【資源】シェールオイル埋蔵わずか、全国消費1日分か - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【資源】シェールオイル埋蔵わずか、全国消費1日分か

 石油開発大手の石油資源開発は3日、秋田県でシェールオイルの採取に成功した。

 採取は国内初で、国産資源の開発や、掘削技術の向上につながるとの期待が出ている。ただ、推定埋蔵量はわずかで、日本のエネルギー不足を解消する決め手にはなりそうにない。

 実証試験が行われたのは、同県由利本荘市の鮎川油ガス田。同社は、来年度に試験生産を始めたい意向だ。推定埋蔵量は500万バレルで、日本の石油消費量の1日分程度しかない。秋田県全体でも1億バレルにとどまり、日本が権益を手放したイランのアザデガン油田(推定埋蔵量260億バレル)など、世界の大型油田と比べると、規模はごく小さい。「日本のエネルギー需給に与える影響は軽微」(石油資源開発)という。

 それでも、採掘技術を蓄積できる意義は大きい。シェールオイルは、米国のほか、カナダやロシアなどでも開発が進んでいる。日本の商社や石油元売り大手なども、海外でシェールオイルの権益獲得に乗り出している。生産技術が高まれば、日本勢が海外で資源開発する際に有利になる。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121004-OYT1T00260.htm?from=main4

世の中に無駄なことなんかなにもない。

この一歩が小さかろうが大きかろうが明日への大切な一歩である事は確かなこと。

日本には自前のエネルギー資源が無いって事にしておかないと、色々と都合が悪い人たちがいると言うのもあると聞くから、実際はもっと有るのかも・・・。

最初からシェールオイル単体で採算取る方法なんて考えてはいないだろう。

採掘技術とオイルの加工生産技術を研究して、効率の良い方法を確立できれば、その技術を元に海外の同様の資源がある場所の開発に参入しやすくなる。

簡単に言えば技術開発用実験場。

規模が小さい事が、かえって採掘技術の練習場になっていいと思う。

採掘技術を向上させ、世界の資源戦略に影響力を発揮させ、採掘技術は日本国と世界に信頼されるようになれると良い。

後言えることは、埋蔵量の推定というのは、あまり信頼性が高くない。

岩盤が連続している場所で判断しているだけで、実際には採掘してみないと分からない事が多いい。

今回は、採掘技術の確率目的で、日本国として国民から頂いた大切な血税を出しているし、大きく言う必要もない。

むしろ控えめに言っておいたほうがいろいろ面倒なくて良い。

本来の埋蔵量の推定は、トップシークレットで秘密にされていると信じてみたい。

そもそも論で言うと、日本列島は第三紀以降に形成された部分が大半で、ジュラ紀や白亜紀の地質分布がほとんど無いのだから化石燃料は出なくて当然と言えば当然の話。

出てくれば儲けものである事。

新潟沖の噂の場所の調査はいったい何時になる事やら、ここは相当な物が眠っていると噂になっている。

資源大国日本、嘘みたいな話しだが、今後なれるかもしれない要素はふんだんに有る。

これらに携わる技術者の皆さん頑張って下さい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
全く役に立ちませんね。
はやり、原発が最高です!
Posted by coffee at 2012年10月05日 23:32

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

日韓通貨スワップ拡大措置の延長するな!今月末に5.6兆円拡大措置が期限切れ・韓国政府と韓国国民の反応は…・日本の財務省「韓国から要請なければ延長しない」←馬鹿!要請あっても延長するな!先に打ち切り通告を!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 日韓スワップ協定:韓国が拡充の延長申請せず中止か 韓国国民の反応は… http://headlines.yahoo...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-10-05 23:32
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。