【モノづくり】電機業界崩壊の危機!人材&技術がダダ漏れ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【モノづくり】電機業界崩壊の危機!人材&技術がダダ漏れ

 業績悪化が深刻な日本の電機産業が外資に侵食されている。シャープやルネサスエレクトロニクスは経営再建の望みを台湾企業や米買収ファンドに託したが、他のメーカーも人員削減など大リストラを進め、貴重な人材・技術の海外流出が加速する。日本経済の屋台骨が壊滅しかねない。

 ルネサス再建の主導権を握ることになるのは、母体のNEC、日立製作所、三菱電機ではなく、米買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)だった。年内にも1000億円規模の第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の過半を取得し、経営権を握る。

 国内半導体大手では破綻したエルピーダメモリも米マイクロン・テクノロジーが支援企業となった。

 シャープも台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が筆頭株主となる予定で、外資主導で立て直しを図る構図が鮮明化している。

 業績が悪化したメーカー各社が打ち出した大幅な人員削減の影響も心配だ。ルネサスが1万2000人、シャープも1万人規模の削減を検討するほか、パナソニックが3万6000人、ソニーやNECが1万人規模の削減を打ち出した。希望退職も実施され、NECはすでに40歳以上の社員2393人が9月末で退職することが決まっている。労働組合「電機・情報ユニオン」の集計では、昨年以降77企業で12万人を超えるリストラが計画されているという。

 気になるのはリストラされた社員の行き先だ。東レ経営経済研究所シニアエコノミストの福田佳之氏は「リストラされた人員を吸収できる技術や産業が育っているかが問題だ。いま日本で伸びている介護や医療系などのサービス産業は総じて賃金が低く、メーカーの技術者が転職しても同じ賃金を手にすることは難しい」と指摘する。

 技術者にとって今と同じかそれ以上の賃金を得る可能性があるのが、海外メーカーへの移籍だ。

 「日本の技術者を韓国や台湾、中国メーカーが狙っている。韓国や台湾勢が強くなったのは、2000年代初頭に日本メーカーにリストラされた技術者の働きも大きい。今回のリストラで海外勢がさらに強くなり、日本勢が打撃を受ける“ブーメラン現象”が再び起こるのはないか」と福田氏は懸念を示す。

 人材が流出すれば技術流出も免れない。「“枯れた技術”とされる白物家電にこそ日本企業は独自の技術やノウハウを持っている。一度失われると取り戻すのは困難」(家電担当アナリスト)

 負のスパイラルから脱する方策として、前出の福田氏は「日本の強みであるサービスと製造業を組み合わせるなど、他国が簡単にまねできない輸出産業を育てるべきで、政府や自治体による支援も必要だ」と提言する。

 外資の草刈り場になる前に、一刻も早く手を打つ必要がある。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120831/ecn1208311144006-n1.htm

円高放置だから、日本製品は2倍に高騰、為替安の国の製品は1/2価格になった感じだ。

これが一番日本国各企業に与えるダメージがでかい。

いろんな工場や事業所で雀の涙ともいえるような小さな改善からコスト削減を行いやっとの思いで利益を出しても、為替の変動ですぐにひっくり返されてしまう。

日本国、政府が国を挙げて為替抑制に尽力し、為替の変動で苦しむ企業を援護射撃していかなくてはならない。

どこの国でも行っているような事をなぜ日本国は行わないのだろうか?

自ら破滅へ進んでいるかのようだ。

一度、徹底的にダメになったほうがいいのかも。

そうしないと再建しないのかも。

高度成長期のように、「海外企業に追いつけ追い越せ!」で、また始めるしかないのかな?

何しても個人個人で生き残る手段、自己防衛手段や対策は考えておいた方が良いのかもしれない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
民主党が政権を取ってから、ソニー、パナソニック、シャープ、東京電力などの超有名且つ安定した会社が潰れかかっている。
日本の敵である韓国の傀儡以外の何物でもない民主党を政権から引き摺り降ろさなければならない。
Posted by ニック at 2012年09月02日 09:20
間違いなく人材は海外へと流れるでしょう。
Posted by ケンケン at 2012年09月02日 12:12

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。