【ナイジェリア】「赤ちゃん工場」を摘発=少女らに出産させ売り飛ばす - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ナイジェリア】「赤ちゃん工場」を摘発=少女らに出産させ売り飛ばす

 【ラゴスAFP=時事】ナイジェリア南部アクワイボム州で「赤ちゃん工場」と呼ばれる違法な児童施設が摘発された。警察が14日、明らかにした。生まれた赤ん坊を売り飛ばすことを目的に少女らに出産させていたとみられている。
 警察によると、内部情報を基に4日に家宅捜索を行い、18〜20歳の少女や若い女性7人を保護。うち3人は妊娠していた。逮捕された施設オーナー夫妻ら3人は「1回の出産につき7万ナイラ(約3万6000円)の報酬を少女らに約束していた」(警察)という。 

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000012-jij-int

このナイジェリアという国は昨年も全く同じ事件で摘発されている犯罪者がいる。

「赤ちゃん製造工場」を摘発、少女32人を保護 ナイジェリア

【6月2日 AFP】ナイジェリア南東部アビア(Abia)州の警察は1日、新生児を人身売買する目的で10代の少女たちに妊娠・出産させていた通称「赤ちゃん製造工場」を家宅捜索したと発表した。

 15歳から17歳の少女らが子どもを妊娠・出産させられているとの通報を受けた警察は前月29日、アバ(Aba)にある「クロス・ファウンデーション(Cross Foundation)」の施設を捜索し、妊娠した少女32人を保護、施設長を逮捕したという。

 少女の何人かは、警察に対し、産んだ赤ちゃんを性別に応じて1人あたり2万5000ナイラ〜3万ナイラ(約1万5500円)で売りさばく話を持ちかけられたと話している。人身売買を監視する国家機関「NAPTIP」によると、赤ちゃんはバイヤーに1人あたり30万ナイラ〜100万ナイラ(約15万5000円〜52万円)で売られていた。

 施設長は児童虐待と人身売買の罪で起訴される見込み。赤ちゃんの売買は違法行為であり、有罪になれば禁固14年の刑が科される可能性がある。

 西アフリカでは、児童の人身売買が横行している。多くは農園や鉱山、工場の働き手として、家政婦として、あるいは売春婦として売られるが、黒魔術の儀式用に殺害または拷問を受けるケースもある。NAPTIPによると、ここ最近は違法な養子縁組が結ばれる傾向が見られるという。(c)AFP

ソースは
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2803663/7289800

ナイジェリアで横行する「赤ちゃん売買」、その背景にあるものとは

【11月12日 AFP】ナイジェリア南東部の大都市、エヌグ(Enugu)の住民は、日中は静まり返り夜になると人の出入りが激しくなるその産科医院のことを、不審に思っていた。誰一人として知らなかったのだ。その正体が、赤ちゃんを売買するための施設であることを。

「赤ちゃん農場」「赤ちゃん工場」とも呼ばれるそうした売買施設のネットワークが存在することが、最近になり警察の摘発によって明らかになった。エヌグにあるこの医院では、5月の摘発で10代の少女20人が保護された。2階建ての医院には、現在シャッターが下ろされている。

 地元紙の報道によると、逮捕・起訴された50代の産婦人科医は、望まぬ妊娠をした少女たちを「中絶をしてあげる」と言って誘い込み、医院に監禁。出産後は、その親である少女に約2万ナイラ(約1万7000円)を支払って新生児を取り上げた。新生児はその後、1人あたり30万から45万ナイラ(約25万-38万円)で業者に売られていたという。 

 人身売買される新生児の数は不明だが、人身売買を監視する国家機関「NAPTIP」は、こうした売買は犯罪組織により想像以上に広く行われていると指摘する。売買は長らく行われてきたが、NAPTIPがNGOの指摘により初めて事件を把握したのは2006年12月のことだった。

