【中国問題】 尖閣に、中国漁船1000隻が押し寄せることに…海保「排除に限界がある」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【中国問題】 尖閣に、中国漁船1000隻が押し寄せることに…海保「排除に限界がある」

 中国の休漁期間終了に伴い千隻の中国漁船が沖縄県の尖閣諸島に押し寄せるとの現地報道に、海上保安庁は17日、警戒態勢を強め情報収集を進めた。海保幹部は「状況に応じて、できることを粛々とやる」と、慎重に推移を見守っている。

 海保は巡視船の配備状況などについて、警備上の問題を理由に公表していないが、尖閣諸島を管轄する第11管区海上保安本部の1千トン以上の巡視船は7隻のみ。海保幹部は「警備態勢は通常よりも強化しているが、必然的に大船団への対応は限界がある」とする。

 違法操業があった場合は、外国人漁業規制法での取り締まりが可能だが、一隻一隻に同法を適用して船内への立ち入りなどの対応をしていると「その分、全体警備が手薄になる」(海保幹部)という。

 このため、基本的には強硬な措置は取らず、巡視船で警告を続け、領海外に追い込むなど、全体のバランスを見ながら、排除に主眼を置いた警備行動を行うという。

 また、漁船団に同行するとされる中国政府の漁業監視船は公船に該当する。日中両国が批准する国連海洋法条約では、公船への実力行使は禁じられており、領海外に退去を求める以外の対応が難しい。

 海保幹部は「武装漁船が発砲してくるケースなどは厳正に取り締まるが、今回のケースも基本的には外交の問題。海の上で解決できる単純なものではなく、政府の手腕にかかっている」と話している。



この記事の写真を見ると、全隻共通の旗を準備している事がよく分かる。

おそらく1ヶ月以上前から準備して事なのだろう。

計画的犯行と言う事がよく分かる。

1000隻とかもう海上保安庁のフォロー範疇を超え、キャパをはるかに超える数の暴力と受け取れ、もはや軍事行動となんら変わらないと思える。

これで海上自衛隊が出動出来ないのはもどかしいが、日本国に戦争を行うのは無理だろう。

申し訳ないが、中国人と比べて命の価値が重すぎる。

中国人が何人亡くなろうと中国自体はなんら変化がないだろうが、戦争になって日本国の自衛隊員がほんの数十人戦死するだけで日本国内は停戦論が盛んになると予測できる。

下手すると民間人に偽装した中国兵を殺すだけで自衛隊が非難されるというケースも出てくるかもしれない。

戦争状態になってしまえば、だまし討ちは盛んに行われることは推測できる。

軍事力では勝っていても殺し、殺される覚悟が日本国民には絶対的に欠けている。

しかし、これは欠けていて良い部分だ。

日本国民は頭が良い民族なのだから武力行使しないで、どうにかして解決して行く手段を模索した方が良い。

普通に考えたらここまでエスカレートして、実効支配している日本国が軍事的な解決手段をもたない、やらないなら・・・。

落とし所としてはこれまで認めていなかった「領土紛争の存在を認める」と言う事しかないのかもしれない。

そして、日本国、中国両者合意の下、ハーグ国際司法裁判所に持ち込む事が出来れば、無難に物事が解決できそうだ。

そもそも中国はハーグ国際司法裁判所に行ったら負けることが分かっているから、二国間で片を付けたいと考えているはず。

日本国は領土紛争を認めるだけ損という事も十分に考えられる。

米国が会見で安保条約に尖閣諸島を含むという発言を形だけだが、行ってくれたので、無理をしないで当面は尖閣諸島問題を放置するのが最善なのかもしれない。

その間に日本国は中国に依存しない経済の確立を模索し確立するしかない。

中国がハーグ国際司法裁判所に行きたいというのなら領土紛争を認め裁判を始めるのも良い。

こうなれば一番平和的に尖閣諸島の問題が解決できそうだ。

全ては冷静に対応出来た国が勝者となる。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
アメリカを当てには出来ない様に思います。
中国と事を構えたくはない。
アメリカさんの本音でしょうね。



Posted by ケンケン at 2012年09月18日 21:01
尖閣に対する中国の不当な要求を打破したい !!!
外務省は保持しているに違いないにもかかわらず表に出さず、外交交渉の武器としてこれまで使わずにいる以下のデーターを、皆さん、ぜひぜひお読み頂き、全世界に広めてください。お願いします。
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/senkaku/
この URL の目次のうち、以下が大切です。
★ 尖閣と八重山 「中国が尖閣諸島を日本の領土と認知 in 1920」
★ 戦後の尖閣諸島 「人民日報 1n 1953」

これに関連してアメリカの Washington Times の解説記事
http://www.washingtontimes.com/news/2010/sep/15/inside-the-ring-145889960/print/

および日本共産党がこの辺の歴史関係を手際よくまとめている 2010年10月4日付赤旗紙の解説

以上、皆様方ご多忙とは思いますが、ぜひぜひご一読ください。
私はパソコンは得意なのですが Internet を使って情報を広く伝える方法をほとんど知っていません。
どなたか教えてくださるか、あるいは、以上のデーターを世界に発信していただければ幸いと思っております。

ほかのブログにもこの資料を送って見ようと思っています。
ご意見頂ければありがたいです。
2012.9.19
Posted by 市川 寛 at 2012年09月19日 10:51
趙英富中将(元南シナ海艦隊政委・・・政治将校)

2012年9月13日発表の10将軍の一斉意見表明の中で曰く、
尖閣諸島侵略への対応方法として、

1.漁船を大量に送り込む。
2.その護衛を名目に漁政と海監を送り込む。
3.これらを守るという大義名分で人民解放軍出動。

というプランを披露。

ソース:上から9番目が趙英富中将のコメント。
http://mil.huanqiu.com/observation/2012-09/3114446.html


青山「大量の中国偽装漁民が台風からの避難のため尖閣に上陸。居着かせるプランがある。」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1329818906/l50
http://logsoku.com/thread/engawa.2ch.net/poverty/1329818906/

http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1392.html
「尖閣諸島を狙う中国のシナリオ・・・」
青山氏「台風で海が荒れる時期を狙ってそこにあえて漁民を出す」
「しかし、そのただの漁民じゃなくて偽装漁民もちゃんと入れておいて
指揮命令系統が動くようにして」
「そして台風からの避難だということで大量に尖閣諸島に上げて」
「そしてそこに居着いてしまうというプランの中に確かにあります」
Posted by coffee at 2012年09月19日 23:21

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

支那が日本に経済制裁を示唆!「日本はもう10年を失うことになる」人民日報など支那主要メディア「中国はいつ日本に対して経済カードを切るのか?」・外需と外資に依存し日本の経済援助を受けている支那が日本に制裁?
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 強烈要求中日断交 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-000000..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-09-19 23:22
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。