【賃金】東京電力年収、大企業を上回る 社員平均46万円増の571万円 平成25年度 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【賃金】東京電力年収、大企業を上回る 社員平均46万円増の571万円 平成25年度

 東京電力が、平成25年度の社員一人当たりの平均年収を571万円と、今年度より46万円引き上げることが31日、分かった。申請中の家庭向け電気料金値上げのコストに織り込んでいる。今年度見送った夏の賞与を来年度は復活させる前提で原価を見積もったため。値上げ審査のなかで批判を受けそうだ。

 東電が経済産業省に示した10・28%の家庭向け料金値上げの原価構成によると、24〜26年度の社員一人当たりの平均年収は、「大企業平均を下回る」という556万円だった。

 東電は、今年度の夏の賞与については支給を見送る一方、今冬や来年度については「組合との合意ができていない」として支給を計画。25年度の平均年収は571万円と、逆に大企業平均を上回る。

 有識者らによる値上げ審査の専門委員会では「公的資金が入った企業の給料とは思えない」などとすでに批判が噴出していた。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120531/bsd1205312204023-n1.htm

平均年収って言うのがミソで、は東京電力社員みんなが同じ金額じゃない。

社員のやる気なくすから下げられないって東京電力は説明で言っているけど、社員であり、現場作業している奴らそんなにいないだろと思う。

実際に現場にて作業している社員の方々には確かにある程度しょうがないと思うけど、殆どの現場作業は外注で下請け会社が行っている事実もある。

営業や広報、名ばかりの現場監督なんて、後管理職の社員の給与はもっと減らすべきだ。

今の半分くらいにしてもまだ多いと思う。

平均年収の陰に隠れて巨額の給与を得ているそんな奴らが大勢いると私は思う。

上と下の差がありすぎる。

身を切る努力もせず 総括原価主義とかの方式で安易に電力料金を値上げするなどもってのほか。

国民の税金を注ぎ込んだり国有化するだけでは体質は変わらない。

まず破産手続きをとる必要がある。

これらの話はそれからだ。

日本国民全ての納得など得る事は不可能だろうが、この東京電力の給与体系に不満を持つ人は多い事だと私は思う。

電気料金の値上げを要求している以上、給与のUpは認められない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
東京電力にはそれほど罪は無いと思います。
悪いのは、全く避難させる必要のない福島県民を大量に無理やり避難させている政府です。
Posted by coffee at 2012年06月02日 11:06
破産手続きに同意。

Posted by ケンケン at 2012年06月02日 12:41

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

吉本興業は反社会的勢力!ミヤネ屋の読売テレビとスポンサーに電凸!梶原雄太「ホントにギリギリ」・専門家「キンコン梶原の月40万、母親にあげてたわけじゃないから不正受給じゃない」・加藤浩次「不正じゃない!」
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 反社会的勢力「吉本興業」のキングコング・梶原雄太 http://www.j-cast.com/tv/2012/05/..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-06-02 11:07
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。