【週刊実話】 「抗議デモ本」がアマゾンの「本部門」で2000位台のクリーンヒット “韓流押し”フジへの拒絶反応深刻化 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【週刊実話】 「抗議デモ本」がアマゾンの「本部門」で2000位台のクリーンヒット “韓流押し”フジへの拒絶反応深刻化

 フジテレビに対するデモ攻撃を、克明に描いたドキュメント本が予想外に売れている。
 『フジテレビデモに行ってみた! 大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録』(青林堂)で、著者はライターでアニメ評論家でもある古谷ツネヒラ氏。
 1月に発売され、2月から3月にかけてアマゾン・の「本部門」では2000位台に入り、しばらく落ちることはなかった。まずまずのヒットといっていい。
 内容は『韓流ゴリ押し反対デモの「その時」』、『フジテレビは一体何をしたのか』などのほか、デモ参加者へのインタビューなども掲載されている。

 こうした本が売れている現象は、何を意味するのか。
 それは「韓流押し」を続けるフジの居直り、横柄さに反発する視聴者がいかに多いかを表しているといってよかろう。つまり、デモには行きたかったが、参加できなかったアンチが、同時体験したいためにその本を買ったと見ていい。
 また、国益に反する動きをしているフジに対する拒絶反応が蔓延しているともいえる。
 本を買うことで著者の意見に賛同するとともに、フジの姿勢を問う拒絶派が大勢いるというわけだ。

 経済産業省は現在、日本の文化を海外に輸出するクール・ジャパン運動を展開しているが、フジの行動はそれに逆行している。韓国政府の言いなりになって、韓国の音楽や映画ばかり輸入し、これには多くの日本人がクビを傾げている。
 「国家をあげてのクール・ジャパン運動に協力しないとはどういうことでしょうか。4月に入ってからは『とくダネ!』等に韓国のグループ・ビッグバンを出すなどフジはあまりにも韓国カラーに染まっています。どこの国のテレビ局なのか、と疑問に思っている視聴者は多い。だからフジは観ない、という人が急増している。その結果、視聴率戦争で、年間・年度と2部門において日テレに三冠王を持っていかれた。当然の結果でしょう」(テレビ関係者)

 もっともフジは「韓流ドラマは視聴率が取れるし、韓流出身のアーティストは人気があるので放送しているだけ。単にビジネス優先にすぎない」とどこ吹く風。
 だが、デモを起こされることがどういうことかを真摯にとらえるべきだ。
 フジ・バッシングはまだまだ続く。

ソースは
http://npn.co.jp/article/detail/49113355/



この本の売れ方は演歌の売れ方に似ている。

トップテンには顔を出さないが、じわじわ売れ続け、いつの間にか多くの人が知っている状態になる感じがする。

最初のデモはお台場で行われた。

えらい人数の人間がデモに参加したモンだと思っていたが、何時まで経ってもフジテレビはおろか新聞、テレビ、マスコミ各社が全く報道しない。

5000人以上のデモを報道しないなんて異常だと思った。

AKBも韓流もクール・ジャパンも全て電通の商売のように思える。

諸悪の根源である電通を潰さないと日本国はホントに駄目になる。

この本はどちらかというか初心者?向きであると思える。

概要が殆ど略させていてこういうことがありましたよ的な内容となっている。

しかし、デモの雰囲気は伝わるので読んでみるのもいいと思う。

こちらの記事も読んでいただけると面白いと思う。

【企業】韓流押しで不買デモされた花王、社長交代へ…遅れる海外展開。軸足置く国内でも有力商品のシェア切り崩され

このような本が売れれば、出版社は必ず付いてくる。

利益が出そうならこぞって書き立てる。

日本国には韓国に負けないような良いコンテンツがたくさんあるのに態態輸入する必要などない。

日本国の文化を守る為にも一旗揚げようではないか。



内容紹介

もはやネトウヨではない!テレビが無視するデモの真実

NHK、尖閣、フジ、花王、電通 デモに行ってみた-大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録-
著者自らの経験を基にした総200頁に及ぶ、日本史上初の国民デモのドキュメント

