【自動車】中国での自動車生産49%減 中国への輸出もトヨタ91%減、日産75%減 国内生産にも影響広がる - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】中国での自動車生産49%減 中国への輸出もトヨタ91%減、日産75%減 国内生産にも影響広がる

日本の自動車メーカー6社が、先月、中国で生産した車の台数は、日中関係の悪化による販売不振の影響で、去年の同じ月に比べて48.9%減少しました。

日本の主な自動車メーカーは、先月、国内と海外で生産した車の台数を29日、発表しました。

このうち、中国の工場で生産した台数は、トヨタ自動車が3万591台と去年の同じ月に比べて61.1%減少したのを始め、日産自動車が44%、ホンダが54.2%、スズキが32.6%、マツダが27.6%、三菱自動車工業が84.6%といずれも大きく減少しました。

その結果、6社合わせた中国での生産台数は15万386台と、去年の同じ月より48.9%減少しました。

これは、日中関係の悪化によって中国での日本車の販売が大きく落ちこんでいるためで、反日デモが激化したことし9月よりも落ち込みの幅が拡大しています。

また、日本から中国への輸出もマツダがゼロとなったほか、トヨタが91%、日産が75%減少するなど、国内での生産にも影響が広がっています。

一部のメーカーでは、今月に入って中国の販売店への来客数が去年並みに回復しているところもあるということですが、各社とも中国の工場では操業時間を短縮するなどの生産調整を続けており、厳しい状況が続いています。

ソースは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121129/k10013842091000.html




これは喜ばしいニュースかと思いきや意外ときつい事にもなりそうだが、実際はどうなるのだろう。

自動車産業は一台の車を生産するにあたり多くの部品を使う為に、裾野が広く、日本国内で利益率の良い部品を作っているから中国市場がこのままだとこれらの部品メーカーはかなり困る結果になるのではないか。

他の新興市場にシフトしたって、グローバル競走を考え人口比率で見ると最大の市場で稼げないのでは自動車メーカー各社も厳しいのかな。

規模での量産効果を活かせないハンデを日本企業だけが負うことも考えられるし、本当のところは気になる。

中国市場に進出しなかった富士重工に利益が出ている事からこれらの心配は取り越し苦労なのかもしれないが、これら自動車メーカーにぶら下がる中小企業で主に部品を生産している企業は大丈夫なのかと思ってしまう。

薄利多売で生産を迫られ、数をこなさなくては利益が出ないそんな企業も存在するかもしれない。

とても難しい問題だろうが、何とかして中国に依存しなくて済む状態に持って行ければこれ幸いである。

中国と付き合うにはリスクが多すぎる。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
注獄は共産党が終わってから付き合えば良し、それまでは仮想敵国視で十分。今まで中国との国益はあったであろうか。
Posted by たこ焼き国士 at 2012年12月02日 16:34
いや、支那相手に商売してても、いず必ずしっぺ返しがきます。
最初から支那相手に商売などするべきではない。
私は、共産党が崩壊しても、やはり支那とは付き合うべきではないと考えている。
共産党の前の支那でも、やはり付き合った国も企業も人も皆馬鹿を見た。
Posted by coffee at 2012年12月03日 03:39

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

藤井裕久「日本は悪いことをした。中国を侵略し、韓国を併合した。アジアの人たちを殺し、どれだけ迷惑を掛けたか」・終戦直後にGHQの洗脳教育に染まった糞爺は黙ってろ!・事実は支那軍が民衆を殺し、日本軍が救出した
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121201-00000027-kana-l14 民..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-03 03:39
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。