【政治】安倍自民党総裁、インフレターゲット導入、補正予算は大型に、消費税増税、民主との連立は否定 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】安倍自民党総裁、インフレターゲット導入、補正予算は大型に、消費税増税、民主との連立は否定

[東京 16日 ロイター] 安倍晋三自民党総裁は16日夜、テレビ各局の取材に応じ、政権を奪還したらまず景気回復に取り組みたいとした上で、経済対策の裏付けとなる補正予算について、来年度予算成立が遅れる暫定期間も含め大型にする考えを示した。金融政策については日銀の協力が必要だと語り、どのような協力関係が可能か日銀と対話をしていきたいと述べる一方、インフレターゲット導入をあらためて主張した。

<景気回復、デフレ脱却に決意>

安倍総裁は「経済の反転が私の使命だ」と述べ、政権奪還後取り組む課題に関して「まず景気回復、デフレ脱却を(選挙戦で)主張してきた責任を果たしていきたい」と語った。

<補正予算は大型に>

そのうえで補正予算に関して「これから議論していくことになる」としながらも、「デフレ脱却を公約にしてきた。デフレ脱却という目標(があり)、予算の成立も遅れるので、暫定(予算となる)期間の分を含め大型の補正予算になる」と指摘。来年度予算編成の遅れを補い切れ目ない経済対策を進めるために大型の補正予算を行う考えを示した。

<量的緩和で円高是正や賃金収入増へ、インフレターゲット導入に期待感>

選挙戦で強調してきた強力な金融緩和期待では、「今月日銀決定会合がある。(われわれの)主張が理解していただけているか。われわれとしてはインフレターゲットを示していきたい」と述べ、公約に掲げて2%の物価目標設定で協力を仰ぐ考えを示した。

さらに総裁は「金融政策・財政政策、成長戦略の3本の矢で経済成長をさせていきたい」とし、「金融政策には日銀の協力が必要だ。どういう協力ができるか、協力していくことができるかどうか、日銀と対話していきたい」と語った。時事通信によると、安倍総裁は「近々(金融)政策決定会合もあるし、経済財政諮問会議もスタートして日銀総裁にも出席してもらうので、対話していくことは必要だろう」と語り、日銀総裁が構成メンバーとなる経済財政諮問会議を再スタートさせ、政府・日銀間の対話を深める考えを示した。

さらに量的緩和による景気回復の波及経路について「量的緩和をしっかり行うことで円高が是正される。最初に反応するのが株価で、その後少し時間をおいて、投資・雇用が起こり、賃金収入が上がっていく順番だ。この時差をなるだけ短くしたい」と説明した。

<消費税上げ、デフレ脱却できる状況になっているか総合判断>

14年4月からの消費増税については、引き上げの方向は決まっているとした上で、引き上げ時期について、予定通り14年4月から引き上げるかは、来年の4─6月の(経済の)数字をみて、デフレから脱却できる状況になっているか、総合的に判断して決めていきたいと語った。

一方で、積み残しの社会保障・税一体改革については、自民・公明・民主の3党合意を踏まえ、「民主と協力して進めていく」と語った。

景気回復までどのくらい待てばいいかとの質問に安倍総裁は「経済は厳しい状況だ。デフレで円高。円の水準まだ高いと思う」と指摘。「(景気回復は)簡単なことでない 国民が雇用においても、収入においても(回復が)実感できる状況を1日も早くで作りたい」と述べた。

<自公連立政権へ、民主との連立は否定>

政権の枠組みについては「自民・公明で連立政権を作っていく」とし、「近く自民と公明間で連立政権をするうえでの政策合意をしていきたい」とした。他の政党とは「政策ごとに、理念・政策が一致する党に協力をお願いしていきたい」と述べ、政策ごとの連携を図る考えを強調。民主党と連立を組む考えは「ない」とし、「選挙戦で戦った民主党と連立を組むことは国民を裏切ることになる」と語った。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8BF01J20121216?sp=true




とりあえずは今日の株価に注目だ。

ここで一段の爆上げするようだと、本格的な景気回復の前に、国内が心理的に明るくなる。

これが出来れば、一気に景気が動き出す。

安倍総裁がやろうとしているのは簡単に言うとこんな感じ。

公共事業と金融緩和実施

建設土木で雇用が増える、設備投資の融資が増える。
円安で製造業の雇用が増える。

商品一般で消費が増える。

全業界で雇用が増える。

商品一般で消費が増える。
以下循環させる事、これが真の目的である。

好ましいインフレはその結果起こる。

もしこの循環が起きないなら、またデフレになってしまうが、他に策は考えているはずだ。

自民党294議席+公明党31議席足して自公で325席を確保。

予算案とかは、妨害無くスムーズに通りそうだし安倍総裁が行おうとしている事がすんなり出来る環境は整った。

景気対策の為の予算編成の障害は、4年間の間完全になくなると喜んどくか政府が一貫した景気対策が出来るのは、内容がどうあれ良い事だ。

第二次安倍内閣期待しようではないか。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
インフレターゲット導入は正しい。
でも、消費税増税は、デフレ脱却後もやるべきではない。
Posted by coffee at 2012年12月18日 01:02

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

落選速報!仙谷、真紀子、藤村、山岡、小宮山、樽床、平岡、菅、辻元、原口、赤松など続々!政権交代決定!自民が単独過半数!自公で絶対安定多数確保!・民主55〜77、維新の会40〜61
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 現在20:31 これから追加式で選挙速報やっていきます! 暫くは新しく記事を更新せず、この記事の上にどんどん追記していきま..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-18 01:03
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。