【資源】新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【資源】新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘

 経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。

 来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田となる可能性もある。

20120618-455324-1-L.jpg


 試掘地点は、新潟県の佐渡島から南西約30キロの水深約1000メートルの海底。2003年に周辺海域で試掘した際、少量の石油やガスの産出が確認されていた。

 経産省資源エネルギー庁は、08年に導入した3次元物理探査船を使用して地層構造を精密に分析した結果、海底から2700メートル下にある地層のうち、約135平方キロに及ぶ範囲で石油や天然ガスの埋蔵の可能性があるとのデータを得た。面積はJR山手線内の約2倍に相当し、同庁は「面積では海外の大規模油田に匹敵する」としている。

 政府は09年、「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」を策定し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の資源開発に本腰を入れた。日本近海の11か所で3次元調査を進めたところ、新潟県沖が最も有望と判断した。試掘の結果が良好なら、同計画の第1号として17年の商業化を目指す。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120618-OYT1T00645.htm?from=top

水深1000mの海底のさらに2700m地下って、そんなものどうやって掘るのだ?

と思ったが最近は普通に採掘可能らしい。

技術の進歩と言うのはたいしたものだ。

嘗ての日本国は石油を求め南へと軍隊を派遣し海上輸送という戦時中最も危険な石油輸送を行い数多くの犠牲者を出して、その当時から日本列島には石油の出るところは無いと思われていたが、今回の発表を受けるともっと色んな所から石油の採掘が出来そうな気がする。

しかし、私個人の意見だが石油採掘の可能性がある事を発表する事が早すぎると正直思った。

実際に石油採掘ができ商業用に使えるレベルになるまで日本国の最重要機密にするべきだと思った。

例によって海外諸国からの圧力がありそうだし、また新たな領土問題とかになったら今の日本国には打ち勝つだけの外交能力が無い。

とても心配である。

尖閣諸島のような問題になってしまっては目も当てられない。

こんなに広い、日本の排他的経済水域
h_02b.jpg


このように地図で見ると佐渡に文句つける諸外国があったら、流石に砲撃して良いレベルだが、今の日本国にそれほど攻撃的に行える外交能力が無い。

二度同じような事を書いたがそれだけ私は今の日本国の外交能力に不安を感じている。

日本近海の海底には資源が一杯ありそうだし、尖閣諸島の油田は死守しなければならない。

「今のところ」竹島付近には何もない感じではあるが、韓国があれだけ騒いでいる島であるからには実は何かが採掘できるのかもしれない。

日本国の外交に携わる役人さんや政治家さんキッチリ日本国の領土を守り、領有権をキチッと主張して下さい。

日本国はこれを期に生まれ変われるかもしれません。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本は油田を守るためにも核武装を急ぐべきです。
Posted by coffee at 2012年06月20日 01:15
地中深くにあって採掘に困難と経費のかかる石油開発より、日本の周りの浅い海に日本需要の100年以上ある、メタンハイドレ−ドを開発しないのですかね。
こういった記事もメタンを無視しているようで、気持ち悪いですね。高い石油を日本に買わせている既得権者に取ったら、日本が資源国になって困ることは判りますが。
Posted by victor at 2012年11月08日 17:24

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

片山さつきの国会追及を書き起こし・河本準一は嘘吐き、告発有り得る!普門大輔弁護士のテレビでの断定は問題・生活保護に「現物支給」…大阪維新の会、政策集に明記へ・不正受給者を日本から叩き出せ!デモin浅草
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ■動画 06.14 参議院 総務委員会 片山さつき議員(自民) http://www.youtube.com/watc..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-20 01:15
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。