【裁判】EU、サムスンを独占禁止法違反で提訴へ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【裁判】EU、サムスンを独占禁止法違反で提訴へ

 欧州連合(EU)はまもなく、サムスンを独占禁止法違反で提訴する見込みである。

 ReutersがEUの競争担当委員Joaquin Almunia氏に取材して伝えたところによると、同氏の事務所はサムスンに対する「異議告知書をまもなく発行」する予定であるという。Almunia氏は異議告知書の内容を明らかにしなかったが、EUはこれまで1年間、サムスンの特許に関する慣行を調査していた。

 欧州委員会(EC)は2011年11月、サムスンの特許ポリシーの予備調査を開始したと発表した。そのわずか2カ月後には、サムスンが、欧州電気通信標準化機構(ETSI)との約束に反して、ワイヤレス関連特許を非競争的な手段に利用しているかどうかを正式に調査することを発表した。

 サムスンは、標準かつ必須とみなされる無線関連特許を広範囲にわたって保有している。これらの特許は、公正、合理的、非差別的(FRAND)な条件で競合企業に提供することが求められる。ECは2012年1月、サムスンが「(EU)加盟各国の裁判所において、欧州の携帯電話技術標準の実装に不可欠だと同社が明言した特定の同社特許の侵害を理由に、競合する携帯端末メーカーへの差し止め命令による救済を求めている」と述べた。

 ECは当時、同委員会は「特に、サムスンが差し止め命令による救済を求めることにより、欧州の携帯電話標準に関連するきわめて重要な特許は、公平、合理的、非差別的な(FRAND)条件で使用を許可するという、1998年にETSIに対して行った撤回不能の約束に同社が違反しているかどうかを調べる」予定だと付け加えていた。

ソースは
http://japan.cnet.com/news/business/35026070/




この記事の内容を纏めるとこう言う事になる。

EUでは独占禁止法の定めで、公共入札に使えるのは誰でも作れる標準技術のみになっており特殊なものは公共入札に使えない。

特許があっても、「適正な価格で誰にでも使わせる」という念書を書けば標準に申請できる事になっている。

標準に採用されないと不利なので、サムスンもたくさん申請していてこの標準の中にある特許で訴訟を始めてしまったのが原因。

サムスンが独占禁止法で訴えられるまでの一連の流れはこうなっている。

1. アップルに訴えられる。

2. 条件反射で対抗訴訟する。

3. ところが、対抗訴訟に使った特許が標準に申請済みだった。

4. EUが「これ標準化の念書に反しているよね」と騒ぎだした。

5. 独禁法違反が固まり訴訟へ。

これは完璧な独占禁止法違反だ。

誰にでも同じ条件でラインセンスする取り決めをしたのに守らなかったのだから。

標準特許使って相手の製品を市場から排除しようとしたら、独禁法で痛い目に合うのは当たり前だ。

今後課せられる制裁金がどれほどになるのか、果たしてサムスンは生き残れるのか今後が見物である。

他人のフンドシで相撲を取ってきたツケが今回ってきている。

これは日本企業にとって好機と捉える事が出来るだろう。

日本企業よ、サムスンが訴訟、制裁金で自滅しようとしている。

この気に乗じて一気に叩き込め。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
サムスン潰れろ!
Posted by coffee at 2012年12月23日 00:01

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

安倍、竹島の日の政府式典見送り!早くも公約違反・「出来ることしか書かない」も嘘だった・竹島問題で悪化した日韓関係の修復を重視・日本の領土を侵略され不法占拠されているのに関係修復?安倍晋三へたれる
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「日本を、取り戻す。」安倍晋三総裁の自民党「選挙公約」が早くも反故に… http://www.asahi.com/p..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-23 00:01
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。