【雇用】就活失敗し自殺する若者急増…4年で2.5倍に - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【雇用】就活失敗し自殺する若者急増…4年で2.5倍に

 就職活動の失敗を苦に自殺する10〜20歳代の若者が、急増している。

 2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。

 警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前のメモなどから詳しく分析。10〜20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8〜9割を占め、昨年は、特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。

 背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。

20120508-621810-1-L.jpg


ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120508-OYT1T00690.htm

私から言わせれば甘すぎる。

この今の時代よりもきつかった、就職難の時代は有ったのだ。

下にまとめてみた。

卒業年度******倍率******求人数******就職希望学生数
1989年3月卒 2.68   704,100人  262,800人←世界一の好景気時代

2000年3月卒 0.99   407,800人  412,300人←求人倍率過去最悪の就職難
2001年3月卒 1.09   461,600人  422,000人
2002年3月卒 1.33   573,400人  430,200人←求人数の回復は派遣・請負の激増
2003年3月卒 1.30   560,100人  430,800人←内定率過去最低55.1%の日本記録
2004年3月卒 1.35   583,600人  433,700人
2005年3月卒 1.37   596,900人  435,100人
2006年3月卒 1.60   698,800人  436,300人←好景気の始まり(〜2010卒)
2007年3月卒 1.89   825,000人  436,900人
2008年3月卒 2.14   932,600人  436,500人←団塊退職&好景気
2009年3月卒 2.14   948.000人  443,000人←史上最高の求人数 95万件
2010年3月卒 1.62   725,000人  447,000人←サブプライム不況後も売り手維持
2011年3月卒 1.28   581,900人  455,700人←内定率悪化は大企業志望一辺倒の
指摘有り

2012年3月卒 1.23   559,700人  454,900人
2013年3月卒 1.27   553,800人  434,500人←学生が中小企業に目を向け始めた
と報道される


氷河期世代→完全自己責任

ゆとり世代→完全社会責任

氷河期世代は無かったことにされている。

どんなに求人数や有効求人倍率が低くても社会の目は厳しく同情されない。

ゆとり世代であればAOとか進学も簡単で就職も社会が面倒見てくれて職業訓練もしてくれたり金くれたり手取り足取り超楽だ。

どんなに失敗しても世の中が擁護してくれるので何度でも再起可能。不具合は全て社会のせいに出来る。

氷河期世代は次々起こる理不尽不条理を社会のせいに出来ず、ただ耐え続けるしかない。

2000年卒(求人数40万:世代人口180万人:内定率5割台)に対する対応

「仕事などいくらでもあった、選んでるんだろ、甘い、すべて個人の責任だ、既卒は死ねよ捗るぞ」

2010年卒(求人数72万:世代人口120万人:内定率6割台)に対する対応

「仕事など全く無いからね、就職できなくて当然、政治が悪い、かわいそうに、3年間新卒扱い」

いつからいつまでが氷河期だなんて一般的には知られていない。

一般的なイメージとしてはバブル崩壊から阪神大震災あたりまで(1993-1995)が氷河期で、そしてこの4〜5年(2007-201X)が氷河期だとなっている。実際はまるで違う。

最も酷い時期が忘れられている。

※正しくは1994-2005が氷河期 2006-2010が超売り手 2011-が手厚い保護があるので氷河期かどうか議論のあるところ

雇用問題に関心のある人ならある程度どの辺りの年代が一番就職難なのかわかっているだろうが、リアル社会ではそうではないのだ。

リアル社会では決してゆとり世代を批判してはいけないという風潮がある。

この流れが止まることは無く、今後はゆとり世代のみが悲惨というイメージに固まっていくだろう。

「いい学校に入っていい会社に入ればいい人生が送れる」って言われ続け、生きてきた子供達。

親世代がその幻想を捨て切れず、他の生き方も知らないから子に提示できない。

その考え方だと、企業が採用を絞れば多くの労働者が自分を安売りするしかなくなるし、レールからはずれたらいい人生が送れない=じゃあ死のう、となる。

何とも情けない国になってしまったものだ。

このような彼ら、彼女らを作ったのはこの世の中な訳で、世の中が悪いのは確かでは有るが、それを棚に上げて自らの死を選ぶのはどうかしている。

死ぬ事は簡単にできる。

死ぬ前に一度で良いから死に物狂いで何かを頑張ってみる必要がある。

まだ死ぬには早すぎる。

氷河期世代の人達も頑張って生きている。

大企業への就職だけが人生のゴールではない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
一番悪いのは、消費税率を上げようとしたり、外国にばかり金を使う政府だが、就職できないくらいで死ぬのは情けない。
求人はあるのだから、気が乗らなくてもまずは飛び込んでみろ。
Posted by coffee at 2012年05月10日 21:11

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

猫ひろしの五輪消滅、国際陸連が資格なしと判断…マラソン・カンボジア国籍を金で取得も、国際陸連規定の連続1年の居住実績なく、理事会による特例承認の理由もなし・創価学会の応援空しく、金儲け五輪ビジネス失敗
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 【マラソン】猫ひろしの五輪消滅、国際陸連認めず http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/et..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-05-10 21:13
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。