【国際】激化する米無人機攻撃、「暗殺リスト」拡張で民間人犠牲者増加も CIA「民間人はほんの少ししか殺していない」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【国際】激化する米無人機攻撃、「暗殺リスト」拡張で民間人犠牲者増加も CIA「民間人はほんの少ししか殺していない」

5月最終週と6月第1週の2週にわたる新たな連続攻撃の一部として3日間行われたパキスタン米無人機攻撃で、少なくとも27人が殺害されました。

無人機攻撃が激化する1週間前には、米無人機攻撃による暗殺対象者の氏名や写真が掲載された「機密暗殺リスト」をオバマ大統領が直接監督しているというニューヨーク・タイムズ紙による報道があったところです。

賞受賞経験があり、ロンドンが本部の「調査報道ジャーナリスト協会」(Bureau of Investigative Journalism)で無人機攻撃の調査を率いる、クリス・ウッズ記者にロンドンから話を聞きます。

オバマ政権下の規定では、「事実上殺傷目標圏内とされている領域で殺害された成人男性はすべて、死後に身元が証明されない限り、テロリストなのです」とウッズは語ります。

「このことは、我々のパキスタンやイエメンでの犠牲者についての報告と、信頼されている通信社が行っている報告の間の齟齬や、民間名人は殺していない、あるいはほんの少ししか殺していないとするCIAの主張を説明するのに役立ちます。

「民間人」の定義を曲るという巧妙かつ効果的な方法を使い、民間人を殺害していないと自分自身を納得させて続けていれば、それはそのうち政策に影響を与え、さらに無人機攻撃の強化を後押しすることになるのです」とウッズは話します。

また、最近の無人機攻撃が、「パキスタンでのCIAの攻撃数の大幅な増加だけでなく、ここ1年見たことなの意ほどの激しさを見せている」と指摘します。

ソースは
http://democracynow.jp/dailynews/2012-06-05


アメリカ無人戦闘機 MQ-1 プレデター
photomu1.jpg







ビンラディン邸襲撃の時も抵抗した人いなかったと言う話しを聞く。

上層部からの命令は取りあえず全員殺せと言われていたとか・・・。

ビンラディンは降参しても、その場で殺す予定だったみたいだし、アメリカさんは少々大胆に殺し過ぎるから敵も多くなる。

疑わしきは、殺せと言う事か。

そもそも、無名の民間人だと確認しようがない。

どうせ死体はバラバラで、まともな検死もできないだろう。

殺してしまえ。

そのような感じなのであろう。


アメリカ無人戦闘機 MQ-1 プレデターこれは恐ろしい技術である。

将来的にはロボット戦争と言うような映画の中のような事態になるのかもしれない。

各国が挙って無人戦闘機の開発を行っている。

この技術の確立が行われれば戦争被害は比較的に少なくなり有益な部分の方が多くなる期待もあるが、テレビゲームのような感覚に戸惑いを感じる。

有人戦闘機が良いとは思えないが、操縦者の意識は全く別の物だとわたしは思う。

どちらにしても戦争は嫌な物だ。

戦争など起こらない平和な世の中にはならないのだろうか?

このような兵器の必要のない世の中を期待する。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本でも、ヤマハが無人ヘリを支那に売る違法行為が問題となりました。
しかし、マスコミは殆ど報道しませんでした。
Posted by coffee at 2012年06月10日 10:32

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

米WSJが河本準一を報道!話題となりアジアで一番の人気記事に!コメントには「在日朝鮮人」「パチンコ」「吉本興業とTV」梶原問題も・河本母生活保護不正受給の米国紙「The Wall Street Journal」記事のコメント翻訳
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 河本準一が世界デビュー! 米「ウォール・ストリート・ジャーナル」が日本のお笑い芸人などによる生活保護不正受給問題を掲載! ..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-10 10:33
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。