【話題】 米国の地方都市が「戦争」を宣言 「売春と人身売買の巣窟となっている韓国系住民の店をなくすべきだ」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【話題】 米国の地方都市が「戦争」を宣言 「売春と人身売買の巣窟となっている韓国系住民の店をなくすべきだ」

 「売春と人身売買の巣窟となっている韓国系住民の店をなくすべきだ」

 米国の地方都市が、韓国系住民による風俗店との「戦争」を宣言した。テキサス州ヒューストン地域のハリス郡は13日、韓国系住民によるマッサージ店(風俗店)3カ所とナイトクラブ1カ所の撤退を求める請願を裁判所に提起した。1人当たりの所得が2万ドル(約160万円)を超えた韓国が、今なお海外で「売春婦輸出国」の汚名を返上できず、恥をさらしているというわけだ。

 現地の有力紙「ヒューストン・クロニクル」によると、ハリス郡は請願書で「経営者たちは主に韓国から来た若い女性を雇用して『サービス』させている」と主張し、これら店舗に対する1年間の営業停止、永久的な違法行為の禁止命令を求めた。

 米国の都市が特定の韓国系風俗店を挙げて撤退を求めるに至ったのは、同地で行われてきた売春に対する地元住民の抗議が後を絶たなかったため。ハリス郡の法務局は「2009年以降だけでも、これら店舗の周辺で人身売買や売春などさまざまな犯罪が頻発しているという抗議の電話が数百件寄せられ、問題の店を計57回調査した」と説明している。また先月初め、警察がこれらの店に踏み込み売春婦7人を逮捕したが、うち6人が韓国人だった。手錠と足かせで拘束され、警察署に連行される韓国人女性たちの姿は、現地のテレビで報じられた。

 ハリス郡だけでなく、ロサンゼルスやアトランタ、ニュージャージーなど韓国人の多いエリアは例外なく韓国系風俗店が多く、当局が頭を抱えている。オーストラリアや日本などほかの国でも同様だ。

 米紙ワシントン・ポストは昨年末、米国東部一帯にある韓国系風俗店の実態を伝え「韓国系住民によるマッサージ店が売春の温床になっている」と指摘した。

ソースは
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/15/2012061501173.html

しかしここまで言うって事は相当な事だ。

韓国人が戦争とか言っても大げさな民族だからまたかよと思うが、こりゃハリス群の本気度が伺え尋常ではない様子が見て取れる。

そこら中で締め出しくらっている民族も珍しい。

ここまでやるか韓国人よ。

世界中で嫌われて最終的には居場所がなくなるぞ。

人間としての最低限のルールは守りなさい。

こんなニュースも発見した。

米食品医薬品局 韓国製海産物の回収を求める

  米食品医薬品局(FDA)は、健康に害を及ぼす可能性があるとして米国市場に韓国製海産物製品を入れないよう求めた。

 14日ロイター通信が伝えたところでは、韓国製の海産物の中にヒトの糞便の痕跡が見つかり、この事は、胃腸の病気を引き起こすノロウイルスが食べ物の中に存在する可能性を意味する、との事だ。

  問題となっているのは、韓国製のカキ、ホタテなどの貝類やイクラなどで、生のものも又、缶詰入りのもの、さらには別の方法で加工された製品も含まれている。

  ロイター通信によれば、今のところ駐米韓国大使館からは、何のコメントも出されていない。

ソースは
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_16/78294694/

韓国は信用できない。

今後も世界各国からドンドン見放されて行く事だろう。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
世界中で犯罪行為をしまくる朝鮮人は、支那人と共に人類の敵です。
Posted by coffee at 2012年06月17日 13:48

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

生活保護相談ダイヤルに悲痛な叫び「家族に調査が行くのなら、死ぬしかない」「片山さつきの目が怖い…死ねと言われているよう」←死ねば?調査は当然、困るのは不正受給だから・世界的に優遇され過ぎる日本の生活保護
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/16909/ 生活保護相談ダイヤルに悲痛な叫び..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-17 13:50
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。