【領土問題】尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【領土問題】尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」

沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。「沖縄は中国のもの」−。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。

 東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

 「『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」

 中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。

 ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

 同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

 中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

 驚かされるのは「尖閣本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

 沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。

 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。

 『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。

 宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

 「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)

 “洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121130/dms1211301536019-n1.htm




中国の本心としては沖縄の領有権まで話しを広げ、色々な事をでっち上げ日本国との協議の末に沖縄本島の所有権は日本国、尖閣諸島の所有権は中国にあるとしたい行動と見え、今沖縄本島に対して言っている事は隠れ蓑で本線は尖閣諸島。

話を大きくしておいて、その一部のみを掠め取るのが真の狙いだと感じる。

尖閣諸島海域に眠る宝の山をなんとしても中国が手に入れたいという願望の表れだと思う。

絶対に渡してはならない。

この動画を拡散し色んな人に見て頂きたい。









沖縄についてもう一度考える必要がある。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本が核武装しないから、舐められているのです。
Posted by coffee at 2012年12月01日 12:47

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

「未来の党」嘉田由紀子の正体・テロ組織『市民の党』から選挙支援を受けて滋賀県知事に当選・大津市立皇子山中学校2年生が自宅マンションから転落した事件を隠蔽・卒原発すれば電気料金2倍以上で健康にも悪影響
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ テロ組織『市民の党』から選挙支援を受け、大津市立皇子山中学校2年生が自宅マンションから転落した事件を隠蔽した滋賀県知事の嘉田由..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-01 12:48
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。