【国際】韓国ソウルの街から「ファミマ」が消えた… 看板のカラーも紫に 韓国企業の“日本隠し” - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【国際】韓国ソウルの街から「ファミマ」が消えた… 看板のカラーも紫に 韓国企業の“日本隠し”

 韓国でもコンビニが相当増えている。日本式商法でお握りや弁当も定着化し客層も広がっているが、日本のような何でもありの生活密着型にはまだなっていない。韓国のコンビニは1989年5月のセブン−イレブンが第1号店だったが、そのビジネスは圧倒的に日本の影響下にあった。

 その後、国産系も登場し内外入り乱れて乱戦を展開。結果的に日本系のファミリーマートがシェア1位となり、次いで国産系のGS25、セブン−イレブンと続き、このビッグ3でだいたい落ち着いていた。

 ところが最近、トップのファミリーマートが突然(?)、街から姿を消した。あのおなじみの看板がまったく見えなくなった。いや、店の名前が「CU」に変わり、看板のカラーも紫になってしまったのだ。

 聞くと日本のファミリーマート(伊藤忠系)と合弁の韓国・普光グループが「もう日本にはお世話にならなくてもいい」と宣言し、独自の店名とカラーに変えてしまったというわけだ。

 独立に際し韓国側が「韓国のナンバーワンが日本のナンバースリーに学ぶことはない!」と言ったとか、ビジネスマンの間で話題になっている。今後も日本のコンビニ文化をせっせと参考にするに違いないが、韓国企業の“日本隠し”は昔からよくある。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20121027/frn1210270915000-n1.htm

これだから韓国は好きになれない。

ドンドンこう言う事が起こりそうだ。

嘗て本田宗一郎は韓国にだけは進出するなと言っていた。

未だに理解していない経営者が多すぎる。

東レや亀田製菓も・・・。

これが韓国流の経営スタイルだと言うことをよく理解しておきましょう。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
韓国は精神病患者が蔓延しているため、国交断絶が最善策です。
Posted by coffee at 2012年10月28日 11:37

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

海猿の原作者がフジに絶縁宣言!佐藤秀峰「フジテレビは信頼に値しない企業。映画『海猿』関連書籍が契約書なしに販売されていた。続編は絶対にありません」・「黒子のバスケ」イベントでは無断撮影報道・視聴率低迷
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビに映画『海猿』関連書籍が無断で勝手に販売されていた原作者の佐藤秀峰氏 http://headlines.yah..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-10-28 11:38
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。