■妊娠した10代の少女を医院に監禁

 売買は、さまざまな形で行われている。望まぬ妊娠をして「村八分」を恐れる少女が、クリニックに言葉巧みに誘い込まれ、新生児を手放すことを強要されるのが一般的だ。

 犠牲者の1人となったある18歳の少女が、恐怖の1週間の体験を語った。妊娠5か月のときにクリニックに誘い込まれた少女は、中に一歩足を踏み入れたとたんに注射を打たれ、意識を失った。起きたとき、自分がレイプされたことに気づいた。医師に「自分の居場所を知らせるために家族に電話をしたい」と申し出ると、顔を殴られ、19人の少女が閉じ込められている部屋に押し込まれた。みんな、自分と同じ経験をしていたことを知った。少女は翌日も医師にレイプされたという。1週間後、警察の摘発により、少女たちは救出された。 

 貧困にあえぐ女性たちが、現金欲しさに自ら妊娠・出産を望むケースもある。ナイジェリア警備・民間防衛隊(NSCDS)によると、エヌグの医院を摘発した際、赤ちゃんを産むために最長で3年間医院にとどまっている4人の少女が発見された。医師が少年たちを誘い込み、少女たちを妊娠させていたという。

 NAPTIPによると、ここ数か月で、こうした施設が10数箇所摘発されている。それぞれ、産科医院、児童養護施設、孤児院、ホームレスの妊娠少女のためのシェルターといった体裁をとっていた。

■新生児が買われる背景

 2005年、新生児売買への関与が取りざたされていたラゴス(Lagos)の孤児院が、閉鎖された。ごみ捨て場から炭化した新生児の骨が発見されたことから、この孤児院が呪術用、または臓器移植用に体の一部を売っていた疑いが持たれている。

 新生児が将来的に児童就労や性的虐待、児童買春といった目的で買われているという証言もある。

 だが、ナイジェリアの南東部では、新生児の売買に別の大きな動機が働いている。この地方に暮らすイボ(Igbo)人の社会では、婚姻外の子ども、そして子どもができない女性は「呪われた者」と見なされる。そのため、子どもがいない母親は、自分の子どもと偽って新生児を育てるためならお金を惜しまない。そのため医師の方も、一晩で大金持ちになれるというわけだ。
 
 そうした新生児の売買はこの地方では広く行われており、当事者にも犯罪の意識に欠ける場合がほとんどだ。NAPTIPは、「クリニックに行ってお金を払えば、赤ん坊が手に入る。単なる養子縁組だと考えている人は多い」と指摘する。だが新生児の売買は、ナイジェリアでは禁固14年の刑に相当する。

 ユニセフ(UNICEF)は、ナイジェリアで1日に10人以上の子どもが売買されていると推定する。同国の犯罪件数では、詐欺、麻薬密売に次いで3番目に多い。(c)AFP/Susan Njanji

ソースは
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2536925/3505710

この国の道徳というものは?

記事を読む限りでは、いたいけな少女たちを誘拐してとか言うわけじゃないみたいだ。

お金が欲しい少女を集めて、報酬を払って妊娠させてという事のようだ。

売られた赤ちゃん以外には全然同情できない。

これらの事件の背景には日本やアメリカのような大国の富裕層?の子供が難病になり移植手術が必要だとかそのような時に移植用とかで売買されているのだろうな。

そう簡単に赤ちゃんや子供の臓器が手に入るはずがない。

全てがそうではないと思うが、何らかのシステム上でチェックできる体制を作らねばこのような事件は永遠に続いて行くのだろう。

何かの本で読んだ事があるが、『全ては犠牲の上で成り立つ。』大自然という大きなくくりで見て行くと確かにと思えるが、人間社会に置いてはこの犠牲という部分は変えて行きたい、変わってほしいと思った。

今もどこかで行われている人身売買がなくなる事を私は祈る。

日本国はまだまだ恵まれている。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
支那の影響力が強いから、こうなっています。
Posted by coffee at 2012年04月16日 21:11

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

パチンコ廃止の署名活動!人権侵害救済機関設置法案の廃止を求める上野駅周辺でのチラシ配布!なんぼ探してもいなかった「ネッシー、ツチノコ、性奴隷」シンポジューム
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「パチンコ廃止を求める会」による【パチンコ廃止を求める署名活動】(4月15日、新宿) 4月14日(土)と15日(日)..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-16 21:12
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。