【ミサイル失敗】“貧窮国”北朝鮮、1600億円をドブ!飢える国民が泣いている - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ミサイル失敗】“貧窮国”北朝鮮、1600億円をドブ!飢える国民が泣いている

 13日に長距離弾道ミサイルの発射を強行した北朝鮮だが、発射は無残な失敗に終わった。この事業に注ぎ込んだといわれるカネは日本円にすると1600億円超。北は巨額をドブに捨てた末、貧窮が一段と加速する可能性もある。

 韓国国防省によると、北はミサイル発射で開発などの関連費用を含め、推計で8億ドル(約650億円)を使っている。金主席の生誕100年にあたる「太陽節」(15日)は海外から1万人規模の客を招待し、盛大に開催する予定。韓国政府では、北朝鮮がミサイルを含めた100年行事全体に20億ドル(約1620億円)を注ぎ込んだとみている。

 北は現在、国家予算の増減率は公表しているものの、実額は明らかにしていない。韓国統一部が増減率から推定した米ドル換算の予算総額は57億3000万ドル(約4640億円)。100年行事の費用は国家予算の3分の1以上にのぼる。ただ、「韓国統一部が採用している北朝鮮ウォンのレートは古い。実勢レートを考慮すると予算は総額で200億円程度」(外交筋)とも。いずれにせよ、北にとって途方もないカネが祝賀行事に注ぎ込まれたことは間違いない。

 現代コリア研究所の佐藤勝巳所長は、「巨額の資金が動いた1989年の一大イベントの開催後と同じような窮状に陥るだろう」と分析する。一大イベントとは、東側諸国などの学生が集結した「世界青年学生祭典」を指す。

 「88年に韓国で開かれたソウル五輪の向こうを張って行われた。世界的な催し物にあわせ、大型スタジアムや105階建ての柳京(リュギョン)ホテルの建設に着手。総投資額は47億ドル(約3800億円)にのぼったといわれる。ここから北の財政は急速に悪化した」(佐藤氏)

 貧困の度合いが深まるにつれ、核とミサイルを切り札にした瀬戸際外交が顕著に。アメリカからの食糧支援などを引き出しつつ、友好国への武器輸出を拡大して外貨を稼いでいった。

 「2000年代初頭は中東やアフリカ、中南米への武器輸出により、年間2億ドル(約162億円)程度を得ていた。その後、核実験に対する制裁で規制が厳しくなり、いまでは有力な資金源を失ったに等しい」(防衛省関係者)

 北の人口は2000万人規模で、そのうち約600万人は食糧支援が必要な飢餓状態とされる。そんななかで強行された、ミサイル開発を含めた祝賀行事。佐藤氏は、「現在の北に20億ドルあればコメなら全人口の5年分、トウモロコシなら10年分をまかなえるはず。国民を無視して浪費する国は必ず滅びる。ミサイル発射も、今後考えられる核実験も、好きなようにやらせておけばよい」と突き放した。

 北はミサイル失敗で崩壊へのスピードを上げてしまったようだ。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120413/frn1204131141001-n1.htm

今回の北朝鮮による長距離弾道ミサイルの強行発射問題に置いて一番懸念される所はここだろう。

大金を投入して作られたシステムJアラート。

予告までされていたのに、不意を突かれたとか、ありえないだろ・・・。

なんの役にも立たなかった。

もしも、仮に長距離弾道ミサイルの強行発射における飛距離が日本国まで届いていたらと考えると末恐ろしい。

なんの警報もなく人々の頭上に落ちてくるかもしれないのだから。

北朝鮮の一般人には申し訳ないが、また、日本政府の危機管理能力を世界中に露呈できた。

日本政府の危機管理能力がこれにより一段と向上する事を期待する。

国民を無視して浪費する国は必ず滅びる・・・。

日本人が自殺したり生活保護貰えず餓死したりしているのに、極一部の外国や外国人にばかり金使っている日本国も人のことは言え無いのかもしれない。

今回の長距離弾道ミサイルの強行発射の本来の目的はざっくりこのような感じだと思う。

1. アメリカ等まで届くミサイルを保有していることを誇示して軍事的に対等な位置に立って交渉を優位に進めたい。

2. ミサイル技術を他国に販売するためのプレゼンテーション。

3. 国威発揚によって国内での政権の安定を図る。

今回の失敗で全部パアだな。

今回の長距離弾道ミサイルの強行発射における北朝鮮の打ち上げ責任者が可哀想だ。

何十人が失敗の責任を取らされて銃殺されるのだろう。

現場で組み立てを行った担当者もお国柄、死刑は免れない。

失敗は成功の母、次を頑張りなさいと言われるが、この北朝鮮という国には通用しない。

代わりは、何人でもいる。

これが北朝鮮の考え方なのだろう。

しかしだが、技術は失敗を繰り返して進歩する事には代わりはないだろう。

打ち上げ失敗は技術進歩という点では打ち上げ成功以上に価値があるとすら言えると思う。

打ち上げが成功していたなら、多分成功を讃えて終わり。

この打ち上げ失敗による原因追及の方が遙かに技術進歩への道を進ませて行く。

この失敗を見て北朝鮮を侮ってはいけない。

むしろ素直に失敗を認めたことからこの先さらなるロケット技術の進展が予測される。

今後にも注意が必要だ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
北の国民もこんな酷い目に遭っている上に飢え死にするかもしれないのだから、命がけで政権打倒を敢行するべきです。
Posted by coffee at 2012年04月14日 18:51

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

大飯原発再稼働と北朝鮮のミサイル打ち上げ失敗
Excerpt: 政府は、北朝鮮のミサイル打ち上げが失敗した日に大飯原発再稼働を発表しました。 野田政権が大飯原発再稼働へ政治判断、需給厳しく「必要性存在」 http://headlines.yahoo.co...
Weblog: 政治の本質
Tracked: 2012-04-14 17:49

ミサイル失敗の次は核実験か!北朝鮮は地下核実験も準備中!米国の制裁は食糧援助を中止するのみ?日本は国会で抗議と中止を求める決議をするだけ?・日本も核ミサイルの保有を急げ!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 平壌市内のプレスセンターで、人工衛星と主張する長距離弾道ミサイルを発射したとの報道に、対応に追われる北朝鮮の関係者ら(手前)=..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-14 18:52
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。