【大河ドラマ】NHK大河ドラマ「平清盛」視聴率ワーストワン確実…黒田教授「リアリティーを追求したが、視聴者がその水準に追いつかず」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【大河ドラマ】NHK大河ドラマ「平清盛」視聴率ワーストワン確実…黒田教授「リアリティーを追求したが、視聴者がその水準に追いつかず」

 視聴率の低迷にあえぐNHK大河ドラマ「平清盛」が今月23日で最終回を迎える。汚いと批判のあった画面を改善したり、人気俳優の起用、解説番組の放送などのテコ入れもむなしく、初回から第47回(2日放送)までの平均視聴率(関西地区)は11・7%と大河としては異例の低さだ。残りの放送はあと3回。ワーストワンを“回避”するためには各回とも約35%の視聴率が条件。大河史上ワーストの平均視聴率13%を下回るのは確実になった。(横山由紀子)

 ■苦情590件 大河50年記念のはずが…

 今年は大河ドラマが始まってちょうど50年目の節目だけに力が入っていた。手堅い幕末や戦国時代ものではなく挑戦的な意味合いもあった。

 平安時代末期を舞台に、平清盛という歴史上の“アンチヒーロー”を主人公に据え、土埃の舞う都の雰囲気や宮中行事を綿密に描くなど、「リアルな平安時代」をコンセプトに始まった。

 ところが放送開始早々の1月、「画面が汚い」と、清盛ゆかりの兵庫県の井戸敏三知事が発言。逆に話題になって視聴率がアップすることもあるが、違った。NHK広報局によると、視聴者からも「画面が不鮮明で見づらい」などの厳しい意見が1月中に590件寄せられたという。

 ■あの手この手の試みも…

 2月以降は、色彩の明暗をくっきりさせるなど映像を改善。このほか、視聴者には馴染の薄い平安末期という時代や平家、源氏、朝廷の入り組んだ人間関係が複雑で分かりにくいとの指摘に対して、冒頭に歴史的背景や見どころを詳しく解説したり、相関図の表示、人物名のテロップを繰り返し流すなど対応。また、平安末期という時代を読み解く解説番組を別に放送するなど、テコ入れに励んできた。

 さらに、番組の磯智明チーフプロデューサー自らが、放送と同時進行でツイッターで解説を行う試みを実施。ツイッターそのものは注目を集めたが、視聴率アップにはつながらなかった。

 ■視聴者ニーズとの間にギャップ

 関西大学の黒田勇教授(メディア文化論)は「平安末期という視聴者が見慣れない時代設定も要因のひとつ。これまで数多く取り上げられてきた安土桃山、元禄、幕末から明治維新の時代は、歴史的な知識があり、何度見ても面白く感じることができる」と分析する。

 黒田教授は、「日本人は大河に壮大なファンタジーを期待するもの。しかし、薄汚れた衣装や都の土埃、かすんで不鮮明な映像の今回の作品は、王朝ものはきらびやかであってほしいという視聴者ニーズとの間にギャップがあった。映像でのリアリティーの追求は、新しい大河の地平を切り開いた意欲作として評価できるが、視聴者がその水準に追いついていなかったともいえる」と話す。

 今作の放送に合わせ、清盛ゆかりの観光地を盛り上げようと今年1月にオープンした神戸市の「歴史館」(神戸市兵庫区)を監修した園田学園女子大学の田辺眞人名誉教授(歴史学)は「清盛をめぐる個々人の愛憎や怨念に終始した心理ドラマを見ているようで、清盛の国づくりの思いや戦の成り行きなど歴史的なものが見ることができず残念だった。しかし、かつて清盛が改修した港・大輪田泊(同)があった場所には多くの観光客が訪れ、歴史館の入場者数も当初予想の20万人を上回った。地域振興という大河がもたらす効果はあった」と話している。

 ■低迷のまま最終回へ

 ついに10月21日放送の清盛と後白河法皇の確執を描いた第41回「賽(さい)の目の行方」では、関西の平均視聴率が7・5%と、記録がある平成6年以降で過去最低となってしまった。この回までの6週間、1桁台が続いていた。

 初回から第47回までの関西の平均視聴率11・7%。この数字は、過去最低だった「春の波濤(はとう)」(昭和60年度)の13・0%からも引き離されている。

 NHKとしても、次なる大河「八重の桜」に期待をかけるほかなさそうだが、主演を務める女優の綾瀬はるかさんには、大きなプレッシャーがのしかかりそうだ。綾瀬さんは同志社大学を創設した新島襄の妻・八重を演じ、来年1月6日から放送がスタートする。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関西地区)

