【地域経済】スカイツリー開業半年 “足元”に光当たらず…商店街で客激減 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【地域経済】スカイツリー開業半年 “足元”に光当たらず…商店街で客激減

 首都の新たな観光名所となった東京スカイツリータウン(東京都墨田区)が22日、開業から半年を迎える。開業前から人気を博し、来場者数は2000万人を突破。ところがスカイツリーの“足元”にある商店街には開業後、来客の激減という皮肉な現象が起きている。その理由とは−。(上田雅典)

 東武鉄道によると、5月22日の開業から9月末時点の累計来場者数は2095万人。予想以上の来場に、開業後1年間の来場者数予測を3200万人から4400万人に上方修正した。

 好調の要因として、タウン内のショッピングモール「東京ソラマチ」の存在が挙げられる。同社は開業から50日間はスカイツリーの入場を完全予約制とし、来場者の枠を1日1万4千人に限定していたが、7月11日からは当日券を発売、2万人の枠に変更した。

 整理券を配布した来場者に待ち時間を表示するなどした結果、東京ソラマチで買い物や食事をする来場者が増えたという。

 周辺の交通機関も好調だ。水上バスを運営する都公園協会によると、開業から9月末までの搭乗客は昨年比約3割増。隅田川からスカイツリーが眺められる浅草・お台場クルーズが牽引(けんいん)役となっているようだ。

 開業と同時にスカイツリーから羽田空港線など4つのコースで運行しているシャトルバスも人気だ。運営する東武バスによると、特に上野・浅草線の人気が群を抜いているという。

 一方、スカイツリーの近くに位置する押上駅周辺の商店街では現在、ほとんど「スカイツリー効果」はないという。

 東京スカイツリータウンの南側にあるおしなり商店街振興組合によると、スカイツリーの建設中はタワーの成長を見物に来る客や建設工事関係者で商店街はにぎわいを見せていたが、開業とともに客が激減した。

 組合の金澤武市理事長(68)は「客は東京ソラマチに流れ、商店街には来なくなった。来客数は感覚的に約80%減という感じだ」と話している。

 休日に混雑する東京ソラマチでの待ち時間を避ける客が食事に訪れる程度だという。

 今後は東京スカイツリーの関連イベントを増やし、集客アップにつなげたい考え。おしなり商店街と同様、スカイツリーの恩恵を受けていない押上通り商店会は「来年3月からアーケードをリニューアルして巻き返す」としている。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121119/bsd1211190959004-n1.htm




そもそも、商店街というのは何で出来たかをよく考えてみてほしい。

そこに住む地元民の要望の結集が商店街という形になったのでは無いだろうか。

地元民の期待に応えられなくなったらその商店街は終わったと言っても過言では無い。

商店街は地元客に見放されたら終わり。

観光客バブルに期待するようでは先が見えない。

今はB層「マスメディアに踊らされやすい知的弱者」がつめかけているけど、B層は飽きるのが早いし、リピート率は極めて少ない。

殆どが一見様だ。

あと、3年もすれば、スカイツリー自体の観光客が減り、ガラガラになる事さえ予想される。

元々地元客相手に商売してきた商店街で、観光客が来るような商店街じゃないだろう。

初めから観光客相手に商店街を形成しようと考えているのだったら、スカイツリー建設当時から何らかの対策を講じなくてはならなかったのではないか。

今からアーケードの修復やその他の構造物にお金をかけるのは商店街の命取りとなる事も十分に考えられる。

投資した金額が回収できる見込みが極めて少ない。

実際に徒歩で移動すれば距離があるし、元々商店街は「地元の生活用品」を扱っているのだから、観光客の需要と離れている。

例え、何かで観光客を引っぱっても、今度は店舗間で格差が生じ、地元客が混雑を嫌って離れたりして、「地元相手の店」「観光でやっていける店」とで歪みが生じる。

観光と言う事を前面に押し出した商店街とするならこのような案はどうだろうか。

東京スカイツリータウンの最大の弱点は直ぐ近くにあるが故に「スカイツリーの全景が見えないと言う事」。

上を見上げる形となっており、全景を見る為には少し離れなくてはならない。
 
これを逆手に取り商店街の中のスカイツリーが見やすい一等地に「スカイツリー(を見るための)展望台」を作って東京スカイツリー駅や押上駅から太い歩道、案内を出せば多少はお客も増える事だろう。

極めつけは東武鉄道に協力してもらいスタンプラリーを毎日開催してみてはどうだろうか。

スタンプカードを東京スカイツリー駅で配布し、4カ所ほどスタンプを回る経路を考える。

最終地点を何処にするかが最大の要点で有るが、東武鉄道の了解を得られれば、先に提案した商店街の中にある展望台を最終地点津するのが一番望ましいだろう。

経路案

ソラマチ内の何処か → スカイツリー展望デッキ → おしなり君の家 → 商店街内展望台

景品の案としては一律同じでは無く、抽選ガラガラを一回行える権利とし、抽選で当たる景品は特賞でスカイツリー展望デッキ内レストラン御食事券とか商店街内しか使えない商品券とかどちらにも旨味が出るような景品を考えなくてはならない。

何でも無い粗品では当然スタンプラリーなど行う人は居ない。

それなりに身を切らなくてはならない。

そうすれば人通りは増えそこからこぼれる金額も多少は増える事だろう。

後の案はこうだ。

真面目に商売している人はかわいそうと言うか、申し訳ないが、不動産価値は確実に上がっているだろうから土地を売ってどこかに引っ越すと言うのも手である。

地方へ下ればそれなりに暮らせるだけの資金確保は出来る事だろう。

忘れては行けないのが、東武鉄道はスカイツリーの建設費を回収しなくてはならない。

よって商店街には冷たく冷遇となるのは当然で有り、物事の道理である。

彼らもまた利益の確保を行わなくてはならない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
私は、大学を卒業して初めて就職して働いたのが押上でした。
あの頃と比べれば、人出は見違えるほど増えています。
直前の期待(予想)が大き過ぎたのです。
Posted by coffee at 2012年11月25日 07:47

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

安倍救国内閣樹立!国民大集会、デモ行進・安倍晋三総裁来場・1600人集合・フジ社員「安倍総裁はネトウヨと鬼女に強く支持されている」・テレビの視聴時間が長い人たちほど自民党より民主党の支持率が上昇する!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 安倍救国内閣樹立! 国民総決起集会(2012年11月24日、日比谷野外音楽堂) http://www.news-post..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-11-25 07:47
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。