【経済】中国、強気姿勢から一転、対日制裁の撤回求める声「こちらの打撃の方が大きい」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経済】中国、強気姿勢から一転、対日制裁の撤回求める声「こちらの打撃の方が大きい」

 中国の対日経済制裁でより大きな打撃を被るのは日本なのか、それとも中国なのか。これまで中国側は「日本の対中依存度の方が高いので、大きな打撃を受けるのは日本だ。中国は大したことはない」と強気一点張りだった。ところがここにきて、中国側から「中国の受ける打撃の方がむしろ大きい」と対日経済制裁の撤回を求める声が出始めてきた。(フジサンケイビジネスアイ)

 中国側が日本の打撃の方が大きいと主張してきた根拠は、日本の輸出の対中依存度が20%前後まで高まっているのに対し、中国の輸入の対日依存度はせいぜい10%強にしか過ぎないことだった。日本から輸入しなくても、その分は他国からの輸入で十分に補える、と一貫して強気の姿勢を見せていた。

 ところが日本からの輸入は、この数字以上に中国にとって欠かせないものであることが次第に分かってきた。なぜならば、日本からの輸入は主に中核となる部品・原材料とか中間製品が多いからである。日本からの輸入が途絶えたり、減少したりすれば、困るのは中国の企業というわけである。

 2011年の対中輸出は前年比8.3%増の1614億ドル(約12兆8280億円)余りだった。その上位5品目をみると、一般機械、電気機器、原料別製品、化学製品、輸送用機器となっており、全体の8割強を占めている。輸送用機器を除けば、ほとんどは部品・原材料とか中間製品である。いずれも生産工程にしっかりと組み込まれているので、そう簡単には輸入先を変えられない。

 日系企業・商店に対する破壊行為についても、「実際には中国人が作っているようなもの。それを破壊しようというのか」と批判の声が上がっている。

 最近は進出企業の現地化が人材面でも部品調達面でも進んできている。日系企業・商店で働いている中国人は、数百万人はいるだろう。企業や商店が休業となれば、困るのはこうした中国人労働者だ。また合弁企業の場合には、中国側のパートナーへの打撃も大きい。

 日本の対中投資が減退することに対する懸念を指摘する向きもある。2011年の対中投資は63億ドル余りで、香港、台湾を除けばトップである。日本から先進的な設備・技術が入ってこなければ、中国の産業高度化への影響は避けられない。こうした批判や懸念の声は日中関係に詳しい専門家だけでなく、ネットでの書き込みなどでも見られるようになっており、今後さらに広がっていきそうな気配だ。







正直、日本にとって中国の代わりとなる国はいくらでもあるけど、中国にとっての日本の代わりになる国はいないって事を思い知ったのだろう。

中国という国、国民性を見ていると、彼らには上下関係しかないように思える。

そもそも、対等の関係という考え方、理念はないのだろう。

相手が強いと思えばヘコヘコするし、弱いとなれば暴言を吐き暴力を振るう。

チャイナリスクが存在する以上、日本企業は防衛策を講じると言うのは必然だ。

中国は日本企業にとって生産拠点、輸出拠点として不適格なのは今回の暴動による破壊活動で明白になった。

中国に置くのは中国国内向け用だけで且つ機能は最低限で基幹技術は絶対に置かないと言う風にやって行かないと取り返しのつかない損失がいつ発生しておかしくないと言う事が良く分かった。

これから中国進出を考えようなどとしている日本企業の気が知れない。

それに、今回の暴動騒ぎで破壊された日系企業各社が入っていた保険もきちんと賠償されるか分からないし、今後の暴動等による破壊活動に置いては保険が適用できない事を保険会社各社が既に発表している。

普通に考えて、チャイナリスクと付き合うのはもう無理だと思う。

取り敢えず今回の暴動の賠償は保険会社じゃなくて、中国が全額支払ったら考え直す企業がいるかもしれないが、そう簡単にはいかないだろうがどうだろう。

中国がまともな国になるかどうかは、今回の中国国内の反日暴動で日系の企業、商店が被った被害、損害額にして100億円ぐらいにはなるのかな、これを中国政府がきちっと弁償してくれるかどうかだ。

全額弁償しないと、日本企業の中国脱出は本格化するだろう。

中国という国はもう手遅れなのかもしれない。

日本国に対してだけでなく、全世界に対して、中国は投資には不的確であることを、中国自身が全世界に周知徹底してしまった。

これから中国という国が政権交代を行いどのような行動を取ってくるか、今後が注目である。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
「右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい」とイエスは説いた。しかし中国人が相手では全く通じない。左の頬を出されて、「あ、可哀想なことをした」と反省するどころか「えっ、左まで出すの?それじゃ」と思いっきりぶん殴るのが中国人である。「どうして宣教師は気づかないのか」と領事館員は嘆いている。こういう卑屈な姿勢がかえって中国人を甘やかすことになる。おかげで、文明国家では当然の権利である外国人の権利を平気で踏みにじる。「宣教師が甘やかすおかげで我々民間まで仕事をめちゃめちゃにされ、面目丸つぶれだ」と、民間には怒りの声が絶えない。
(P164)
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)
Posted by coffee at 2012年11月15日 22:44
日本に死名は「量」の存在であり、代替が有るが、死名には日本は「質」であり、代替は難しい。
Posted by 1.41421356 at 2012年12月10日 19:07

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

解散総選挙!民主党は壊滅へ・200人以上が落選して40数人しか残らない・輿石東の狙いは野田を退陣させてモナ男(細野豪志)を新首相にして負けを小さくすることだった・11月16日解散、12月16日投開票
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 野田佳彦首相が11月16日に衆院を解散すると表明。 その後、次期衆院選を12月4日公示・16日投開票の日程で行うことを決めた..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-11-15 22:45
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。