【自動車】スズキ、「ワゴンR」にマニュアル車を追加 高齢者のニーズに応え - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】スズキ、「ワゴンR」にマニュアル車を追加 高齢者のニーズに応え

 スズキは19日、軽自動車「ワゴンR」にマニュアル車を追加して発売した。高齢者を中心とした「マニュアルでないと運転できない」という声に応えた。価格は109万9350円からで、CVT(無段変速機)を採用した通常モデルより1万500円安い。

 CVTをマニュアルに替えたことで同社独自のエネルギー回生技術「エネチャージ」は搭載しないが、ガソリン1リットルあたり25.6キロの燃費性能を確保し、2輪駆動モデルは自動車取得税と自動車重量税が免除される免税対象車となる。

 エンスト時には、シフト位置をニュートラルに戻し、クラッチを踏み込むだけでエンジンが再始動する新機能も取り入れた。






MTにのると、発進・減速のときにはクラッチに足をのせているから、発進とかブレーキのときにクラッチを同時に切る癖が自然につく。

たとえへたくそでブレーキとアクセルと踏み間違えたとしても事故につながる可能性は少ない。

基本的にクラッチを踏み込んでからアクセルなりブレーキなりを操作するから暴走する確率は少ないと思う。

半クラッチ状態がうまくコントロールできなくてエンストの可能性があるくらいだろうな。

MTは急坂で坂道発進すると坂道に負けて下がってくる可能性が多いところに不都合があるが、そこまで車間距離を詰める輩も多くは無いだろう。

良くATとMTでの燃費について語る人が居るが実際にはどっちが燃費が良いか考えて見た。

CVTやATは、燃費を良くするのは自動車会社のエンジニアの仕事で、MTは燃費を良くするのは運転手の仕事だと考えられる。

運転が熟練してくればMTの方が燃費は当然良くなるのだろうが、未熟な運転に置いてはATの方が燃費が良くなるのではないかと考えられる。

どちらに置いても運転手によって大きく左右されると言う事で、他人に燃費動向でATやらMTを強要できるものではない。

何にしてもバリエーションが増え消費者ニーズに答えようとする姿勢が良い。

他の自動車メーカーもこれに習いMT車の復活も考えた方が良いのではないかと思う。

意外な需要があるかもしれない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
そう言えば、マニュアル車を全然運転しないから、運転する自信がない。
Posted by coffee at 2012年12月21日 01:01

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

特ア以外の全アジアが安倍政権を祝福!フィリピン外相は選挙戦中【軍隊創設】支持表明・日本のマスゴミと支那と韓国だけが警戒・マスコミの安倍政権ネガティブキャンペーン継続中・早くも「お友達内閣」批判
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「自民圧勝でも・安倍政権の不安」 「週刊朝日」2012年12月28日号(12月19日発売の最新号) 12月16日の..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-21 01:02
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。