【大津・いじめ自殺】 学校 「いじめアンケート結果見たいなら、サインしろ」…誓約書で口止め - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【大津・いじめ自殺】 学校 「いじめアンケート結果見たいなら、サインしろ」…誓約書で口止め

 いじめをめぐる一連の問題は、ついに刑事事件に発展しました。滋賀県大津市で中学2年生の男子生徒が自殺した問題で、県警は11日夜、市の教育委員会と男子生徒が通っていた中学校を捜索しました。

 1人の少年の死から9か月。事態は突然大きく動き出しました。捜査の目が向けられたのは教育委員会。極めて異例のことです。大津市で去年10月、中学2年の男子生徒が自殺した問題で、滋賀県警は11日夜、市の教育委員会と男子生徒が通っていた中学校を家宅捜索しました。容疑は男子生徒に対する暴行です。

 県警はこれまで、男子生徒の父親からの被害届の受理を3度にわたり拒否していましたが、11日になって特別捜査チームを作り、本格捜査を始めました。

 こうした事態を招いたのは市教委や学校のこれまでの対応です。この9時間前、県がようやく対応に動き出したばかりのことでした。滋賀県の教育委員会が、いじめ対策会議の初会合を開きました。

 「私たちには子供たちを守る大きな使命がある。いじめを絶対に見過ごしてはならない」(滋賀県 佐飛晃教育次長)

 大津市の問題のほか、県内で起きたいじめの事例が紹介されましたが、いずれもそれに対する具体的な解決策を見出す話し合いにはなりませんでした。

 一方、自殺した生徒が通っていた中学校。この学校では1時間目の授業の前に、「命の大切さ」をテーマにした詩を校内放送で流したといいます。しかし、生徒が抱える不安は消えていません。

 「(学校の雰囲気は)ピリピリしている。落ち着かない」(中学校に通う生徒)
 「もうちょっと調査を深くまで、亡くなった子のためにもしてほしかった」

 そんなさなか、また新たな事実がJNNの取材で明らかになりました。学校が去年10月、全校生徒を対象にしたアンケートの結果を自殺した生徒の父親に渡す際のことでした。条件として内容を口外しないよう「誓約書」を書かせていたというのです。取材に対し父親は、「やむなくサインしたものの、真相の解明が遅れる原因となった」と話しています。

 さらに2回目のアンケートをめぐっても、「自殺の練習で首を絞めた」や「葬式ごっこ」などの記述がありました。しかし、父親に対しては、「新たな事実が見つからなかった」として全容を明らかにしていませんでした。

 大津市の教育委員会は一貫して、「いじめと自殺の因果関係についてはわからない」としています。

 「いじめ=自殺と判断してしまうことはできない」 (大津市教育委員会の会見 10日夜)

 相次いで明らかになる学校や市教委の対応に、男子生徒の遺族は悔しさをにじませます。

 「生きていてくれたら何でもするけど、どうにもできない」(自殺した男子生徒の祖父)
 「ええ子やったからね。返してほしいです」(自殺した男子生徒の祖母)

 遺族は現在、いじめと自殺の因果関係をめぐり、大津市と同級生らにおよそ7700万円の損害賠償を求める裁判を起こしています。

 大津市の越市長は11日夜、ニュース23クロスの取材に応じ、いじめと自殺の因果関係はあるという前提で調査をしたいと話しました。

 「学校と教育委員会の調査がいいかげんだったことによって、因果関係が立証できないとなったら、それについて市は何らかの責任がある」(大津市 越直美市長)

 これまで市教委の調査がずさんだったとして、今後は第三者委員会を設け、実態解明にあたりたいとしています。

 「遺族の方が求めているのは、学校で何があったか事実を知りたいと。まず徹底した事実解明をやる。その結果として和解があると思う」(大津市 越直美市長)

 一方、遺族側の弁護士は、いじめと自殺における因果関係の認定の難しさをこう話しました。

 「いじめ自殺の裁判というのは勝訴が難しい類型に入ってきます。今後も立証については、いくつものハードルを越えていかなければいけない。この裁判に続く訴訟の礎になるような、そういった裁判が得られるように全力を尽くして訴訟活動をしていきたい」(遺族側の弁護士 石川賢治氏)

ソースは
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5078469.html


まさにこれこそが隠蔽工作だ。

子供がなぜ死ななくていけなかったのか?

それは遺族が一番知りたい事だ。

そのアンケートを取引に使って口止めするとか下衆すぎる。

この学校および校長は絶対に許すべきではない。

被害届を受理しなかった滋賀県警も許す事は出来ないし、今更の家宅捜索では遅すぎるという思いしかない。

今や警察も全く信用に値しないご時勢だから実態を音声録音、できれば映像に記録してネットで全世界に配信するしかない。

勿論学校、教育委員会側との交渉も全て記録し公開すること。

それしかないのかもしれない。

ここにデヴィ夫人のブログを貼り付ける。

debi.jpg


当初はこのように声高々にいじめをした者達に制裁を加えるような発言をしていたが、現在ではトーンダウン中だ。

何らかの圧力が掛かったと言う事が想像できる。

いじめは犯罪だ。

今後このような事が起こらないように少年法など撤回し厳罰を与える必要がある。

無期懲役、死刑これらがあっても何の問題もない。

加害者の更生を期待する為の少年法だが、被害者を救済する措置が全くなくやられ損にしか思えない。

加害者の保護者へも相当な責任がある。

これらも追及できるようにしなくてはならない。

子供がしたことと責任逃れをする事などあってはならないし、成人するまでは親、保護者の責任がついて回ってもおかしくない。

なくならない、いじめ問題。

よく言われるのが、いじめられる方にも問題があると言うことだが、そんなことは何の理由にもならない。

からかい半分でちょっかいを出していたとしても、やられている側がいじめだと思えばそこでいじめが成立。

みんなでよく考える必要がある。

今自分が行ったことは、自分がされたらどんな気持ちになる事だろう?

不快に思わないか?

死にたいと思わないか?

色んな事を自分に置き換え、自分がされたら嫌なことは他人にはけして行わない。

そんな人間になれるようにみんなで努力する必要がある。

これはけして子供の世界だけの話しではない。

大人の世界でも存在する。

他人を傷つけ優越に浸るような人間などこの世に存在する価値などない。

いじめに対しては厳罰化が必要だと私は思う。





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
「いじめ」ではなく、暴行、傷害、強盗、自殺教唆、殺人でしょ。
Posted by coffee at 2012年07月13日 23:42

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

大津いじめ殺人の最新情報・「母がPTA会長」「父が京大医学部卒」大津市「いじめ自殺」特集 加害生徒たちの家庭環境・週刊新潮7月19日号の一部文字起こし・木村束麿呂の母=PTA会長、小網健智の父=京大医学部卒
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「週刊新潮」7月19日文月特大号 ▼文字起こし▼ ━━━━━━━━━━ 「母がPTA会長」「父が京大医学部卒」 大津市..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-07-13 23:43
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。