【京都・無免許事故】運転免許を持っている少年が飲酒→逮捕少年が運転することに - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【京都・無免許事故】運転免許を持っている少年が飲酒→逮捕少年が運転することに

京都府亀岡市で、登校中の小学生の列に軽自動車が突っ込み10人が死傷した事故で、逮捕された3人の少年は、事故を起こす前にほかの5人の同級生らと遊んでいて、その際、運転免許を持っている少年が酒を飲んだために、逮捕された少年が無免許で運転することになったことが、関係者への取材で分かりました。

今月23日の朝、京都府亀岡市篠町で、集団登校していた小学生の列に軽自動車が突っ込み、2年生の女の子と26歳の女性が死亡、8人がけがをした事故では、無免許で車を運転したなどとして、18歳の少年ら3人が逮捕されています。

これまでの調べで、3人はほかの5人の同級生らと合わせて8人で、前日の夜からドライブをしていましたが、関係者によりますと、事故を起こす前には京都市内のボーリング場で遊んでいて、その際、運転免許を持っていた少年が酒を飲んだということです。

その後、この少年を含む6人が定員4人の車に乗ることになり、逮捕された少年が無免許で運転することになったということです。

酒を飲んだ少年らは事故の前に車を降り、最後に乗っていた3人はいずれも免許を持っていなかったということで、警察は、事故に至るいきさつをさらに調べています。

ソースは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120426/k10014749881000.html

免許持っていた奴らだけが酒飲んでいたのか?

無免許の奴らが酒飲まない理由はなんだ?

運転免許もちだけが飲酒したとは到底思えない。

六人いたなら全員飲んでいただろう事が想像できる。

仕方なく運転免許の無い奴が運転した。

と言うのは嘘だと思う。

それに、飲酒運転は禁止って知っていたのに、無免許運転は禁止って知らなかったのか?

大体、この事故車を借りて来た当人の『山下連』が無免許だったと言う事実もある。

飲酒運転で死亡事故だと危険運転致死傷罪で1年以上20年以下の懲役に同乗者にも危険運転致死傷の幇助の罪が問われる。

日が経つにつれ、だんだんと賢くなってきたな。

最初は「一晩中運転していた」と言っていたのに・・・。

弁護士が入れ知恵しているのだろう。

少年の更生に期待するなら、洗いざらい正直に吐かせて反省させるのが大人の役目じゃないのか?

何かがおかしい。

この免許所有の少年って言うのが、車を貸したと言われているとうの本人のようだ。

だから「貸したのが2、3日前で執拗に言われた」はウソになる?

仲間内でウソついてもみ消そうと必死になっている。

情報が錯綜してきている。

車所有者は無理矢理車持ってかれた→実は所有者は一緒に遊んで酒飲んだから。

別の無免許『伊津和真』に運転させたの流れになっている。

これからも色々な情報が出て来そうだ。

本当のところはまだまだ分からない。

これでは被害者の方達が報われない。

加害者は被害者に対して本当に申し訳ないと反省しているのならば、素直に全てを話すべきだ。

これでは感情的にも、許す事など出来ない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。