【宇宙】 "海外から初受注の韓国衛星搭載" H2Aロケット21号機打ち上げ 韓国の衛星を分離…朝日新聞 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【宇宙】 "海外から初受注の韓国衛星搭載" H2Aロケット21号機打ち上げ 韓国の衛星を分離…朝日新聞

 初めて海外から受注した韓国の衛星を載せたH2Aロケット21号機が、18日午前1時39分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。韓国の多目的衛星「アリラン3号」と日本の観測衛星「しずく」を分離し、海外衛星の商用打ち上げに初めて成功した。

 海外衛星の打ち上げビジネスへの参入は、日本のロケット開発の長年の目標だった。打ち上げを請け負う三菱重工は今回の成功で弾みをつけたい考えだ。

 「アリラン3号」は高性能の撮影機器で地上の詳細な画像を撮れる。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「しずく」は地球上の水の動きを調べ、豪雨や台風予報の精度向上に役立てる。

 九州工業大(北九州市戸畑区)とJAXAの小型衛星2機も一緒に打ち上げられた。H2Aの打ち上げ成功はこれで15回連続、通算20回。失敗は1回だけだ。



第一期水循環変動観測衛星「しずく」を載せたH-IIAロケット21号機の打ち上げの模様



忙しい人や打ち上げの部分だけを楽しみたい方はこちら



これまでの成功率95%。

21回ロケットの打ち上げを行って1回しか失敗してない。

日本国のロケット打ち上げ技術も大したものだ。

ただ、少し前はその1回の失敗のせいで、日本の宇宙産業はダメとか、もう失敗したら終わりとかアホな人達が騒いでいただけ。

この打ち上げ成功によりビジネスとしてのロケット打ち上げにも期待が出来る。

宇宙にはロマンが有る。

後は有人飛行のみだJAXA、三菱重工の皆様初め、日本国の宇宙開発に携わる企業には頑張って頂きたい。

今回はしずくも成功で良かったけど、ロケットなどの宇宙開発分野では他国にかなり負けている。

まったく違うけど探査機のはやぶさは凄かった。

ロケットはエンジン開発で決まると言う話しだ。

タンクローリー4台分の燃料を一気に混合して一分間で吐き出すホンプ。

排気ターボ噴出器のエンジンの出来次第でロケットの打ち上げが成功するか、失敗するかが決まる。

5分間だけ壊れずに持てば良いそんなエンジンの開発。

普通で考えればロケット打ち上げによる高熱で2〜3分で壊れてしまうようなエンジンだ。

ここにロケット打ち上げの技術の全てが詰まっている。

ロケットエンジンホンプで24時間連続運転しても壊れない物が作れたらジェットエンジンに取って代われぐらいの代物じゃないかな。

後は人間が耐えられるかどうかが心配だが・・・。

日本国も無駄な事に資金を使わないで、こういう事におカネをもっとつぎ込めば良いと思う。

さらなる技術の飛躍にはそれなりの資金も必要になる。

今後の日本国に置ける宇宙開発事業に期待する。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
法則が発動しそうで怖かったのですが、無事成功しました。
Posted by coffee at 2012年05月19日 07:10
法則が発動するか懸念されましたが、無事に成功しました。
Posted by coffee at 2012年05月19日 07:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

河本準一母の生活保護不正受給疑惑報道について吉本興業が重要なお知らせ「重大な人権侵害」「援助すべき親族が複数いる」「現在は受給してない」、「違法行為はない」「本人に精神的負担」・片山さつきが早速反証!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 5月17日早朝、読売テレビ「す・またん!」で報道 駒井レポーター「4月まで貰ってたと」 辛坊「え?先月まで? それが事実..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-05-19 07:11
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。