【税金】3年間で当たり馬券配当総額30億円、所得税法違反に問われ裁判に - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【税金】3年間で当たり馬券配当総額30億円、所得税法違反に問われ裁判に

競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた会社員男性(39)が大阪地裁の公判で無罪を訴えている。

 配当を得るための「必要経費」には膨大な外れ馬券の購入額も含めるべきで、当たり馬券だけから算定したのは不当と主張。国税関係者は「競馬の必要経費が法廷で争われるのは例がない」と審理の成り行きを注視している。

 国税当局は、必要経費について「収入の発生に直接要した金額」と定めた同法を根拠に、競馬の場合は当たり馬券の購入額のみと判断。配当額から必要経費を差し引いた所得を「一時所得」とし、一般的には給与以外の所得が年20万円を超えれば確定申告が必要になるという。

 男性の弁護人らによると、男性は07〜09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。

 大阪国税局は税務調査の結果、配当額から当たり馬券の購入額を差し引いた約29億円を一時所得と認定したとみられ、無申告加算税を含む約6億9000万円を追徴課税し、大阪地検に告発。地検が在宅起訴した。

 今月19日にあった初公判で、検察側は「男性は確定申告が必要と認識していた」と違法性を主張。男性は「多額な所得を得た事実はない」とし、弁護側は「外れ馬券も含めた購入総額こそが必要経費。一生かかっても払えない過大な課税は違法性があり、無効だ」と反論した。

 男性は、課税を不服として大阪国税不服審判所に審査請求している。

        ◇

 男性の弁護人らによると、男性は会社員としての年収が約800万円。04年頃、競馬専用の口座を開設して約100万円を入金し、競馬予想ソフトを使って、過去の戦績などから勝つ確率の高い馬を選ぶ方法を独自に開発した。馬券の購入にはインターネットを利用し、仕事のない土日に全国の中央競馬のほぼ全レースで馬券を買い、配当収支の黒字が続いていた。

 その配当金は自転車操業的に次の購入資金に充てており、口座には週明けに馬券の購入総額と配当総額の差額が入金。このため残高が数十億円単位になることはなかったという。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121129-OYT1T00868.htm




今まではこう言う事が公にならなかったから良かったが、今回の件でもうグレーゾーンにはしておけない。

何にしろ、裁判沙汰になってしまっている。

大金を賭けて儲けようとしている人間は安心できないから競馬で収益を出そうという行為を止め他の事を模索するだろう。

このままJRAが何も手を打たないのなら、売上げも激減するだけだろう。

競馬人気とかそういうレベルじゃなくて「競馬でお金をもうける」と言うことを根本的に否定しまったのが今回の案件で、結論から言うと、馬券を買ったら損をすると言う事になる。

日本国民、庶民の娯楽であり、公に認められたギャンブルである。

パチンコなどをやるよりは遙かに良い。

3連単という夢のような高額配当が出る馬券が売り出され、一日開催すればどこかで必ず100円が数十万円になると言う高額配当がでる。

記事中から、配当額から必要経費を差し引いた所得を「一時所得」とし、一般的には給与以外の所得が年20万円を超えれば確定申告が必要になるという。この文言を適用して行くとなると相当な数の人間が脱税者と言う事になる。

今回の事例では入出金が明らかになるインターネットでの馬券購入がメインの為、国税局も動きやすかったのだろうが、こんな事を平気でやられてしまっては競馬を始めとした公共ギャンブル全てに適用されてもおかしくは無い。

今後インターネットでの馬券購入は激減するかもしれない。

中央競馬と言えどもこんな事をやっていては地方競馬のように店じまいをしなくてはならなくなる可能性もある。

何よりも私が危惧するのは、ギャンブルを行う人は必ず他のギャンブルを見つけまたそれにのめり込むと言う事。

そのギャンブルの中でもグレーゾーンと度々言われているが、グレーゾーンのまま未だに行われているパチンコ。

こちらに流れるのではないかと危惧する。

私の危惧が取り越し苦労となれば良いのだが・・・。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
大阪国税局と大阪地検って、馬鹿だ!
勝馬投票券の収益は国庫に納付されているのに、当り馬券に所得税って狂っている。

>男性の弁護人らによると、男性は07〜09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。

これは大したものだ!

Posted by coffee at 2012年12月01日 11:55

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓国ロケット打ち上げ延期!羅老3号で2回目、羅老号では10回目の延期・ロシアの設計、製造、管制でもKの法則には勝てず・人工衛星を軌道に乗せる技術は日本や米ロ支印など9カ国が持つが、韓国は未だ成功せず
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓国ロケット打ち上げ延期!羅老3号で2回目、羅老号では10回目の延期 http://headlines.yahoo...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-12-01 11:56
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。