【金融】スペイン34.3兆円支援必要か 「選択の余地なし」と銀行業界 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【金融】スペイン34.3兆円支援必要か 「選択の余地なし」と銀行業界

  6月5日(ブルームバーグ):スペインは資金繰りに行き詰まった銀行を救済するため、欧州連合(EU)に資金支援を求めるべきだと同国の銀行最大手サンタンデール銀行のエミリオ・ボティン会長が訴えた。政府が自力で難題に対処できるのか疑問を呈する声がバンカーの間で高まっている。

ボティン会長(77)は、バンキア・グループを含む国有化された銀行向けにEUから400億ユーロ(約3兆9200億円)の資金支援を受ければ、スペインの銀行危機解決には十分との見方を明らかにした。サバデル銀行のホセ・オリウ会長は、脆弱(ぜいじゃく)な金融機関のためにEUの資金を利用することが「解決策になり得る」と発言。バンクインターのマリア・ドロレス・ダンカウサ最高経営責任者(CEO)もスペインに選択の余地はないとの考えを示す。

スペインの銀行・投資サービス会社、レンタ4銀行のホワン・カルロス・ウレタ会長は、「EUないし国際通貨基金(IMF)からの支援メカニズムの利用が最善の選択肢だ。銀行業界ではそうした見方がますます強まっている」と指摘。その上で、「評判に傷がつくリスクはある。困難に直面するのが一部の金融機関にすぎず、銀行業界全体は健全だと強調することが非常に大事だ」と話す。

スペインは先月のバンキア・グループの国有化によって、欧州債務危機の表舞台に躍り出た。同行がバランスシート修復のために行った190億ユーロの支援要請は、銀行セクターの損失拡大の実態とそれを吸収する政府の能力が逼迫(ひっぱく)する状況を浮き彫りにしたからだ。

多元的問題を同時処理

サクソ・バンクのチーフエコノミスト、ステーン・ヤコブセン氏は、スペインが中央政府と自治州の財政資金のニーズを手当てする救済を求めないで、銀行のための支援を受け入れるのは非現実的だと指摘。「スペインは不動産から財政再建に至るまで多元的な問題に同時に対処しなければならない。EUから400億ユーロの銀行支援を得ることで状況を解決できると考えるのはナンセンスだ」との見方を示す。

JPモルガン・チェースのチーフエコノミスト、デービッド・マッキー氏(ロンドン在勤)は5月30日付のリポートで、2014年末までの財政資金ニーズの合計額と銀行への資本注入必要額750億ユーロを合わせると、EUとIMFによるスペイン向けの包括支援策の規模は約3500億ユーロ(約34兆3300億円)に達するとの試算を明らかにした。

エクサンBNPパリバのアナリスト、サンティアゴ・ロペス氏は5月29日付のリポートで、スペインの金融システムについて、これまでに国有化された3行のバランスシート整理に300億ユーロ、他の金融機関のために150億ユーロの公的資金がさらに必要になる可能性があると分析している。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M548236KLVR401.html

スペインのGDPはおよそ100兆円位。

それで34兆円って事はよっぽどの事だ。

34兆ってスペインのGDPの34%と言う事で、地力じゃどうやっても調達できそうにない。

日本国に当てはめ単純に計算すると150兆円に相当する。

欧州各国の状況を見ていると、日本国は国際的な支援を受けずに良くなんとかもっているなって思う。

ユーロと言う統一通貨は遠からず崩壊する事だろう。

政治統合無しで経済統合など無理だと言う事がよく分かる。

経済の豊かなところ、貧しいところの差が大きすぎる。

放っておくと、地域的な経済格差は広がる一方で、それをなおも放置すれば、貧しい地域の経済は破綻し、脱落する事だろう。

それを是正するには、政治権力による強制統治が不可欠になってくる事だろう。

賛否あるだろうが、ヒトラーのような人物の登場が必要かもしれない。

戦争での残虐面ばかりが後世に伝えられ、政治的な功績は殆ど伝えられていない。

ヒトラーが政権を手にした当時、ドイツは1929年に始まった世界経済恐慌に痛めつけられ、工業生産は30年前の水準にまで落ち、失業率も30%を越えていた。

ヒトラーは、全くのマヒ状態にあったドイツ経済と600万人の失業者をかかえて、その政治をスタートさせなければならなかったのだ。

だが、ヒトラーは就任わずか4年で、夢も希望もない不況下にあったドイツ経済を、活気満ち溢れた景況に一変させてしまった。

他のヨーロッパ諸国では、数多くの失業者たちが1個のパンを求めてうめいていたとき、全ドイツ国民にパンと仕事と生き甲斐を提供したのである。

ドイツ国内の失業者は影をひそめ、1940年にはその総生産力は世界の総生産力の11%に相当するまでに至った。

ナチス・ドイツはアメリカに次いで世界第2位の経済大国にのしあがったのである。

その後は戦争を始めてしまったので問題である事は確かではあるが、このように改革できる人物は他にはいなかった事だろう。

このままだと、ユーロ圏発の経済危機が日本国をも飲み込んでしまいそうだ。

暢気には構えてはいられない。

現民主党、野田首相率いる内閣にこの状況を打開できるのか?

こんな時に経済成長を明らかに冷やすであろう消費税の増税を行う事などあってはならない。

この増税が原因で日本国も立ち上がる事の出来ない状況になるかもしれない。

今日本国が立っていられること自体が不思議な位なのに。

良い方向へ進む事を祈る。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>>ドイツは1929年に始まった世界経済恐慌に痛めつけられ、工業生産は30年前の水準にまで落ち、失業率も30%を越えていた。


イギリスにこてんぱんにやられていましたからね。
ヒトラーは大した奴です。

Posted by ケンケン at 2012年06月06日 11:54
ヒトラーは偉大でしたね。
ギリシャとかスペインとか、ある程度見捨てないと駄目でしょう。
Posted by coffee at 2012年06月06日 21:31

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

テレビ局「吉本への忠誠心見せるため河本擁護。吉本のタレントを使わなくては番組が成り立たない」・テレビは公正な番組作らない・「ミヤネ屋」の読売テレビが特に酷く6月3日「たかじんのそこまで言って委員会」も
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ “生活保護VS国会議員”どっちが税金ドロボー!? 6月3日(日)放送「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ) 画像..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-06 21:32
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。