【社会】「死んで償ってもらう」死亡妊婦の夫 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】「死んで償ってもらう」死亡妊婦の夫

 23日午前8時ごろ、京都府亀岡市篠町の府道で、集団登校中の小学生ら10人の列に軽乗用車が後ろから突っ込んだ。この事故で小学2年の女子児童(7)と登校に付き添っていた女性(26)が死亡。女性は妊娠7カ月だったが、胎児も助からなかった。(サンケイスポーツ)

 集団登校列の最後尾で児童に付き添っていた京都府亀岡市の松村幸姫(まつむら・ゆきひ)さんが、18歳少年による無免許居眠り運転の車に命を奪われた。妊娠7カ月。お腹の中にいた3人目の子供も犠牲となった。「加害者には死んで償ってもらう」。最愛の妻を失った夫は声を絞り出した。同じく死亡した安詳小学校2年、小谷真緒さんの祖父は「何をおいても犯人が憎い」と唇をかんだ。あってはならない悲劇が繰り返された。

 心待ちにしていた新しい家族をお腹に宿したまま、松村幸姫さんは帰らぬ人となった。妊娠7カ月。今夏に出産予定だった。

 「また女の子や。健康やったらいいな」

 夫の晶史さん(28)と喜び合い、名前を考えていた日々。長女に付き添った春の通学路で命を絶たれた。

 「頑張って行ってきいや」。23日朝、晶史さんは4月に小学校に入学したばかりの長女、蒼愛(そあら)さんと幸姫さんを見送った。まだ慣れない登校にぐずってしまう蒼愛さん。集団登校の正式な付き添いではなかったが、幸姫さんが途中まで見送る。それが家族の新しい朝の風景だった。

 少したつと、幸姫さんが家に置いていった携帯電話が何度も鳴った。近所の人から「車が突っ込んだ」という連絡だった。慌てて駆け付けた現場で、まだ意識がある幸姫さんは「足が痛い」と何度も訴えた。

 「頑張れ!!」

 晶史さんは、救急車で名前を呼びながら励まし続け、近隣の広場で待機していたドクター・ヘリを見送ったが、妻は搬送先の病院で息を引き取った。白い布に包まれた遺体は23日午後11時半すぎ、車で自宅に運ばれた。無言の帰宅だった。

 幸姫さんは中高生のときはテニス部に所属。3月末まで同府南丹市の歯科医院で働いていた。「マイペースで優しい妹だった」と兄の中江龍生さん(28)。最後に一緒に食事をした先週、生まれてくる3人目の子について話が弾んだ。父の建設業、中江美則さん(48)も3人目を楽しみにする姿を覚えている。「悔しいやろな」と娘を思い、突然の別れに「残念です」と声を震わせた。

 「優しくて、よくやってくれた」とはにかむような表情で幸姫さんを語った晶史さん。「加害者には死んで償ってもらうしかない」。突然逝った妻が着ていた服を腕に抱え、声を振り絞った。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120424/dst12042407040002-n1.htm

「悔しくてたまらない」真緒さんの祖父

 京都府亀岡市の府道で、集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込んだ事故。事故にあった同小2年の小谷真緒さん(7)は、現場からドクターヘリで搬送されたが、そのなかで幼い命を落とした。

 近所の主婦(30)は「私を見つけると、『あっ』と大きな声を上げて、駆け寄ってくれた。活発で面倒見もよくて、よく自分より小さな子供と遊んでくれていた。あんなにかわいい子供がひどい目にあうなんて。家族の気持ちを思うと、いたたまれない」と涙ぐんだ。

 また、真緒さんの祖父(62)は「真緒は元気で活発な子だった。死んでしまったなんて、悔しくてたまらない」と唇をかみしめていた。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120423/waf12042323210038-n1.htm

冷静になって考えて見てもと死刑が妥当だと思う。

無免許でつかまった経験が全くその後の人生の教訓になってない事を鑑みればこの事件で無免許三人組が懲役刑を終えて出所してきても良い影響があると思えない。

結局人は変わらない。

目には目を、歯には歯を!

無免許運転に法改正してもっと厳しい罰則規定をもうける運動するべき。

無免許運転で今後もどれだけの命が奪われるかわからない。

国がただ免許を持ってないと軽く罰則で終わらして放置してきた部分もある。

無免許運転で軽い罰則ならまた繰り返すだけ。

国が重大事故を起こしかねないものを放置してきたのも悪いじゃないと次がまたあるよすぐに・・・。

突然、家族を失って気持ちの整理もつかないまま、何か言えってマスゴミにつつかれる。

晒し者になる覚悟で話すことは、大変なことだよな。言葉は悪いかもしれないけど、十分に理解できた。

隣でマスクしながら話を聞くグズ記者に怒りが沸いた。

被害者の名前しか出ていない状況に怒りを覚え、ここに加害者の名前を記す。

●伊津和真(運転) 1994/1/12=生後18年
 親離婚で兄と父と三人暮らし。定時制高校1年で中退。

●山下連(後席)大学生生後18年 
 友人から無理やり新車を借りた裏主犯。 南丹高校出身

●今西寿希也(助手席)京都美容専修学校生 1994/3/14=生後18年
 南丹高校出身

この無免許3人組は今頃になって事の重大さに気づいたのではないだろうか?

現在はインターネットという情報網がある為に、調べようと思えば殆どの事が分かる時代になっている。

悪い事など出来ない。

法律で裁けないのなら、みんなで裁こうではないか。

社会的抹殺。

私も2児の親である為に怒りの感情が抑えきれない。

もしも自分の子供達、妻がと考えれば普通ではいられない。

こんな事件は二度と起こってはならない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本の刑法は総じて甘すぎると思います。
また裁判では更正させる事が重んじられているようですが、犯人には何より先に罰を与えるべきです。因果応報でなければなりません。
Posted by at 2012年04月25日 10:54
>>目には目を、歯には歯を!

同意!
Posted by ケンケン at 2012年04月25日 12:38
私も同意!
人を死に至らしめた者は死をもって償うべき!
殺人でも人数によって刑罰が異なるなんておかしい。何人死なせたとか関係ない。
遺族にとっては理由がどうであれ「殺された」には違いない。
Posted by 9ちゃん at 2012年04月25日 15:59
仇討制度を作って、家族に仇討をさせる方が良いです。
今回の事件は、「未必の故意」による殺人罪を適用して死刑にするべきです。
Posted by coffee at 2012年04月25日 23:32
死刑当然。または加害者の生殺与奪の全権を被害者へ与える。
基本無免許で人を殺めたら『死刑』を基本事項とすべき。今後同じ過ちを犯さないためにも。
不可避の事故なら情状酌量の余地もあるが、今回は言語道断。
Posted by 直介 at 2012年04月27日 08:00

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

ドラマチック3.6%フジ花王単独スポンサー「家族のうた」の視聴率・初回6.1%から第2回3.6%に駄目押し大暴落!・日曜ゴールデンタイムで3.6%は笑うしかない!・「嫌なら見るな!」「嫌だから見ない!」
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビ「家族のうた」視聴率3.6%! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2012..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-25 23:32
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。