この時は既に、現地は阿鼻叫喚の様相を呈していた。
「いたい、いたい」「殴りやがったなこのやろう殴りやがったな」「どけこらぁどけよぉ!」の悲鳴と罵詈雑言が飛び交い、ポールの前を囲んでいたツツジの硬い植木の中に、警備員とデモ参加者が入り混じって植木がたちまち足型に陥没し、その上で押すな、引くな、のまるで大合戦が繰り広げられていた。

-本文より-

目次

・はじめに~滅び行く旧世界の恐竜たちへ~

第一章 フジテレビ・韓流ゴリ押し反対デモの“その時”

・地震と原発事故の夏に
・興奮の朝・二十一日AM
・桁が二つ違う・激励するお台場の人々
・公開質問状を受け取らないフジテレビ
・つわもの共が夢の跡

第二章 フジテレビは一体何をしたのか?

・浅田真央転倒パネル事件
・浅田真央は常にキム・ヨナよりも劣っていなければならない
・「韓流ブーム」のねつ造
・フジテレビ「韓日戦表記事件」と「キムチ鍋事件」
・高岡発言は原因ではなく結果だった
・韓国/韓国人に対する配慮は弱者に対する目線と同じ
・韓国に弱みがある日本の保守

第三章 フジテレビ国旗交換事件

・反原発集会を尻目に
・テレビ局は本来左翼
・電波を返せ!
・雑巾のような日の丸
・やっぱりムリですね
・十坪の戦争

第四章 無名の私が「若手保守の代表」になった理由

・「戦争論」第一世代・NHK『日本の、これから』出演前夜
・大反響を巻き起こした崔洋一監督の「暴言」

第五章 激動の「尖閣デモ」

・戦後初めて保守派が声を上げた
・尖閣デモ「プレ」ジャパンデビュー抗議活動
・四回あった大規模な尖閣デモ
・それは、代々木公園から始まった ・人で埋め尽くされるケヤキ並木
・「NHKの古谷」、壇上に立つ ・全部自腹です!デモ参加者人数の話と、デモを支える裏方
・デモ隊を激励する金髪の若者たち
・フジデモへ繋がるマスコミへの不信
・中国大使館を包囲せよ! ・山が動いた
・チベット、ウイグル、アジアの仲間と共に
・大使館の前は五人まで ・産経、夕刊フジ、そしてNHKが…
・「尖閣ビデオ流失」の前夜 ・最大のデモ行進

第六章 花王デモとデモの課題

・主婦層が次々に不買へ転じた花王の大罪
・株価にショックを与えた花王デモ
・非組織系ネットデモの危うさとデモの定着

第七章 デモ参加者の証言

・井尻千男、山野車輪、水島総etc…インタビュー
・おわりに~もはやネトウヨではない!~







ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
プライムタイム
先週4月2日(月)〜4月12日(木)
     NTV     EX     CX
月  13.9%  12.5%   9.8%
火  12.5%  15.4%  14.1%
水  15.5%  12.4%  10.3%
木  13.7%  15.0%  11.6%
金  10.1%  14.3%  11.0%
土  15.7%  15.7%  10.4%
日  12.6%  10.0%  13.9%

月  13.6%  13.1%  12.5%
火  13.4%  12.2%   8.5%
水  15.7%  11.7%  12.6%
木  10.9%  13.7%   9.6%

平均 13.4%  13.3%  11.3%


フジテレビは、2012年5月18日(金)から中止していた「韓流α」の再開を決定!
フジ「韓流α」復活第1作目は以前「悪い事をする時は“日本人”と言うんだよな。必ずね!」発言をした侮日俳優チャ・スンウォン主演ドラマだ!
Posted by coffee at 2012年04月16日 00:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

フジの視聴率が衝撃的低下!P帯に1ケタ頻発!「カスペ!」6.9%、木10新ドラマは9.0%!・改編の目玉「知りたがり!」 も惨敗・「韓流α」復活第一作目は「悪い事する時は日本人と言う」発言の侮日俳優主演ドラマ
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビは、2012年5月18日(金)から中止していた「韓流α」の再開を決定! フジ「韓流α」復活第1作目は以前「悪い事を..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-16 00:11
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。