【再就職】次になりたいのは「水道代の集金人」--転落した東電社員(30代前半、有名国立大文系出身) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【再就職】次になりたいのは「水道代の集金人」--転落した東電社員(30代前半、有名国立大文系出身)

 大惨事をもたらした福島第一原発事故は、東電で働く社員たちの価値観も一変させた。絶対安泰だったはずの会社が、先行きのわからない不安定企業に成り下がった。

「早くここから抜け出したい」

 この会社なら定年まで安泰。その確信は、福島第一原発事故が起きるまでは揺るがなかった。だが、事故後は一変。東京電力に入社して約10年。こんなことを考えるとは思ってもいなかった。

 有名国立大の文科系学部出身で30代前半のAさんは今、転職支援会社に登録し、転職情報を探っている。転職先は、安定していてビジネス上の競合相手が少ない公益機関が狙いだ。

「ホンネを言えば、水道代の集金人にでもなりたい。集金業務の委託会社なら、幹部になるのも難しくはないでしょうし」

 東電で営業の仕事もしてきたAさんは、周囲から「商社に移る? それとも証券会社?」などと聞かれる。だが自分では「とんでもない」と思う。

「我々がやってきた仕事は、要するにルートセールス。古くからのお客さんとのおつきあいだけで、新規開拓なんて知らない。この会社に、商社や証券のようなハードな仕事ができる人間なんて、いませんよ」

 決まったお客さんに、決まった「営業」しか、してこなかった。そんな自分にも務まりそうな仕事として一番に思いつくのが、水道料金を集金する業務委託業者への再就職だという。

ソースは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121006-00000006-sasahi-soci

水道料金回収業者に失礼だとは思わないのか。

こんな事をいっているが、はたして滞納者からちゃんと集金できるかな?

そんな甘い考えじゃ滞納者の分を自分が払う羽目になるのが目に見えている。

仕事をナメてるとしか思えん。

水道だろうがガスだろうが集金って仕事は簡単そうで大変だ。

特にこの不況下ではホントに大変。

しかも、手集金するって事は引き落としや振り込みがNGって客だと言う事。

東京電力社員と言う事から、電検3種・高圧電気・一種電気工事士などの資格を有していれば色んな企業から引っ張りだこになるだろうが、このような発言をする人材がこれらの資格を有しているとは思えない。

国有化もされたし、現状の民主党では東京電力の解体は行わないようだし、例え政権が他の政党に移ったとしても東京電力はそのまま存続することだろう。

世間の風当たりを別としたら、東電社員のままのほうが一生安泰だ。

もっと悲惨な企業は山のようにある。

贅沢は言うな。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
東京電力の従業員が気の毒です。
悪いのは、政府とマスコミです。
誰一人死んだわけではなく、誰もが自分の家で暮らせるのに、嘘を吐いて恐怖を煽って、自分の家に住まわせません。
Posted by coffee at 2012年10月07日 21:57

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

ロンドン五輪「独島セレモニー」朴鍾佑らの処分決定が来週に延期!サッカー男子3位決定戦後、韓国チームが政治的宣伝でFIFA賞罰委員会が来週再審議・違反を反省しない韓国・韓国チーム全体のメダルはく奪以外は賄賂だ
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ サッカー男子3位決定戦後に韓国チームが政治的宣伝活動をしたことについてFIFA賞罰委員会が10月5日に処罰を決定する予定だった..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-10-07 21:57
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。