてほしい」という高田社長。東京では自らが引退した後を見据えた若手育成を進める考えで、それは進退を賭けた“覚悟”の表れでもある。

 だが、経営環境は厳しさを増す。家電市場が落ち込むだけでなく、ネット通販という新たなライバルの成長も脅威だ。米アマゾンなどが家電を扱うようになり、卸値に近い安さで顧客を奪い始めているのだ。

 経済産業省によると、国内のネット通販の市場規模(コンテンツ配信などを含む)は、平成23年で8兆5千億円と、5年前の18年(4兆4千億円)からほぼ倍増。その勢いは本物で、ヤマダ電機の山田昇会長も「店舗がない地域の市場をアマゾンにとられている」と危機感を隠さない。

 家電以外の商品やサービスの展開、ネット販売の強化…。次代の成長戦略としてジャパネットたかたが試みる施策は、いずれもヤマダ電機など大手家電量販店が取り組む起死回生策でもある。

 社長の座を賭けた高田社長の経営改革の成否は、今後の家電業界の浮沈を占う試金石となる。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121223/bsd1212231811003-n1.htm




ジャパネットたかたはあれだけテレビ等で大宣伝しているから一見品物が安そうに見えるが、他の激安店、量販店やアマゾンなんかに比べると実は高い事が良くある。

物の値段なんてネットで簡単に比較できちゃうから、こういうテレビ宣伝中心業者は大変だと言う事が良く分かる。

ジャパネットたかたのお客様を考えて見ると、メディアリテラシーの無いB層と呼ばれるお客様がほとんどではないだろうか。

それもテレビという情報媒体が殆どの高齢者ばかり。

この部分の修正は困難だと思うし、テレビ通販である以上はこの層に訴え続けなくてはならない。

ジャパネットたかた自体が販売店を持たないから安いって理由で売れていたんだから同じようなことをもっと極端にしているアマゾンが安くて売れるのは当たり前の事でこのアマゾンが一番の脅威だろう。

アマゾンでは取り扱っていない商品はないと言うぐらいに色んな商品があり、値段も破格である。

私も最近ではヤマダ電機で商品の確認を行い、購入はアマゾンで行うと言うのが殆どである。

ヤマダ電機でいっくら値切り倒してもアマゾンの価格に追いつく事はなく家電量販店では予算が合わず買うのは止めている。

少しでも安い方が良いし、ヤマダ電機が行っている保証制度が意外と使え、アマゾンで商品を買う後押しをしてくれている。

ヤマダ電機ではどんな家電かも関係なく、年間の補償費用を支払えば何処で買った商品かも確認する事なく製造日からの年数によりある程度の保証を行ってくれるので助かる。

実際にアマゾンで買った商品が壊れ、アマゾンにクレームを出した時に製造メーカーに問い合わせてくれって言われ面倒だなって思っていた時、ヤマダ電機の保証に入っていることを思いだしこちらに電話すると次の日には担当者が家まで来てくれ状況を確認、丁寧に説明し直ぐに修理して行ってくれた。

勿論費用は一切掛かっていない。

ヤマダ電機の保証電話窓口では担当者の出張費用、見積もり費用、部品の耐用年数越えによる追加費用と色々と脅されたがなんてことはなかった。

家に来てくれた担当者が良かっただけかもしれないが、2度このような事を経験している。

私から言わせてもらえばヤマダ電機の保証制度は入っていて損はないと言う事。

今の私の家電購入スタイルをまとめると、購入はアマゾンなどのネット通販で壊れた時などの保証はヤマダ電機に行ってもらう。

こんな感じだ。

家電だけではなく何でも売っているアマゾンを何とかしなければ日本国の経済活動はドンドンアマゾンに接収されていく。

私のような消費者は日本国中に存在するだろう。

アマゾン便利だしね。

アマゾンと勝負するのは難しいだろうが、このアマゾンに何かしらで勝って行かなければこの先はないと考えられる。

ジャパネットたかたを始めとした日本国企業には頑張ってアマゾンに打ち勝てるように努力して頂きたい。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>ジャパネットたかたはあれだけテレビ等で大宣伝しているから一見品物が安そうに見えるが、他の激安店、量販店やアマゾンなんかに比べると実は高い事が良くある

そのとおり。
今後は衰退する一方でしょう。
Posted by coffee at 2012年12月25日 12:33

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

とくダネ「ノロウイルスに罹ったら病院に行かないほうがいい」・大学病院「ありえない」・朝鮮人多いフジテレビと在日韓国人の宋美玄が日本人を死なせ、感染経路を隠すため嘘・ノロウイルスの感染源は韓国産キムチ
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビ「とくダネ!」で、「ノロウイルスに罹ったら病院に行かないほうがいい」と出鱈目発言をした宋美玄(在日韓国人三世) ..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-25 12:34
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。