【ロボット産業】海外で大反響!!人類の夢を叶えた日本製の1億円巨大ロボットに注文が3000件超 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ロボット産業】海外で大反響!!人類の夢を叶えた日本製の1億円巨大ロボットに注文が3000件超

3000機も注文があったら、最後の人の納期がとんでもないことになりそうで実際に注文があるのかと正直に思ってしまう。

冷静に考えて、一ヶ月に3000件の注文とったなんて大手商事会社が営業を引き受けて来たって絶対不可能だと思う。

対して引き合い、問い合わせならたくさん来ても不思議じゃない。

冷やかしが大半だろうけど。

要するに「問い合わせが3,000件」と言う事だろう。

このロボット「クラタス」を動かすにはまず広大な私有地でも持ってないと動かす場所が無い。

当然公道は走れないだろうし、見た目で戦闘兵器と思われる物を所持しているわけだから倫理的に問題がある。

海外の富豪で有り余る土地やお金を持っている人は自分の土地で乗り回せば良い。

一機1億でこの出来なら、30億円ぐらい予算組んでステルスなどの戦闘機くらいのお金をかければ、ほんとうに戦場に出られるアニメの世界のような代物が完成できそうだ。

戦闘用と言う事を考えると、直立してわざわざ被弾面積増やす必要があるかどうかと言うのは疑問に残るが、このロボットには夢がある。



動き見るに相当上手く設計して丁寧に作られているのが良く分かるが、利益は殆どないような状況じゃないかな。

生産効率どのくらい?非常に悪そうだと言う事が想像できる。

一台でどのくらいの納期が必要なのかきちんと明記する必要があると思う。

殆どは遊び半分なんだろうけどね。

これは実用性皆無かもしれんが、実際にここまで動くものを作ったことは賞賛に値する。

テーマパークやイベントなどで大活躍できそうだ。

この「クラタス」が何機も並んで居たら流石に恐怖を感じるかもしれない。

アニメで有ったガンダムの世界もそう遠く無いのかもしれない。

しかし、アニメの中のようなドンパチ戦争を行う世の中だけは見習うべきではない。


参考記事:海外で大反響!!人類の夢を叶えた日本製の1億円巨大ロボットに注文が殺到!?

日本のエレクトロニクスメーカー「「水道橋重工」によって制作された、人が乗って操縦することができる巨大ロボット「クラタス」が海外で大反響を呼んでいる。

「クラタス」の生みの親は、鍛冶師・造形作家(鉄鋼アーティスト)として知られる倉田光吾郎氏。
倉田氏は「水道橋重工プロジェクト」を立ち上げ、ロボット操作用ソフトウェア「V-Sido(ブシドー)」の開発者である吉崎航氏の協力を得て、約2年半を費やして完成させた。

「クラタス」は、ボディ、2本の腕、車輪付きの4本足で立つ全身鉄製のロボットだ。
高さ約4m、幅約3m、重量約4.5t(移動速度は未計測)。

ボディ部分にあるコックピットに搭乗可能(定員1人)で、トランスフォームオペレーションデバイスと呼ばれるロボットと同じ形をした周辺機器を動かすことで操縦できる。タッチパネルモニターによる操縦も可能だ。
「クラタス」の頭部にはメインカメラが搭載されており、外の様子がコックピット内のモニターに表示される。
動力は、ディーゼルエンジンによる油圧駆動だ。

この、超本格仕様の「クラタス」。
価格は、カスタマイズなしの状態でなんと135万3500ドル(約1億600万円)。
そんな高額なのにも関わらず、受注開始から1ヶ月程の時点で、注文が3000件を超えているそうだ。

水道橋重工公式Webサイトでは、武器や、パーツなどを選んで、カスタマイズもできる。
ちなみに、「ハンドガン」は70000ドル。「カーボンシールド」は75000ドル。
コックピットにつける「ドリンクホルダー」は100ドルなど、遊び心を交えたカスタマイズが可能だ。

特に海外での反響は凄いことになっているそうで、
ブラジル『このロボットには俺の夢が詰まっている!』
トルコ『ありがとう日本!』
アメリカ『日本のおもちゃはレベルが違うな〜』
アメリカ『今年のクリスマスプレゼントはこれをねだってみる!』
などと盛り上がっており、アメリカ、イギリス、韓国、中国など、さまざまな国のメディアから取材依頼が殺到しているのだとか。

倉田氏は、「アラブの石油王が『日本スゲー』と勘違いしてうっかり買ってくれないかなぁ」と話しているが、ホントに買ってくれそうなくらい、カッコ良くて素晴らしい出来だぞ!

やっぱ「巨大ロボは日本が作らなきゃ!」
人類の夢を叶えた「水道橋重工」に、今後の発展と夢にあふれた未来を期待したい。

http://www.su-gomori.com/2012/11/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%A7%E5%A4%A7%E5%8F%8D%E9%9F%BF%EF%BC%81%EF%BC%81%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%82%92%E5%8F%B6%E3%81%88%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD%E3%81%AE1%E5%84%84%E5%86%86.html


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
なんか、凄い!
ガンダムの世界だ。
Posted by coffee at 2012年11月09日 00:37

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

現代自が燃費水増しを謝罪・韓国「素早い対応!トヨタと違う」・現代自は2011年から燃費再測定を要求されていた!・トヨタは冤罪、現代自は犯罪・韓国が仕掛けた米国トヨタリコール問題は「欠陥無し」で終結
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「日本のメーカーに既に追いついている」と公言していた現代自だが… 現代自、米で燃費水増し=90万台、消費者苦情で発覚 ..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-11-09 00:37
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。