【企業】ペーパーレス時代になぜ三菱鉛筆は最高益か - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【企業】ペーパーレス時代になぜ三菱鉛筆は最高益か

地道な研究開発からヒットを連発。「日本製」が海外でウケる

 筆記具メーカーの三菱鉛筆が好調だ。2011年12月期の連結経常利益は65億円で、2期連続で最高益を更新。この10年間、売上高は横ばいだが、ジワジワと収益を伸ばし続けている。
 経費削減とIT化で「ペーパーレス化」が進んでいる。そんな逆風下で、なぜ収益が伸びているのか。三菱鉛筆で財務を担当している永澤宣之取締役はいう。
「01年のITバブルの崩壊以降、当社は大きく方向転換を進めてきました。ひとつは筆記具メーカーとしての原点回帰。もうひとつが、海外調達比率の上昇です。それらが今、結果として実っているのだと思います」

 三菱鉛筆は今年で創業125年。鉛筆の製造から事業を興し、ボールペン、シャープペンなど筆記具全般に進出。20年ほど前に多角化を始め、CDやインクリボンなども扱うようになった。背景には「筆記具の市場が伸び続けることはない」という危機感があった。
「文具店に卸す様々な商品を扱うようになったのですが、多くは自社製造ではなく、仕入れ品です。特徴のある商品ではありませんから、利益率は高くなかった。そこで『これからは売り上げではなく、利益を重視しよう』と大きく舵をきったんです」(永澤取締役)
 筆記具メーカーとして自社製造をしている分野以外からは、原則として撤退。筆記具が売り上げに占める割合は、6割近くまで下がっていたが、現在では8割ほどにまで高まっている。

 三菱鉛筆では筆記具の製造に関して、プラスチックの成型、ペン先の加工、インクの配合などまで、すべて自社で行っている。メーカーの原点に戻ることで、競争力を取り戻した。海外調達比率を増やしたことも、円高の環境下でのコストダウンに大きく寄与した。それまで海外工場は中国・深センだけだったが、あらたにベトナムと上海に100%出資の拠点を増設。主に筆記具の部材を製造している。

 そうした下地があるところに、次々とヒット商品が出た。なめらかな書き心地の油性ボールペン「ジェットストリーム」、芯先が自動回転するシャープペン「クルトガ」、ホルダーとリフィルを自在に組み合わせられる「スタイルフィット」。いずれも高い技術が背景にあるため、類似商品は出づらい。三菱鉛筆は売上高の約6%を研究開発費にあてており、従業員約2800人のうち約200人は開発者だ。「研究開発費だけは削らなかった」(永澤取締役)という判断が実を結んだ。

 海外展開も好調だ。現在、海外売上比率は45%。筆記具の世界最大手は仏ビック社で、売上高は約1800億円と三菱鉛筆の3倍以上になるが、ライターやひげ剃りの売り上げが大きく、筆記具は全体の3割にすぎない。三菱鉛筆は世界市場で戦うグローバルプレーヤーなのだ。永澤取締役はいう。
「日本のメーカーは100円から500円くらいの中価格帯に強い。仏ビックや中国のメーカーは箱入りで売られる廉価品には強いのですが、新商品は開発しません。新機能をアピールして、一本売りができているのは日本製なんです」

 08年のリーマンショックでは、筆記具メーカーを「経費削減」というショックが襲った。この結果、「備品」としての大量購入は減った。だが筆記具なしに仕事はできない。
「会社の備品なら文句はいわないが、自腹で買うならよいものを選びたい」という嗜好から、店頭での小売販売は踏みとどまった。機能開発を続けた成果だろう。
 広報担当の飯野尋子氏は「あくまで個人的な印象ですが」と前置きしつつ、こう分析してくれた。
「スマートフォンを使うような人ほど、ノートや手帳へのこだわりが強いように感じます。1本1000円のジェットストリームを購入されるのもこの層です。デジタルを使うほど、アナログのよさが見えてくるのかもしれません」

ソースは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120621-00010000-president-bus_all


記事中に「研究開発費だけは削らなかった」(永澤取締役)という判断が実を結んだ。と一文があるが、ここ削っている会社が今非常に多い。

言い方が悪いがトップに文系が君臨し利益の出ないものから削減としてきている企業だ。

目先の小銭しか見てない人間をトップにして今後も経営を進めて行くと企業は衰退する一方だと思うよ。

グローバル化の名の下に工場と人員を海外移転させ、コスト削減の名の下に人員もどんどんリストラし、ブランド力の名の下に研究開発費を広告費に回す。

その結果短期では利益は上がるが、じわじわと企業の競争力が削がれて行き何れ存続さえも危うくなってしまう。

私も今まではよく理解していなかったのだが、三菱鉛筆は、三菱グループとは関係ない企業だそうだ。

スリーダイヤの企業シンボルマークも三菱鉛筆が元祖であり、三菱グループの方は使わせてもらっている方だと言う事。

このシンボルマークの商標登録は、三菱財閥の三菱商事グループが各社の一番手として三菱マークを登録する時点よりも実に10年も先立っていたとの事。

全く知らなかった。

意外に日本国では知られてない事実として、日本製のボールペン、万年筆、鉛筆は海外で凄い人気があるようだ。

海外に行って現地生産のボールペン使ったことのある人なら分かると思うが、普通にインクが切れるまで書けるボールペン売っているのなんて日本国産だけみたいだ。

日本国産でも安いボールペンなどはそれなりでダメな奴も有るが・・・。

たかが筆記具、されど筆記具と言う事。

時代が進みパソコンやスマートフォンのような高性能な端末が普及しても、無くならない書類作成に置いてボールペンなどの筆記具は今も欠かせない重要なアイテムとなっている。

言うなれば仕事の相棒だ。

書いている途中でインクが出なくなったり、残量が目で見てあるのが分かるのに出ないとかそれだけで仕事の手が止まりイラッと来る事もある。

毎回使うものだからこそ良い物をと私は思う。

日本国の他の企業も三菱鉛筆を習って企業価値を高め、日本国の景気へと寄与してほしい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。