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121209-00000533-san-ent




平清盛という大河ドラマが始まって早々に王家、王家との連発された言葉が酷かったのが主な原因だろう。

貴族、朝廷、他に言い方がある時でも、天皇家だけを的にする言い方を続けた。

これを日本国民が受け入れる訳がない。

途中から減りはしたが、今更何やっても反日と言うイメージダウンは消せない。

それを画面が汚い、話が詰まらん、俳優が悪いとか、原因を逸らし、分析結果として公表する。

大きな間違いだ。

リアリティーの追求と言っているが、何がリアリティーか!と一喝したい。

天皇を王と呼び、モノノケの血が流れているなどと表現し、美しき日本を埃舞う汚ならしい場所かのように映し出す。

また、清潔な日本人を乞食のような汚らわしく無礼で野蛮な動物かのように描き、あろうことか、その日本に対する悪意に満ちた嘘の固まりのようなドラマを、リアリティーにこだわった作品だとあえて銘打って垂れ流す。

国内外において、実際に日本とはそのようなのものであったのだろうという間違った認識をもつことを後押しするという念の入れ方。

どこまで反日を押しつけるのかと叫びたい気持ちで一杯だ。

王家連呼が最大の原因であり、朝鮮人が天皇家を的にして嫌がらせをしたいからやった演出だと言えよう。

これがすべての敗因だ。

NHKが本当に視聴率を求めるのならば、当初噂されていた『島津義弘』を大河ドラマとしてやるべきだ。

鬼島津と名を付けられ朝鮮兵に恐れられ、朝鮮軍を完膚無きまでに叩きのめしたこれをドラマで描ききれば視聴率は過去最高値を記録する事間違いなしと言えよう。

島津義弘が生きた時代はこれまでも描かれておりとても爽快な大河ドラマが出来る事であろう。

簡単に島津義弘の出生から死没まで記す。

1535年(天正4年)薩摩国、大隅国、日向国の守護島津氏の二男として生まれる。

1554年 (20歳)
初陣。

1572年 (38歳)
木崎原の戦で、わずかな兵力で日向国の伊東氏に勝利。

1577年 (43歳)
伊東氏を追放。

1578年 (44歳)
豊後国から南下した大友宗麟に勝利。(耳川の戦)

1584年 (50歳)
肥前国の沖田畷の戦で、弟の島津家久が龍造寺隆信を討つ。

1585年 (51歳)
子供のいない兄島津義久から家督を譲り受ける。

肥後国の阿蘇氏を下し配下に。

1587年 (53歳)
戸次川の戦に勝利し、筑前国と豊前国を除く九州一円を配下に。

20万の大軍で九州攻めを行った豊臣秀吉に、最後まで抵抗するが、兄島津義久の説得にやむなく降伏。

1592年〜1597年 (58歳〜63歳)
二度に渡る朝鮮への侵攻(文禄の役・慶長の役)に参陣。


1598年 (64歳)
朝鮮からの引き上げでは殿軍を勤め、わずかな手兵で李舜臣の水軍に勝利するなど貢献。
鬼石曼子(シーマンズ)と呼ばれ、恐れられた。


1600年 (66歳)
関ヶ原の戦の直前、初め東軍の徳川家康方についていたが、西軍の蜂起の際鳥居元忠の守る伏見城への入城ができず、仕方なく西軍につき伏見城攻め(伏見城の戦)にも参加。

戦いの直前、夜討ちによる先制攻撃を提案するが石田三成に取り入れられず、これが尾をひいいたこともあり、合戦開始後も全く動こうとしなかった。

西軍の敗北が決定的になったあと、敵陣への突破という捨て身の戦法で難を逃れ(島津の退き口)、海路薩摩国に戻り蟄居した。
この退却戦で、重臣である島津豊久(甥)や長寿院盛淳が討ち死に。

1602年 (68歳)
家康に許され、薩摩国、大隅国を安堵される。

1619年 (85歳)
死没。

生涯52度の戦に出陣した猛将であり、有能な島津4人兄弟の中でも、突出した存在であった。

見せ場の多い大変面白い大河ドラマが出来そうだが、NHKはどう思っているのだろうか、これこそリアリティーを追求し描くべきである。





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
リアリティーなんて全然追求してないじゃん。
当時から「王家」なんて言っていなかった。
着物や街並みもきれいだった。
ドラマの「平清盛」は、現実無視の出鱈目ばかり!
Posted by coffee at 2012年12月11日 00:46

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

菅直人は落選しろ!横粂勝仁、土屋正忠らと接戦・東京都第18区、新風は横粂(無所属、殉国七士廟や靖国神社を参拝)を支援・自民への追い風と創価学会票で土屋が優勢・反日極左の菅、原発ゼロを小学生にヤジられる
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 菅直人を落選させよう! 原発ゼロ訴えも、小学生に「これって、意味あるんですか?」とヤジられる…東京都第18区(武蔵野市、府中..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-11 01:43
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。