【知的財産】米アップル、新たにサムスン6機種を訴訟対象に - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【知的財産】米アップル、新たにサムスン6機種を訴訟対象に

11月25日(ブルームバーグ):米アップル は韓国のサムスン電子 との特許紛争で、ギャラクシーノート2など新たに6機種を訴訟対象に加えるよう申し立てた。

米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に提出された書面によると、アップルはモバイル用基本ソフト(OS)アンドロイドの最新版「ジェリービーン」と、それ以前のOS「アイスクリームサンドイッチ」を搭載した端末も対象とすべきだと主張した。

アップルが23日、追加対象とするよう求めたのはギャラクシーノート2のほか、ギャラクシーS3、ギャラクシータブ8.9、ギャラクシータブ2 10.1、ラグビープロ、ギャラクシーS3ミニ。同社は書面の中で、「これら新製品はこれまでアップルが侵害されたと訴えてきた特許の多くを同じように侵害している」と述べている。

今回の申し立ては同連邦地裁を舞台とした両社の特許訴訟第2弾の一部として行われた。アップルが訴訟対象としたのはこれで20機種を超える。第1弾は7月に、サムスンがアップルの特許7件のうち6件を侵害しているとして10億5000万ドル(約865億円)の損害賠償を認定する陪審評決が下された。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ME2G0C6TTDS501.html




日本企業とサムスンの場合だと日本企業が根負けし、日本企業の方が訴訟する事事態が面倒になって妥協して現在のような状況になってしまったのではないかと正直感じる。

難癖付けられたら逆提訴で訴訟合戦 → 相手が根負けしたらクロスライセンスを持ちかけお互いに権利があると言ってのける。

これが今までの韓国企業の「作戦」で、日本企業相手にはこの作戦が尽く通用してきた。

この作戦を使えば何でも出来ると調子に乗り、知的財産権に関心が高く、妥協する事の無いアメリカ企業の、選りに選って一番うるさいアップルに同じ手で喧嘩うった。

これは馬鹿としか言い様が無いし、救いようが無い。

アップルは頑固であり、自社の技術に絶対的信頼を置いているのが良く分かる。

マネしたのは明らかにサムスンの方だ。

日本企業も韓国企業相手の場合は見習うべきである。

間接的に言えばサムスンシリーズを販売しているdocomoはこのまま販売を続ければ終了のお知らせと言う事にもなりそうだ。

docomoの経営者達はそろそろ本気で考えサムスン製品を売らないぐらいの覚悟が必要なのかもしれない。

製造側は元より、販売側も何かしら訴えられる可能性は否定できない。

一番言えるのは世界各国に対してろくな対応が出来ない韓国企業は滅亡するのが一番だ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
いいぞ!どんどんやれ!
サムスン潰せ!
Posted by coffee at 2012年11月28日 00:05

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓流ゼロ!NHK紅白歌合戦!今日出場歌手発表・10月NHK「政治と文化は違うというスタンスで考えたい」と韓国人歌手出場に意欲・日本国民から大反発で結局ゼロに・25日NHKニュースでPSYの8億回再生を報道
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 東方神起、KARA、少女時代の3組が出場した2011年の「NHK紅白歌合戦」 http://www.nikkanspor..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-11-28 00:06
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。