【外食】『丸亀製麺』は店内のパートの女性が、客単価を200円アップさせている--内藤 忍(マネックス・ユニバーシティ代表) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【外食】『丸亀製麺』は店内のパートの女性が、客単価を200円アップさせている--内藤 忍(マネックス・ユニバーシティ代表)

今週の日経ビジネス(2012年6月11日号)の特集は内需で成長する日本企業です。三井住友信託銀行の調査によれば、国内売上90%以上の会社の中にも経常利益を着々と伸ばしている企業が存在することがわかります。

最高益企業の増益率ランキングを見ると、ゴールドウィン、イエローハット、スタートトゥデイ、カカクコムといったお馴染みの企業の中にトリドールという会社も14位にランクインしています。

トリドールは「丸亀製麺」というセルフサービスのうどんのお店をチェーン展開する会社です。主力商品のかけうどんを280円で提供し、低価格で支持されているお店ですが、客単価は500円。

その客単価アップの秘密が、「非効率経営」にあるというのです。

通常、店舗数が増えたチェーン店であれば、セントラルキッチンを導入して調理の効率化をはかっていくのが定石と言われています。しかし、丸亀製麺は、店内でうどんを打ち、天ぷらを揚げ、おむすびを握って提供しています。この方法だと、設備投資もコストがかかりますが、何より人材の育成にコストと時間がかかります。誰でもすぐにできることではないからです。

そこまでして敢えて店内調理にこだわるのは、他の業態の差別化をしないと生き残れないからです。飲食店のライバルは、他の飲食店だけではありません。今やコンビニの弁当との競争になっているのです。コンビニ弁当にない飲食店の強みは、手作り感とコミュニケーションにあるというのが、この会社の考え方のようです。

店内はセルフサービスになっていますが、うどんの注文が終わると、天ぷらやおむすびのコーナーを通過します。その時に店内の白い作業着のパートの女性が

「お客さん、この天ぷら揚げたてですよ」

と声をかける。天ぷらが1つ80円から130円、さらにおむすびを頼むと、客単価は200円以上アップします。冷たくさめた天ぷらや、工場で大量生産されビニールに入ったおむすびではなく、その場で出来たての味を楽しみたい。これはセントラルキッチンでは提供できない価値なのです。

外食というのは、単に安くてボリュームがあれば良いというものではありません。競合している惣菜や弁当などの中食には、無機質で味気ないという不満があります。出来たてをハイタッチなサービスで食べたいというニーズに対応することで、他の業態との競争に勝てるのです。

効率化によって、外食に求められる価値提供ができなくなってしまうリスク。これは顧客の本当のニーズが見えなくなると陥りやすいワナなのです。成長している会社は、顧客の本当のニーズをピンポイントで突いてくる。計算された「非効率経営」はさすがです。

ソースは
http://www.shinoby.net/2012/06/post-2690.html

丸亀製麺のうどんは単純にセルフうどんの中では味がまともで美味しく感じる。

だから人気になるのだと私は思う。

同業の花〇なんて不味くて食べられたものではない。

目の前でうどんを打ち茹で上げ、会計へと進む途中には様々な仕掛け、この記事にも記されている通り、消費するが分からしたら魅力的な仕掛けがたくさんあり、ついつい天ぷらなどは手に取ってしまう。

目の前で揚げたて、作りたてを『どうですか?』と進められると反射的に注文してしまう。

良く出来ているものだ。

丸亀製麺が去年、ハワイのホノルル支店を開業させたんだが、地元での評価がかなり高い。

ソースは
http://www.yelp.com/biz/marukame-udon-honolulu?sort_by=elites_desc

それによると、味の良さだけでなく

「行列を作ってみんなで行進するカフェテリア形式が楽しい」

「店内は明るくて、客を歓迎しようとする雰囲気があるし、内装も良い」

「いつ行っても、店員は笑顔で、素晴らしくフレンドリーで、親切に出迎えてくれる。

チップなしで受けられるサービスもいい」

「腹いっぱいたべて、会計はたった8.5ドル(約670円)だ。他のファーストフード店よりずっと安い」

こういう賛辞が並んでいる。

ソースのyelpは英語での表記で有る為詳しく翻訳できないが星がたくさん並んでいて誰が見ても丸亀製麺の評価が高い事がよく分かる。

よく考えると、外食サービスは人に調理や後片づけの労務をやらせてるんだから本来高くて当然である。

客単価500円には消費する側の理解があって初めて成り立つ。

一度でも不満が出たり、気に入らないところが見つかれば人々は自ずと足を向けなくなる。

みんな満足し、安いからと言う理由以外にも丸亀製麺のうどんを食べようと挙ってお店に足を運ぶ。

実際現場にいれば、一定のコストをかけて顧客満足度を上げることによってそれに見合う見返りがあるようなアイデアは浮かぶものだ。

江戸時代にもあったような原始的な発想だが、なまじ数字を読んだりして頭を使うとそういう発想を否定してしまう。

どんな商売にも言える事で、顧客満足度を上げることこれが一番重要だと考える。

高いのが駄目って概念を捨てないと不況から脱出は不可能だろうと考える。

コストも上げて人件費も上げるようにする。

要は今一番やるべきことは不況カルテルを結ばせることかもしれない。

年間5%程度人件費含むコストを上げることを条件にしたらいいと思う。

それを製品に添加することを義務化し、上がった部分の半分は人件費を増し、きちんと従業員に報酬という形で支給をする。

こうしていけば世の中を流れるお金が最終的に増えて回り出し、経済活動を動かして皆を豊かにしてくれる事だろう。

現在の日本国、世界中の国々では一部の人間の高い給与維持の為に底辺である庶民が蔑ろにされ、苦しい生活を余儀なくされている。

不況脱出の為には何とかして底辺である庶民に流れるお金を増やす必要がある。

私はこのように思う。

株式会社トリドール・丸亀製麺
http://www.toridoll.com/


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
確かに言われてみれば、そうかもしれない。
うどんが好きではない私も、ここのうどんは美味いと感じていた。
Posted by coffee at 2012年06月11日 20:49

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

ロート製薬糾弾デモ!銀座などでロート製品不買の訴え・キムテヒのCM起用の見解を要求したら強要罪で4人起訴・悪いのは竹島を日本の領土と回答しないロート製薬だ!・6月9日大阪デモ、日本国旗を掲げない韓国総領事館
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ロート製薬糾弾デモin銀座(2012年6月10日) http://sankei.jp.msn.com/region/ne..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-11 20:54
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。