【企業】 「なぜ、ソニーは今のようなソニーになってしまったのか?その答えは」…NYタイムズ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【企業】 「なぜ、ソニーは今のようなソニーになってしまったのか?その答えは」…NYタイムズ

ほんとに何があったんでしょうか...。

この10年で、ソニーは最強のテクノロジー企業のひとつから4年連続赤字会社へと急降下してきました。今やソニーはコンシューマーエレクトロニクス分野で持っていた優位性のほぼすべてを失ってしまった...とは言い過ぎかもしれませんが、一体どうしてこんなことになってしまったんでしょうか?

その答えについて、週末のニューヨークタイムズで良くまとめられた記事がありましたので、抜粋してご紹介します。

何が間違っていたかといえば、さまざまな機会の逸失、悲惨なほどの内部対立、という話になります。また、誇り高きソニーという企業が、グローバル市場の現実に適応する意志も、能力もなかったという話でもあります。

手厳しいですね...。

ソニーの最大の誤りは、この10年間起こってきたイノベーションの大きな波に乗れなかったことです。その波とは、デジタル化、ハードからソフトへのシフト、そしてインターネットです。

ハードウェアからソフトウェア、コミュニケーション、コンテンツまで、ソニーが事業を行なってきた全領域は、それぞれの分野の破壊的新技術、そして新興の競合他社によってめちゃめちゃにされてしまいました。そしてそうした変化は、ソニーにおいては内部対立・分裂を強めただけでした。

わかりやすい事例は、MP3プレイヤーでしょう。ソニーは技術的にもコンテンツホルダーとしての立場的にも、iPodのようなデジタル音楽プレイヤーをアップル以前に発売できたはずでした。ソニーの共同創業者・盛田昭夫氏は、1980年代にコンテンツとデジタル技術の融合を予見していました。にもかかわらずソニーはその先陣を切ることはできませんでした。音楽や映画などのコンテンツを持つグループ企業からの猛反発に合い、彼らを納得させる形態を模索しながら開発せざるをえなかったのです。しかもその結果できたものはMP3フォーマットと互換性がなく、ユーザーにとって使い勝手の悪いものでした。

そんなソニーの誤りを、ニューヨークタイムズでは3つにまとめています。ひとつめは、革新的なハードウェアを開発することにこだわりすぎ、製品をタイミングよくリリースできず、ソフトウェアもなおざりにされていたこと。ふたつめに、製品数が膨大で、機能が重複するなどユーザーにとってわかりにくくなっていること。3つめに、音楽や映画、ゲームなどのコンテンツを別々のプラットフォームで提供し続けるなどオンライン戦略に一貫性がなかったこと、です。

ハードもソフトもコンテンツも押さえていることが強みかと思いきや、お互いが足を引っ張り合ってしまったんですね...。現在ソニーは、新CEOの平井一夫氏の下で立て直しを図っています。彼はソニーの戦線をスリム化し、スマートフォンやタブレット端末、カメラやゲーム機まで含めたモバイルデバイスに集中させようとしています。大変な仕事ですが、「ソニーの新製品」と聞いただけで何かすごそうだったあのワクワク感を取り戻せるよう、がんばってほしいです。


参考記事:http://www.nytimes.com/2012/04/15/technology/how-sony-fell-behind-in-the-tech-parade.html?_r=2&pagewanted=all [New York Times]
miho

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000303-giz-ent

iPodのような製品をつくれても日本では普及できなかったと思う。

なぜなら日本の音楽産業界からのデジタル化への抵抗があったから。

だからiTuneのようなビジネスモデルもできなかった。これをソニーのせいにするのは、かわいそうだ。

日本全体の問題だと思う。

どっちにしても、ソニーが地に落ちた理由は、外資に買われたからが一番ではなかろうか。

風土が昔と比べて180度変わり、社員の士気も落ちた。

これが一番の原因だろう。

日本の自動車業界は「アメ車来るなら来いや」と堂々と言えるくらいの商品力があるから、地震やタイ洪水で大打撃受けても未だに連結黒字でいられる。

企業体力もある。

今の電機業界が外に向けて同じことを言えるか?

白物家電はコストパフォーマンスで負け、TV・携帯電話は韓国勢に追いつかれ、PCは台湾・中国勢に食われ…etc。

もう完全に自信を失っている。

私が今密かに期待している製品が今後ソニーから販売される予定である。

商品名はnasne
http://nasne.com/

20120417231211.jpg


SCEは4月17日、「nasne」(ナスネ)を発表した。

録画番組をネットワーク配信するメディアサーバだ。7月19日に発売予定で、価格は1万6980円。

地上/BS/CS対応のチューナーと500GBHDDを内蔵したレコーダー。

放送そのままの画質で録画するDRモードと3倍の長時間モードに対応している。

ただし、nasne自体はHDMIなどの映像/音声出力を一切持たず、録画予約や再生といった操作はすべてネットワーク経由で行う。

クライアントとして利用できる機器は、PlayStation 3、Vita、VAIO、Sony Tablet、Xreriaとなっている。

nasneを家庭内ネットワークに接続すると、PlayStation 3やVAIOの専用アプリケーションからデジタル放送の録画予約や再生が可能になる。

さらにnasneで受信したデジタル放送のリアルタイム転送(ライブ視聴)にも対応。

しかも2ストリームの同時送出に対応しているため、例えば家族がリビングルームのPS3で録画番組を再生していても、個室のSony Tabletでライブ視聴が行える。

この商品には脱帽ものだこんなに機能がたくさんあるのに値段も手頃でソニー製品を使っている私にはとても売れいい事だ。

この商品は売れそうだ。

私も予約完了で、発売されるのが待ち遠しい。

この商品がソニーの復活の鍵となる事を私は期待する。

ソニーよ頑張れ。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>イノベーションの大きな波に乗れなかったことです

それは事実です。
ただ、もっと重大な原因は、韓国メーカー(サムスン)と組んだことです。
絶対法則に勝てるわけがない。
Posted by coffee at 2012年04月20日 22:39

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

日本も攻撃圏、韓国ミサイルと「日本海」呼称変更工作
Excerpt:  韓国が実戦配備済みのミサイルが公開された。 『韓国国防省は19日、北朝鮮全域を射程圏に収める新型巡航ミサイル「玄武3」と弾道ミサイル「玄武2」を公開し、実戦配備済みであると発表した。北朝鮮の軍事的..
Weblog: 日本は危機的な状態です!
Tracked: 2012-04-20 21:46

社説盗作?石原批判が酷似!19日は全国一斉に石原都知事の東京都による尖閣諸島購入を社説で批判・福井新聞と宮崎日日新聞の社説は瓜二つ!パクリか?・新聞社は共同通信から【社説】まで買うのか?
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ まずは黙って「福井新聞」と「宮崎日日新聞」の4月19日付【社説】を読んで頂きたい。 http://www.fuk..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-20 22:40
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。