【自動車】アイドリングストップ車人気で、ほくそ笑むパナソニック - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】アイドリングストップ車人気で、ほくそ笑むパナソニック

 信号待ちなどで自動車が停車した際にエンジンが自動的に止まり、アクセルを踏むと再始動する「アイドリングストップ機能」。自動車メーカー各社が相次ぎ投入し、省エネや二酸化炭素(CO2)排出削減の意識の高まりから普及している。そんなアイドリングストップ機能を搭載したエコカー(環境対応車)に欠かせない電子部品を、パナソニックが生産しているのは意外に知られていない。

瞬時に再始動…エコの心臓部

 アイドリングストップ機能については、マツダが3年前の平成21年に「i−stop」を開発したことで認知度が急上昇した。i−stopは従来システムよりも大幅に速い0・35秒でエンジンを再始動できるため、車の再発進がスムーズになる特徴を持ち、現在は5車種に搭載している。

 マツダに続き、日産自動車や富士重工業、ダイハツ工業、三菱自動車も相次いでアイドリングストップ機能を導入。トヨタ自動車も新型カローラに同機能を初めて採用するなど、導入車が増えている。

 このアイドリングストップで課題となるのが、エンジン始動時のバッテリー消費だ。これまではエンジンが始動する際、車内のオーディオやカーナビ、エアコンなどの車載機器が一時的に停止していた。バッテリーの出力をエンジン始動に集中させるため、他の機器の電圧を降下させているからだ。

 しかし、信号待ちや渋滞でエンジンの停止、再始動を繰り返すたびに車載機器の電源が一時的とはいえ落ちていたのではドライバーはたまらない。それを防ぐのが「DC−DCコンバーター」と呼ばれる電子部品だ。

 DC−DCコンバーターでは、バッテリーの直流電圧(12ボルト)を車載機器へ出力する5ボルト、3・3ボルトといった直流電圧に変換。アイドリングストップ車に搭載されるDC−DCコンバーターは、内蔵コンデンサーに電気を蓄えることで、エンジン始動時にバッテリーからの電圧が急降下しても車載機器へ出力する電圧を維持でき、車載機器は停止しない。

 パナソニックは、DC−DCコンバーターの業界大手で、福島県内の工場で生産している。納入先は明らかにしていないが、複数の自動車メーカーに供給している。工場の稼働率は好調に推移しており、薄型テレビの販売不振に苦しむ同社にとっては新たな商品の柱の一つとなりつつある。

 同社によると、デジタルカメラなど各種家電、AV製品を生産するために半導体や電子部品を内製してきたノウハウがDC−DCコンバーターにもいかされているという。

 ハイブリッド車、電気自動車のように大型モーターや大容量のリチウムイオン電池を搭載しなくても、CO2排出量とガソリン消費量を削減できるアイドリングストップ車。総合家電のパナソニックが“身近なエコカー”を縁の下で支えている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120909/wec12090918010001-n1.htm

記事タイトルにある『ほくそ笑む』だとなんか悪いことをしているみたい。

これは普通に自社技術をうまく生かした環境技術で、パナソニックも自動車メーカーもうまみのあるいい話だ。

我が家も昨年末に車を買い換えたが、購入を考えていた車種は既にアイドリングストップ車しかラインナップが無く仕方なしに購入をしたが、直ぐに止まるこの機能がどうも好きになれずにアイドリングストップ機能はOFFで乗っている。

ものが壊れるときというのは、大抵は始動と停止の時。

それを頻繁に行うアイドリングストップはどうも好きになれない。

エンジンを始動するときにも、バッテリーに充電された電力という形で、間接的にではあるがガソリンを消費するのだから、本当はどれだけ無駄の削減になるのか、かなり疑問がある。

そもそもアイドリング時なんてそんなにガソリン消費しているわけじゃないと思うが、実際は分からないがどうなのかな?

アイドリングストップ車のシステムがどうなっているか良く知らないが、たぶん記事が間違っているのではと思ってしまう。

記事の通りの仕組なら、エンジン始動時に給電が止まらないのは、最初から車に組み込まれている電装品だけってことになる。

バッテリーから直接電源を取るしかない社外オーディオやナビはダイナモ回す時に給電が止まるってことになるはずだが、そんな間抜けな設計はあり得ないと思う。

車の設計者でもないのでよく分からん。

そもそもわざわざDC-DCにスーパーキャパシタ=コンデンサ的なものを組み込む必然性もよくわからん。

でもこれは最初にも書いたが良い話しである事は変わらない。

家電メーカーとして苦境を迎えているパナソニックには嬉しい話しである。

この技術を海外のマネマネ企業に盗まれないように、技術流失を防ぎ、会社を支える屋台骨に成長させていって下さい。

このような縁の下的な技術を持つ日本国企業の経営は、楽では無いと思うが、頑張ってほしい。

今後の日本国を支えて行くのはこのような縁の下的な技術になるかもしれないのだから。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
支那や韓国などに技術を盗まれないように要警戒!
Posted by coffee at 2012年09月10日 08:22

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓国へ協力継続!もう嫌だ!・日韓首脳が未来志向の協力で一致・日韓外相も経済分野での協力確認・8日【竹島を守れ!全国統一緊急抗議活動】・9日【竹島、尖閣、北方領土、沖ノ鳥島、日本周辺海域を死守奪還デモin銀座】
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2012.9.9竹島、尖閣、北方領土、沖ノ鳥島、日本周辺海域を死守奪還デモin銀座 http://headlines.y..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-09-10 08:23
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。