【通信】むしろこれからが正念場のソフトバンク プラチナバンドのカラクリ 知らないと損をする携帯電話の帯域とは? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【通信】むしろこれからが正念場のソフトバンク プラチナバンドのカラクリ 知らないと損をする携帯電話の帯域とは?

“携帯電話のつながりやすさの決め手”と言われる「周波数」。最近では、ソフトバンクが「プラチナバンド」(携帯無線通信に最適とされる周波数帯域)でのサービスを開始することが話題になっているが、今後、キャリア同士の“つながりやすさ勝負”はどのような展開を迎えるのだろうか? 全キャリアユーザーが知っておきたい“周波数の基本のキ”を、モバイル評論家の法林岳之氏に解説してもらった。

◆携帯電話にもっとも適した周波数とは?

――そもそも“つながりやすい周波数”ってどういうことなんでしょうか?

法林:例えばオーディオのスピーカーを並べるとき、高音を出すスピーカーはちゃんと向きを調整しないと音が聞こえないけど、低音を出すウーハーはどちらに向けても音が響く……という現象がありますよね。携帯電話の場合も、周波数がちょっと低いほうが、ビルなどの障害物を回りこんで電波が届くので“つながりやすい”と言えます。具体的には、800MHz前後の帯域が、携帯電話にもっとも適しているとされています。

――それが、いわゆる「プラチナバンド」なんですね。

法林:そうです。ちなみにドコモやauは以前から800MHz帯を使っていたのですが、3Gと呼ばれる第三世代ケータイが登場したときに、世界共通で使える周波数帯域として2.1GHz帯を併せて使おうという流れになったんですね。なので、2社はもともとプラチナバンドを持っていた。ところがソフトバンクは、ボーダフォンが3Gの免許を取得したあとで携帯電話事業を買収しているので、3G用には2.1GHzの帯域しか持っていなかった。2.1GHz帯は電波に直進性があるので、ビルにぶつかったら反射したり遮られたりするため、携帯電話としては不利なんです。そんななか、ソフトバンクが“悲願”のプラチナバンド(900MHz帯域)を新たに取得しサービスを開始する……というわけです。ちなみに、「プラチナバンド」とは700MHz、800MHz、900MHzの帯域の総称です。

◆“プラチナバンド=劇的につながりやすい”わけじゃない!?

――3大キャリア各社が「プラチナバンド」を持つようになったということは、どこのキャリアでもつながりやすさはそう変わらなくなる……ということですか?

法林:実はそれほど単純な話ではありません。900MHz帯が使えるようになったので、プラチナバンドサービスを開始する7月25日からソフトバンクの携帯電話が劇的につながりやすくなる!なんてことはないんです。900MHz帯を取得したら取得したで、基地局を建てたりなど、それに合ったネットワークを作っていかなくてはなりませんから。

――基地局って、家を建てるみたいにポンポン増やすわけにはいかないんですか?

法林:最近の携帯電話は電波同士が干渉しやすいので、それを解決するには職人的なノウハウが必要なんです。あと、設置場所を確保するのも実は大変。無線LANの親機を置くのとはわけが違います。ちょっと前の話になりますが、耐震偽装が問題になった当時は、「あまり建物をいじってほしくない」ということで、屋上に基地局を置くのを嫌がるマンションが増えて問題になりました。

――ソフトバンクとしては、プラチナバンドを取得してヤッター!……ではなく、むしろこれからが正念場という感じなんですね。

法林:その意味では、すでにネットワークを持っているドコモとauに、まだまだアドバンテージがあります。特にauの場合、3Gのスタート当初から800MHz帯と2.1GHz帯を並行して全国で使っていたので、すでに“10年以上のプラチナバンド歴”がある。ドコモの場合は、2.1GHz帯でFOMAのサービスを始め、後にFOMAプラスエリアとして800MHz帯を郊外や山間部で使うようになりました。ネットワークの作り方に関しては、auが一番計画的でうまいと思います。

ソースは
http://nikkan-spa.jp/247907

もともと、2GHz帯は単純に不利というわけではなく、エリアを細かく作る場合は直進性がある方が良いと言われている。

都心部では高周波数帯でエリアを細かく分ける競争になっており、プラチナバンドでトラフィック負荷が単純に減るようなことは無いが、周波数帯域は広ければ広いほど良く通信も安定してくる。

一車線の道路が二車線の道路に変わるのと同じだ。

元々都心部は車の数が多いので劇的な変化は見られないが、山間部や田舎では驚異的な威力を発揮することだろう。

元々、道路を走る車が少ないところに一車線増えるのだから渋滞する事などない。

プラチナバンドの威力は、山間部とか田舎で発揮される。

勝算は、田舎に基地局を建てる事が出来ればの話だけどね。

古い端末ユーザーや基地局の整備が無い地域については変わらないということからソフトバンクのSMAPが行っているCMは景表法違反に当たる可能性がある。

「つながりにくい → つながる」

という表示は言い過ぎだ。

特にソフトバンクは、通話料0円メール0円広告で公取から警告を受けた経験があるわけだから通常の企業より慎重にならなければならない立場なのに・・・。

結論から言うと、「ドコモやauに対してつながりやすい」というのではなく、「今までソフトバンクの品質がダメダメだったのがようやく他社と同じ程度(+α?)になります。」と言う事をあえて、「つながる」っていう断定語で表現していると言う事。

はてさてこれから始まるプラチナバンドを実際に使われる方々の意見、感想はどうなることか見物である。

私はdocomoユーザーであるが、一度もソフトバンクへの乗り換えを考えたことはない。

私には未だにソフトバンクという会社が信用できないし、どうしても通信会社を変えなくてはならないと言うのならばauにする。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
ソフトバンクに金を払う奴は売国奴だ!
Posted by coffee at 2012年07月14日 01:18
SoftBankをこき下ろしたいならわざわざ講釈たれずにそうハッキリ言えばいいのにね。↑上にあるアホみたいなコメントがよっぽど清々しいよ。
Posted by w at 2012年07月24日 15:25

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

電凸!慰安婦捏造本を選定図書から取り消せ!日本が国家で拉致、強制連行、性奴隷、殺害と断定した韓国人著「20年間の水曜日」を全国の図書館に推奨した「日本図書館協会」と文科省に抗議!米国慰安婦決議撤廃の署名
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 社団法人「日本図書館協会」 http://sankei.jp.msn.com/smp/life/news/120707/..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-07-14 01:19
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。