【自動車】2気筒で軽量化、開発に本腰 トヨタはHV試作、新たな低燃費技術 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】2気筒で軽量化、開発に本腰 トヨタはHV試作、新たな低燃費技術

自動車業界では、新たな低燃費化技術として、エンジンの2気筒化に注目が集まっており、各社が開発を急いでいる。国産車では3気筒以上で、2気筒エンジンはないが、トヨタ自動車が2気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車(HV)の試作モデルをこのほど公開したほか、ダイハツ工業も小型スポーツカーに同エンジンの採用を決めた。スズキや日産自動車、ホンダでも実用化を検討している。

 2気筒エンジンは、1970年代半ばまでは、軽自動車を中心に採用されていた。だが、90年に軽自動車の規格が550ccから660ccに引き上げられたのを機に、3気筒や4気筒に移行し、現在国産車で、2気筒エンジンはない。高速運転には、多気筒の方が出力がよくなるためだ。

 しかし、自動車の低燃費競争が激化し、基本的なガソリンエンジンの燃費性能引き上げが重視されるなか、気筒数の削減がクローズアップされた。

 気筒が少なければ、内部抵抗を少なくでき、エンジン自体も軽くなるため、2気筒エンジンの有用性が再確認されている。

 トヨタは3月に開催されたジュネーブモーターショーに2気筒HVを出展。排気量は1000ccで、ガソリン1リットル当たり60キロ走行できるという。トヨタの「プリウス」の32.6キロ、「アクア」の35.4キロに対して、倍近い性能をもつ。4〜5年後の商品化を目指す。

 ダイハツも現在最終開発中の小型スポーツカー「D−X(ディークロス)」で、2気筒エンジンの採用を決めた。2気筒は、4気筒、6気筒に比べ、騒音や振動は大きいとされるが、「スポーツカーではそれも魅力になる」(関係者)という判断だ。

 さらにスズキも800ccの2気筒ターボエンジン搭載の「レジーナ」を開発中だ。

 自動車大手では2010年に、伊フィアットが「フィアット500」で2気筒エンジンを採用し、燃費性能向上で評価が高まっており、各社が積極的に取り入れようとしている。(平尾孝)

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120508/bsa1205080500000-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120508/bsa1205080500000-n2.htm

トヨタ自動車がジュネーブモーターショーに出展した2気筒エンジン搭載ハイブリッド車「FT−Bh」

bsa1205080500000-p1.jpg


初代パブリカや、ホンダN360の時代に戻るだけのようだ。

初代パプリカ

8600bc52-ffa4-4d36-9c89-70dd6de9cb33.JPG


ホンダN360

29727157.jpg


しかし、初代のパブリカ、700cc空冷水平対向二気筒で、燃費は今のプリウスなど問題にならないくらい良かったと聞く。

スピードは、100km/h出るか出ないかだったが・・・。

エンジンマウントがどれだけ振動を遮断できるかにかかっていると思うが、そういう技術は当然3気筒モデルにも応用されて「2気筒は振動が多くてうるさい」という評判からどこまでいっても抜け出せないかと思われる。

シリーズハイブリッド用だと一定回転でしか回さないからマウントが楽になってさらに特定の回転域使わなければ不等爆でもOKなので180度クランクが使えて一次振動抑えられる。

という皮算用を欧州では行っているが、どうであろう。

スポーツモデル、もしくは劇的に燃費がいいなどの少量機種じゃないと商売的にはちと難しいのではないかな。

「フィアット500」で2気筒エンジンの音を聞いてみてほしい。

これは耕運機のような音でとても快適な音とは思えない。





私はこの2気筒エンジン好きになれそうにない。

ハイブリッドだったら同じ回転数でずっと回っていればいいわけなんで騒音や振動をクリアするのに、かなりハードルは下がると思う。

トヨタの場合はプラネタリーギアを利用したスプリット方式だから、エンジンは同じ回転数で回り続け、必要な回転数だけ抽出するとかができる。

そこで足りなかった分のトルクはモーターで補うと言う事が出来る。

フォードがハイブリッド・プラグインハイブリットを独自に量産化するという。

トヨタともHVの開発提携中。

中国がハイブリットに必要なレアメタルを輸出規制した。

フォードと中国も本命はハイブリット、プラグインハイブリットになると見ているのではないか。

トヨタは、HVヴィッツ燃費1L43`を160万で出すという。

ホンダもあの価格でフィット・ハイブリットを出してきたし、ハイブリットのソフトウエアの開発費は大量生産をする程、安くなり、開発費を回収できる。

また、トヨタのハイブリットは変速機が要らないのもコスト削減に繋がる。

そして、価格が高いハイブリットやプラグインハイブリットが中古車になって廃車まで25年走るとすると相当な量のガソリンが節約になる。

新車で乗る人の走行距離だけだったらコストパフォーマンスは凄く高くない。

中古車で乗られる分を計算すると凄いコストパフォーマンスになる。

また、ガソリンが高騰すればするほどハイブリット車、プラグインハイブリット車が必需品になる。

壊れないHVヴィッツが中古車として新興国で普及し出したら欧米の自動車メーカーは驚愕する。

電気自動車が既存の自動車を駆逐するとも言われる。

まだ石油が枯渇していない段階では電気自動車の充電設備のインフラ整備は進まない。

充電のインフラが無い所で電気自動車を普及させるにはプラグインハイブリットを普及させれば良い。

これだったら短距離走行や充電インフラがある所は、燃費を限りなくゼロに出来る。充電インフラが無い所の走破性は最強である。

プラグインハイブリットだったら途上国の地の果てでも走れる。

また、藻などからもしバイオ燃料が効率的に生産されだしたらプラグインハイブリットが本命になるのではなかろうか?

よって日本国はプラグインハイブリット車の開発を頑張った方が良いと思う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
子供の頃、我が家のマイカーはパプリカでした。
懐かしいです。
Posted by coffee at 2012年05月09日 08:09

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

猫ひろしの五輪消滅、国際陸連が資格なしと判断…マラソン・カンボジア国籍を金で取得も、国際陸連規定の連続1年の居住実績なく、理事会による特例承認の理由もなし・創価学会の応援空しく、金儲け五輪ビジネス失敗
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 【マラソン】猫ひろしの五輪消滅、国際陸連認めず http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/et..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-05-09 08:09
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。