【裁判】 「娘は男児からいじめられていた」 教室で男児殴った父に罰金刑…金沢簡裁 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【裁判】 「娘は男児からいじめられていた」 教室で男児殴った父に罰金刑…金沢簡裁

 長女(12)が通う小学校の教室で同級生の男児を殴ってけがを負わせたとして傷害罪に問われた石川県河北郡の飲食店経営の男(53)の判決が8日、金沢簡裁であり、平鍋勝裁判官は罰金30万円(求刑・罰金40万円)を言い渡した。裁判で被告は、「娘は男児からいじめられていた」と主張していた。

 判決によると、被告は昨年10月27日午前8時40分頃、同郡内の公立小学校の教室で男児の顔を殴り、10日間のけがを負わせた。

 判決は「被告は、いじめで不登校になったものの登校を再開した娘に、いじめが始まるかもしれないとの不安から『男児を殴ってほしい』と頼まれて犯行に及んだ」と指摘。「親として、娘を助けたいという心情は十分理解できるが、いきなり授業中の教室に押しかけて多数の児童らの面前で男児に暴行を加えたのは極めて大胆で悪質」と断じた。

 判決後、被告は報道陣に「殴ったことは悪いと思っているが、子供のためにはほかに方法はなかった」と述べる一方、「判決は誰がいじめていたかには触れず、ぼかされている」とも話した。小学校がある自治体の教育委員会は「被告が主張するようないじめはなかったと認識している」としている。

 被告は今年1月、傷害罪で金沢簡裁から罰金30万円の略式命令を受けたが、「長女がいじめを受けていたことを公の場で訴えたい」として正式裁判を請求した。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120808-OYT1T01206.htm

この判決文だといじめは実際にあったのかどうかという所まで踏み込んでいないが、動機が娘のいじめにあったことは否定してない。

この事からいじめの事実を認めているようにも思える。

何にしても、娘をいじめた子供にはおとがめなしなのは納得いかない。

これはこの父親の方が正しいと感情的に思ってしまう。

教室で教師が子供を守らないのなら、親が守らないといけないし、実際に我が子に求められれば親として何とかしてあげたい。

娘の辛さを少しでもとってあげたいと言うのは心情にある事だろう。

このぐらいの罰金刑がある事は覚悟の上で、処罰される事を想定して殴りにいったのだろうな。

逮捕されてもいいから娘のためにと言う親の気持ち。

きっと娘が大きくなったときは親父に感謝する事だろう。

この一家は家庭内の崩壊を避ける事が出來、今の世の中人の命をも奪ってしまうようないじめが横行している中で娘の命も救う事が出来た。

このいじめを放っていたら娘が自殺していたかもしれない。

いじめという定義は、されている人間にしかない。

周りの人間の私感ではたいしたことがなくても本人にしてみれば大変な思いであるかもしれない。

この娘の父親を捌く裁判は必要だが、この父親にこのような少年を殴るという行動にかりたたせた動機の解明をキチンとすべきだ。

いじめの事実、実際はどうだったのか、ちゃんと調べる必要がある。

今日本国中で起こっているいじめ問題が全て、大人の都合でいいように解決されてしまっている。

このような状況下では親が子供を守るしかない。

この父親を100%支持する事は間違いなのだろうが、感情的には支持してしまうし、今後このような親は続出する可能性がある。

社会はこの事実を受け止めて、いじめ問題について解決策を皆で考える必要がある。

いじめのない学校など存在しない。

このように思い、教師の皆さんは逃げる事なくいじめに立ち向かうと言う気持ちを持って頂きたい。

いじめ問題が今後無くなる事を真に願う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
娘を虐めた糞餓鬼を殴るのは、ごく普通の行為ですね。
Posted by coffee at 2012年08月09日 21:44
この親父の行動は理解できます。
いいか悪いかは別にして。

バカな教員ばかり。
自分の子は自分で守らなければならない日本。

根底から間違っている。


Posted by ケンケン at 2012年08月09日 22:53

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

なでしこ戦さんまの発言に批判殺到・フランス寄りさんまに上田も困惑・さんまは2011年クラブW杯でメッシに「こんだけ稼いで老後はどうします?」・さんま態度最悪!柔道松本薫選手にくわえ煙草で失礼な発言連発!画像
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 明石家さんまのフランス贔屓に上田晋也も困惑 http://getnews.jp/archives/240228?utm_..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-08-09 21:45
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。