【社会貢献】「育ててもらった地元に恩返し」--住宅メーカー『一条工務店』、遠州灘沿岸(静岡)の防波堤整備に300億円を寄付 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会貢献】「育ててもらった地元に恩返し」--住宅メーカー『一条工務店』、遠州灘沿岸(静岡)の防波堤整備に300億円を寄付

 静岡県は11日、浜松市で創業した住宅メーカー「一条工務店」(本社・東京都江東区、宮地剛社長)グループから計300億円の寄付を受け、同市沿岸部約17.5キロに津波対策の防潮堤を整備する方針を明らかにした。県と浜松市、同社は同日、寄付金を防潮堤整備に充てる基本合意を結んだ。県によると、大規模防災事業に民間の寄付金を充てるのは異例。
 ◇浜松で創業

 同社は今年度100億円、来年度以降は工事の進捗(しんちょく)状況に応じて2年間で200億円を寄付する予定だという。

 寄付は東日本大震災の被害状況を目の当たりにした創業者の大澄賢次郎氏が「育ててもらった地元に恩返ししたい」と防潮堤の費用として発案。自動車メーカー「スズキ」(本社・浜松市南区)の鈴木修会長兼社長に相談し、鈴木会長を介して11年4月、同市の鈴木康友市長と川勝平太知事に伝えられた。

 浜松市は巨大地震時の最大津波高を13.5メートルと想定。しかし海岸に防潮堤はなく、これまで避難ビルの指定など避難方法を中心に対策を検討してきた。県は来年6月をめどにまとめる第4次地震被害想定を基に、具体的な設計などを決めていく考え。着工は早くても14年以降で予算規模は未定。寄付は基金に積み立てる。

 この日県庁を訪れた鈴木市長は、宮地社長の「(会社が)大きくなれたのは、ひとえに地域の皆様の長年のご支援のたまもの。速やかに対応しなければいけない防潮堤構築で恩返ししたい」とのコメントを代読した。川勝知事は「大変感じ入る。できるだけ早く(工事を)やりたい」と応じた。【樋口淳也、高橋龍介】

ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20120612k0000m040061000c.html

これは正直にすごいと思う。

ほんとにすごい事だ。

静岡県浜松市という地方自治体への寄付金だから税金もかからないから寄付金全額が防潮堤構築費用として使用できる。

日本人の経営者もなかなかやるね。

昔はこういった名士たちが地元に貢献することが名誉だったが、今では豪華住宅に別荘、自家用飛行機などをもち自己満足に浸っている。

寄付というのはその人の気持ちというわけで誰それに寄付しなさいと迫れる物ではないが、普通に暮らして行ける以上の財産を持つ方々は少しは考えて頂けると良いと感じた。

正直最初にこの話、300億円の寄付の話しを聞いた時は一条工務店ではなく、スズキやヤマハどちらかの企業が寄付したのだと思っていた。

地元貢献という意味合いでスズキやヤマハの方がイメージ強かった。

日本国には一条工務店よりも大きな企業はたくさんあるはずだが、各社売り上げ増、とある社長報酬は10億円を越えたとかそのようなニュースは出てくるが、このような多額の寄付などと言うニュースは出てこなかった。

なんか人を感動させることができる人が少なくなったのかな。

さびしいな。

我が家は一条工務店の一戸建てであり、この一条工務店で家を建てた事に少し誇りに思う。

色々な住宅メーカーが有り新築を考えた時は色々なハウスメーカーを巡りどの企業にしようかと考える訳だが、私が新築を考えたのが23歳の時で何処のハウスメーカーの営業にもこの若造が冷やかしにきて・・・と思われた事だろう。

どのハウスメーカーも接客態度、住宅メーカーの利点、パフォーマンスの説明が不十分であり、購買意欲がなくなった。

しかし、お家の都合もあり新築しなくてはならない状況であり、そして何よりも自分の家なので諦めずに住宅メーカーを見て回るそれを繰り返していた。

そのときに出会ったのが一条工務店である。

接客態度も良心的で、家の構造、利点、パフォーマンス等を事細かに説明してくれたり、私が納得出来るまで模型を出してきて説明、実際の建築現場に連れて行ってくれたりと情熱をもって接してくれた。

ここにお願いしようと直ぐに決めた。

予算面から言えば他の住宅メーカーと比較すると家の大きさは少し小さくなってしまったが、満足している。

アフターフォローも中々な物で、我が家は一度無料で壁紙そう張り替え、キッチンの換気扇回りの再工事など納得いくようにしてくれた。

全ては顧客満足度。

昨日も丸亀製麺の記事で記したが、顧客が満足すれば自ずと収益は上がってくる。

私のように満足し、知人や他の人が新築を考える時に一条工務店を進める人も多いのではないかと思う。

大きな宣伝をしている訳もなくこれだけの会社を運営して行けているのだから凄い事だ。

後は、上場していないから株主に関係なく色々な事ができるところがいいのかもしれないね。

上場していれば株主が何を言ってくるかわかりもしない。

今回の寄付金も単純計算で経常利益を上回る金額を寄付する事になるのだから、株主への配当の問題は必ず言われる事だろう。

上場しないで運営するのも一つの形。

私はこれからも一条工務店を応援しようと思う。

代表者 代表取締役社長 宮地 剛
昨年度ベース
資本金   5億7460万円
従業員数   約3,500名
事業内容 住宅設計・施工・販売・メンテナンス・リフォームなど
売上高   2,189億円
経常利益   191億円

一条工務店
http://www.ichijo.co.jp/


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
ほう!
確かに、これは凄い!
Posted by coffee at 2012年06月12日 23:30

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

片山「ミヤネ屋をBPOでガンガンやりましょう!」「ミヤネ屋で河本梶原を必死に擁護の弁護士が朝鮮学校の弁護士!」片山さつきツイートが物議・普門大輔弁護士について・香山リカらBPO委員はテレビ局の利害関係者
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 片山さつき‏ @katayama_s ミヤネ屋で河本梶原を必死に擁護の弁護士が朝鮮学校の弁護士!http://..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-12 23:31
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。