<福島健康調査>「がん発生と原発事故に因果関係はない」秘密会で事前に見解をすり合わせ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




<福島健康調査>「がん発生と原発事故に因果関係はない」秘密会で事前に見解をすり合わせ

 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、県が委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが分かった。準備会では調査結果に対する見解をすり合わせ「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。出席者には準備会の存在を外部に漏らさぬよう口止めもしていた。

【出席者に口止め】秘密会、別会場で開いて配布資料は回収し「保秘」徹底

 県は、検討委での混乱を避け県民に不安を与えないためだったとしているが、毎日新聞の取材に不適切さを認め、今後開催しない方針を示した。

 検討委は昨年5月に設置。山下俊一・福島県立医大副学長を座長に、広島大などの放射線医学の専門家や県立医大の教授、国の担当者らオブザーバーも含め、現在は計19人で構成されている。県からの委託で県立医大が実施している健康管理調査について、専門的見地から助言する。これまで計8回あり、当初を除いて公開し、議事録も開示されている。

 しかし、関係者によると、事務局を務める県保健福祉部の担当者の呼びかけで、検討委の約1週間前か当日の直前に委員が集まり非公開の準備会を開催。会場は検討委とは別で配布した資料を回収し議事録も残さず、存在自体を隠していた。

 9月11日に福島市内の公共施設で開いた第8回検討委の直前にも県庁内で準備会を開いていた。同日は健康管理調査の一環である子供の甲状腺検査で甲状腺がん患者が初めて確認されたことを受け、委員らは「原発事故とがん発生の因果関係があるとは思われない」などの見解を確認。その上で、検討委で委員が事故との関係をあえて質問し、調査を担当した県立医大がそれに答えるという「シナリオ」も話し合った。

 実際、検討委では委員の一人が因果関係を質問。県立医大教授が旧ソ連チェルノブイリ原発事故で甲状腺がんの患者が増加したのは事故から4年後以降だったことを踏まえ因果関係を否定、委員からも異論は出なかった。

 また、昨年7月の第3回検討委に伴って開かれた準備会では、県側が委員らに「他言なさらないように」と口止めもしていた。

 毎日新聞の取材に、県保健福祉部の担当者は準備会の存在を認めた上で「あらかじめ意見を聞き本会合をスムーズに進めたかった。秘密会合と言われても否定できず、反省している。(今後は)開催しない」と述べた。

 福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。【日野行介、武本光政】

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000011-mai-soci

原発の是非は取り敢えず置いといて、いずれにしても、こういう事をしているから一切の信用を無くすのだろが。

中長期的な目で見れば、この日本国にとって良い事は一つもない。

利己主義と保身と懐勘定の構図が日本を腐らせ、国の進むべき道を誤らせる。

どうせこんなことだろうと思ったわ。

日本国って権力側の専門家がそろって腐りすぎだ。

多くの人が驚いたのではないでしょうか?

参加した委員は次の人達です。

明石真言 放射線医学総合研究所理事

阿部正文 福島県立医科大学理事兼副学長(教授)

春日文子 日本学術会議副会長(国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長)

神谷研二 広島大学原爆放射線医科学研究所長・教授(公立大学法人福島県立医科大学副学長)(福島県放射線健康リスク管理アドバイザー)

菅野裕之 福島県保健福祉部長

児玉和紀 放射線影響研究所主席研究員

佐藤敏信 環境省環境保健部長

星 北斗 福島県医師会常任理事 .

安村誠司 福島県立医科大学医学部 公衆衛生学講座主任(教授)

山下俊一 福島県立医科大学副学長(福島県放射線健康リスク管理アドバイザー)』

もう少し大騒ぎされてもいい案件だと思うのだけれど・・・。

政府 マスゴミもグルで隠蔽に加担したからあまり騒がれないと言う事なのかもね。

「ただちに影響はない」って放送で垂れ流しながら、記者は逃亡させたマスコミさんだからねえ・・・あまり人のことをどうこう言える立場じゃないと言うのが本音か。

いくら一般人が身体がおかしいと叫んでも、行政と医師がタッグを組んで健康被害を認めないと決めているのだから、健康被害が出るわけがないのだ。

色んな放射能専門家と名乗る人達が放射線は安全だと太鼓叩いて回るに決まっている。

こんな人道に反したことして医師の側に何のメリットがあるのかと思えば、メリットは特になくて、協力しないと診療報酬の請求を精査したりして、故意やケアレスミスを探し出して不正請求の犯罪者に仕立て上げ、逮捕してしまう事も出来ると脅しているという話も聞く。

あり得る話しでとてもこわい。

日本国はどうなってしまっているのか?

こんな事では日本国民は安心して暮らして行くことが出来ない。

今後の不安が増す一方だ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>福島健康調査「がん発生と原発事故に因果関係はない」秘密会で事前に見解をすり合わせ

当たり前の事実をお互いに確認し合っていただけでしょ。
Posted by coffee at 2012年10月04日 21:22

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

白眞勲が副大臣に!韓国と民団の露骨な工作員が内閣府副大臣に・帰化した後も「我々韓国人」と公言!・福山哲郎や尾立源幸も帰化人・朝鮮飲み議員・日韓通貨(スワップ)交換協定、韓国が拡大措置の延長を申請せず
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓国と民団の工作員、白真勲が副大臣に就任! http://www3.nhk.or.jp/news/html/201210..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-10-04 21:23
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。