【政策】『若者雇用戦略』正式決--政府定 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政策】『若者雇用戦略』正式決--政府定

政府は、深刻化する若者の雇用状況の改善に向けた戦略を12日に正式に決定し、野田総理大臣は、雇用のミスマッチの解消策や、若者の早期離職を食い止めるための対策を着実に実行するよう指示しました。

政府が決定した「若者雇用戦略」では、「高卒の3人に2人、大卒の2人に1人は就職できなかったり、早期に会社を辞めたりしている」として、若者の雇用を取り巻く環境は厳しい状況が続いているとしています。

そのうえで、具体的な対策として、▽大企業志向が強い学生と、採用意欲がありながら人材を確保できない中小企業との間のミスマッチを解消するため、中小企業などを紹介する政府版の就職情報サイトを新たに作って学生への情報発信を強化する、▽せっかく就職しても、仕事の内容が自分に合っていないなどとして、早期に会社を辞める若者が多いため、学生のうちから職場体験を行ういわゆるインターンシップを、産学官で支援する協議会を新たに設置する、などとしています。

野田総理大臣は、12日の対策会議で「これまでの施策は対症療法的だという厳しい評価を受けている。現場の第一線からの率直な声を今後の運営に生かしてもらいたい」と述べ、関係閣僚に対策を着実に実行するよう指示しました。政府は、12日に決定した戦略を来年度の予算編成に反映させるとともに、官民の協議会を新たに設置して、対策が着実に実行できているか継続的に検証することにしています。

ソースは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120612/k10015782751000.html

林業と介護で100万人の雇用創出とか・・・1に雇用、2に雇用、3に雇用!!と中身の無いスローガンを掲げただけで党首選挙に勝ったり、サミットで国内1000万戸にソーラーパネルを設置って宣言して、環境分野で雇用創出とか菅直人の手法の踏襲をしようとしているのかな?

実績皆無で何の効果もないから再びこのような訳の分からない政策が出てくる。

元々あるハローワークのシステムを見直すだけで良いと私は思う。

この政策はただ単に役人の天下り先を増やすだけで、若者の雇用を回復、維持する事は難しいと感じる。

学生が中小企業を避ける理由はたくさんあるだろうが、一番の理由は全てに於いて不安定であると言う事だと思う。

給与であったり、就労時間の問題、労働環境色々な事が現在の日本国のイメージとして悪くなっている。

中小企業で会っても経営状態は健全で働きがいのある企業はたくさんあると私は感じている。

若者の離職時の理由として良く挙げられるのが、『自分のやりたい仕事ではなかった。』などの理想とは違うと言ったような内容だ。

これはある程度規模の大きい企業へ就職した人達の理想との違いが大きいのだと思う。

企業が大きくなれば、それだけ制限が大きくなり自分のやりたい事も出来ないのでは無いかと私は感じる。

それが期待、理想と言ったものと外れて離職の原因となるのだと思う。

中小企業の場合はある程度の制限はあるだろうが、ずっと制限などしている余裕などもない為、会社の方針や路線から大きく外れない限り制限など殆どなく、個人の自由に仕事が出来る。

中小企業の殆どはこんな感じではないかと私は思うし、私が知る中小企業はこんな感じだし私の勤務先もこんな感じだ。

自分の好きに仕事が出来れば多少給与が少なくとも満足し仕事を続けて行く事が出来ると思う。

中小企業も以外と良いものぞ、若者達よ。

離職率を下げる為には、若者達に少しでも権限を早い内から与え自分の判断で仕事をすると言う満足感を与え、多少の失敗は先輩社員が面倒を見てくれるという安心感を与える事。

今を生きる若者達は色々と世間では言われているが、好きな事への取り組み方はもの凄いものがあるし、頭も良い。

そこから出てくるアイディア、想像力は意外と効果を発揮し利益へと繋がる事が度々ある。

入社してきた新人君、若者にいかにこの仕事を好きになって貰えるかが最大のポイントではないだろうか。

先輩社員は口うるさく言わずにほっとくぐらいがちょうど良いのである。

しかし、民主党の行う政策はほんとによく分からん。

本当に日本国の明日を考えているのか疑問しか浮かばないのは実に悲しい事である。

今後少しでも良くなる事に期待しよう。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>>今後少しでも良くなる事に期待しよう。

民主党では良くはなりませんよ。
この党に一票を投じたバカ有権者。
今何想う・・・
バカたれ!

Posted by ケンケン at 2012年06月13日 14:43
>野田総理大臣は、雇用のミスマッチの解消策や、若者の早期離職を食い止めるための対策を着実に実行するよう指示しました。

ただ単に就職の選り好みをしているだけです。
まずは生活保護を廃止する方が良いです。
Posted by coffee at 2012年06月13日 23:28
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 職務履歴書 at 2012年08月26日 10:40

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

生活保護の年収650万円!田原総一朗ブログ・国民年金は夫婦で年間約160万円・「働いたら負けかなと思ってる」が正しい日本は狂っている!・最低賃金や年金よりも遥かに高い生活保護費・これで消費税率10%か?
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 生活保護受給者の平均年収は650万円だが、「足らないからもっと寄越せ!」と言っている。 http://www.tahar..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-13 23:29
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。