【労働環境】管理職が危ない!疲弊で自殺者が急増!がん死亡率も高い 自殺率はバブル前の約4倍 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労働環境】管理職が危ない!疲弊で自殺者が急増!がん死亡率も高い 自殺率はバブル前の約4倍

 自殺した男性管理職の割合が、バブル期前に比べて約4倍−。こんな調査結果が波紋を広げている。管理職はがんによる死亡率も他の職種に比べて高いというから怖ろしい。原因を探ると、1990年代後半から職場の環境を大きく変えたある現象が浮かび上がった。日本経済の屋台骨を支える男たちに何が起こっているのか。

 給料減、リストラ禍、役員と部下との板挟み…。管理職の窮状を現す衝撃的なデータが出た。

 「働き世代の職業と死亡」に関する論文をまとめたのは、北里大の和田耕治講師(公衆衛生学)と、山梨大大学院の近藤尚己講師(社会医学)の2人。このほど、英国の医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表した。

 和田氏らは5年ごとに行われる国勢調査や人口動態統計を基に、職種を(1)専門・技術職(医療従事者、教員、技術者、研究者など)(2)管理職(会社・団体の課長級以上)(3)その他の職種(事務、営業、接客など)に分類。1980〜2005年の30〜59歳の男性の死因と職種別の死亡率を分析し、死亡率は、その職業に就いている人が10万人いるとし、うち何人が死亡したかを調査した。

 最大の焦点は、管理職における自殺率の爆発的な伸び方だ=グラフ。80年の時点では3つの職種の中で管理職が最も低かった。ところが95年を境に上昇を続け、2000年代では3職種の中で一貫してトップ。05年は80年比で実に3・7倍になった。

 何が原因なのか。研究にあたった和田氏は「企業が高コストとなる正規雇用を減らし、非正規雇用を増やした。雇用環境が激変し、“生き残りの少数精鋭”となった管理職が疲弊している可能性がある」と指摘する。

 国勢調査によると、管理職が占める割合は95年に全体の6・7%だった。しかし、05年には3・2%まで減少。半分以下に減れば、負担が倍以上になるのは当然か。

 「リストラで会社を去ってゆく同僚の分も仕事をこなさねばならない。また、次々と入れ替わる非正規雇用者の教育にも追われる。終わりなき消耗戦を強いられているのかもしれません」(和田氏)。景気低迷、90年代後半の成果主義導入やリストラの進行は働き方を大きく変容させ、なかでも管理職に影響を及ぼしたわけだ。

 がんの死亡率も2000年代に入り、管理職がほかの2つの職種を上回った。和田氏は「管理職の人の方が肥満や飲酒、運動不足が多いという報告もある。多忙に追われた『診断の遅れ』もあるのでは」と説明する。

 職場にいながら命やがんの危険にさらされる管理職。いまからでもできる自衛策はないものか。和田氏は「リスクを避けるための5カ条」=表=を挙げる。

 「(1)、(2)に挙げられる体調の異変は健康を守る上で基本中の基本です。(3)の運動は、1回30分程度でもいい。近年の研究で、軽い運動が鬱病を予防する、あるいは抗鬱薬と同程度の役割を果たすことが分かってきています。(4)の積極的な休養とは、休日に十分に体を休めた後に軽く体を動かして血行を促進させること。疲労回復が効率的になります」

 最後に「自分の一番近くにいる家族を大事して、心身ともにサポートを得るのがいい」とも。

 当たり前のことを当たり前に。日々の小さな積み重ねが大病を防ぎ、自分の命を守る。

■リスクを避けるための5カ条
(1)健康診断で指摘されたらすぐ対応
(2)体調の異変を感じたら早めに受診
(3)週に1、2度の運動
(4)積極的に休養を取る
(5)家族を大切にする

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120625/dms1206251125003-n1.htm

言い方が悪いが、自殺推奨は日本国の国策です。

と言われても仕方がないほど自殺率が高い国であり、まったく改善されない国は日本国くらいであろう。

ほんと嫌な風潮だ。

日本国自体の治安が良い割には、自殺率が高いのは日本国の恥じるべき部分だ。

最近の日本企業の健闘ぶりを見直すと・・・リストラしかしてない。

赤字出しまくりの撤退戦ばっかりだ。

これでは働いている人も鬱になり、息も詰まってくる。

分析すると、管理職で残業代なかったりするのに、平社員より厳しいノルマ課されていたりする場合が大半で、下を管理するという本来の仕事をすることすらままならない。

こんな状況を会社が作っているのが現実。

こんな管理職を毎日見てきている部下の人間達は昇進、出世したいという気持ちがなくなり、毎日のらりくらりと仕事をこなし必要以上の事は行わない。

残業代なくなり、責任だけ重くなる。

なんの魅力も感じない管理職。

会社よってだそうだが、結構本気で誰も課長になりたがらないと言う話しも聞く。

課長が目の前だったからという理由で会社を辞めた人間まで出てくるこのような状況も出て来ているようだ。

管理職を下の人間から羨ましがられるような状況に持って行かねば日本国の企業には未来が無いのかもしれない。

下の人間達は管理職になりたくないからと適当に仕事を行い、やってやろうという気持ちが出てこない。

こんな人間達を管理しなくてはならないのが、現在自殺率が高い層の管理職である。

役員や上級管理職から利益を上げろと捲し立てられ、部下は仕事を全くやる気にならない。

こんな板挟みでは自殺もしたくなる。

今の日本国民は損得勘定を必要以上に行う。

忍耐、努力を行っても期待以上の見返りがなく、逆に失敗した時のマイナスの方が多く必要以上にやる気を削いでいると私は思う。

戦国時代ではないが、君主に対する忠誠心が薄れている今の現状において、何処の企業でも何時下克上?反乱?使い方がおかしいかもしれないが、起こってもおかしくはない。

織田信長で言えば、明智光秀のことを本当は溺愛していたと聞くが、その愛情が本人には伝わらずに結果的に命を取られてしまった。

これはどんな事にも言える事だが、自分がどのように思っていても、その人物に伝わっていなければ何の価値もない。

逆の結果に結びつきやすい事が殆どだと感じる。

会社業務に関して言えば、評価している、期待していると言葉だけで言いくるめられる時代は終わっているように思える。

報酬、賃金、権限これらを適度に与えなければいけないと思う。

そうでもしなければ人の意識は変わらず、ライバル企業に機密情報を平気で漏らしたり、そのまま転職してしまったりとか、こんな事は既に起こっているが、想像も出来ないような事が起こるかもしれない。

自殺も減りはしないだろう。

会社を経営する側に立つ人達は足下をすくわれぬよう細心の注意を払い行動を取る必要がある。

織田信長のようにはなってはいけない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
3000人がパチンコが原因で自殺しています。
まずは、パチンコを廃止すれば日本の自殺者は1割へります。
Posted by coffee at 2012年07月01日 12:15

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

朝日新聞「ニコンの慰安婦写真展中止、ネットの異なる考え認めない動きは息苦しい。歴史を教訓に」・朝鮮人写真家「写真展で日本軍性奴隷制を宣伝し日本政府から金を取りたい」・朝日の戦時虚偽報道と戦後歴史捏造
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 写真展用の作品を手に会見する朝鮮人写真家の安世鴻=22日、霞が関の司法記者クラブ 朝鮮新報には「写真展で日本軍性奴隷制を宣伝..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-07-01 12:15
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。