【雇用】正社員不足の企業が多いって本当? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【雇用】正社員不足の企業が多いって本当?

「正社員になれない若者が増えている」とはよく聞く話。有効求人倍率も0.8倍程度と雇用情勢は厳しいまま…。と思いきや、意外にも「正社員が足りない」という話が。厚生労働省が発表した最新の労働経済動向調査によると、“正社員が不足している”と回答した企業は“過剰”と答えた企業を5四半期連続で上回ったという。あれ? 正社員への就職は厳しいんじゃなかったっけ?

同調査を実施した雇用・賃金福祉統計課によれば「有効求人倍率は、全体の平均。業種によっては人材不足の企業も少なくありません」とのこと。具体的には「医療,福祉」「運輸業,郵便業」などの業種で特に正社員が不足している。きつい、待遇が悪いといったイメージが先行し、企業は採用したくてもなかなか採用できないのだとか。

「でも、よく誤解されがちなんですが、正社員が不足している企業=条件の悪い企業とは限りません」

そう語るのは、若年層向け人材紹介所『就職Shop』の木村樹紀さん。こちらでは「知名度は低くても良質な中小企業」への就転職を支援しているが、知名度とイメージを優先して仕事探しをする結果、正社員になる機会を逃している若者が多いという。

「事業内容がしっかりしていても一般になじみの薄いものを扱っていたり、立地条件が悪かったりすると応募をためらってしまうんです」

同サービスの求人企業には、例えば「天井クレーンの企画設計・保守・施工を手掛ける従業員10名の製造業」とか「工業用電熱式ヒーター製品を製造販売する従業員40名の企業」などがある。確かに“わかりやすい企業”とは言いがたい。だが、日本の99%は中小企業(総務省「事業所・企業統計調査」)。当然そこには、知名度は低くても良質な企業は多い。「人余り」だの「リストラ」なんて話を聞くと不安になる人も多いだろうが、しっかり探せば、「正社員の職」は結構たくさんあるみたいですよ。

ソースは
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20121018-00026507-r25

慢性的人不足なのは当たり前と言えば当たり前の状況だ。

会社側はコスト抑えるために少ない人数で業務を回しているのが常態化している。

単にそれだけの話であって労働市場が売り手有利の市場となっているかというとそういう話ではない。

しかしだが、大企業でなくても、企業の知名度が無くても優良な企業はたくさんあるはずだ。

日本国はまだ終わってはいない。

日本国のこれからを担う若者達よ、もっと視野を広げ、色んな所を見てみると良い。

取り敢えず的な大企業よりもやりがいのある仕事があるかもしれない。

この記事の内容には一理あると理解でき、若者達を応援して行きたい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
雇用されて働く側が我がまま過ぎます。
思い通りの仕事なんて有りません。
Posted by coffee at 2012年10月21日 17:47

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓国が安保理選出「慰安婦問題で影響力強化」・玄葉外務大臣から西田国連大使に「韓国に投票」と指示…日本はブータンでなく韓国に投票・「日本政府が隠している真実、私が世界に知らせる」日本人女性〜神直子NGO代表
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 玄葉光一郎の指示で日本は韓国に投票! 韓国が国連安保理理事国になり「安保理で慰安婦問題で影響力強化」 http://j..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-10-21 17:48
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。