【社会】父は自殺、母は精神不安定、寒い路上で上着も着ず泣く子供…幼い兄妹や住民のSOS届かず…東京・一家4人無理心中 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】父は自殺、母は精神不安定、寒い路上で上着も着ず泣く子供…幼い兄妹や住民のSOS届かず…東京・一家4人無理心中

 東京都江戸川区の民家で、6日夜に小学生2人を含む一家4人の遺体が見つかった“無理心中”事件。この一家では、今年1月に父親(34)が自殺したばかりで、母親(28)も精神的に疲れた状態が続いていたという。区側が家族の相談に乗り出すなか、一家の「SOS」はなぜ届かなかったのか。

 「子供が靴を履かずに歩いている」。最初に一家の異変に気付いたのは昨年12月下旬。近所の住民から同区「子ども家庭支援センター」に通報があった。

 裸足で出歩いていたのは小学4年の長男(9)。一家は福岡県筑紫野市から昨年秋に引っ越してきたばかりで、両親と長男、小学2年の長女(7)、母親の兄(29)の5人で生活していた。

 文京区の不動産会社で働いていた父は今年1月に自殺。母親の義父(64)=千葉県市川市=によると、「死にたい」と母親が自室にこもり始めたという。義父は、ほぼ連日、一家の食事の世話などをするため泊まり込んだ。母親は「子どもだけを残すのはかわいそうだ」と心中をほのめかすこともあったという。

 一方、父の自殺後、学校のスクールカウンセラーは6回にわたり子供の心のケアに当たった。2月中旬には義父が学校に「母親の様子がおかしい。病院に連れて行きたいが拒んでいる」と相談しているが、連絡を受けたセンター職員が3回にわたり家庭訪問したものの母親は面会を拒み続けた。

 2人の子供は小学校を休みがちで、引っ越し後、長男は20日、長女も40日欠席した。近所の人からは子供2人だけで買い物に行く姿も目撃されていた。義父は事件の約2週間前、母親から「もうかかわらないで」と言われ通うことをやめた。

 事件後、家の中のパソコンから、母親が書いたとみられる遺書らしき文面が見つかった。燃え切っていない練炭も8個あった。そして義父の目を引いたのは冷蔵庫の中で腐敗していたキャベツや豚肉、マグロの切り身などの2週間前に用意した食材だった。部屋にはコンビニ弁当の空き容器が散乱していた。義父は「孫を無理にでも引き取っていればよかった。どうすれば家族全員を助けられたのか、今も分からない」と肩を落とした。

 区教委は「義父とのコンタクトはできていたので、これ以上踏み込むのは難しかった。何か防ぐ方法はなかったか検証したい」としている。

 NPO法人「自殺対策支援センター・ライフリンク」の清水康之代表は「無理心中などを防ぐためには、個人情報の壁を越えて、親類、行政、医療機関などとの情報共有が不可欠」と訴える。今回のケースでは母親が「死にたい」と言ったり、相当深刻な状況が推察されると指摘。「子供だけでも保護するといった介入の仕方も検討できたのではないか」と話す。【小泉大士、喜浦遊、松本惇】

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000058-mai-soci

この事件の発端はどこにあるのか?

ここをきちんと把握せねばこのような事件はこれからもドンドン起こる。

先ずは、不動産会社で働いていた父親の自殺の原因は?

ここから調査しないといけない。

仕事が上手くいかなかったのか?

リストラを宣言され自暴自棄に陥ったか?

妻と会社の板挟みに疲れたのか?

想像すれば色々考えられる。

記事によると12月下旬には既に一家の異常には気づいている事が分かる。

ここで何らかの対応が出来ていれば、1月の父親の自殺を止める事が出来、このような事件にもならなかったハズだ。

これは飽くまで私の想像だ。

「子供が靴を履かずに歩いている」。

この一文から想像するに、父親の自殺の原因は、やはり金銭的に余裕がなく将来を悲観しての自殺が主なのだろう。

生活保護などのセーフーティーネットが機能していない。

行政の窓口対応はいい加減なものがかなりある。

本当に生活保護が必要な人が来ても、追い返してみたり、そうでもない人に給付してみたりと・・・なにかがおかしい。

このような事件が起こらないように本気で考えて行かないと日本国そのものが底が抜けたバケツのように何れ中身がなくなってしまう。

今のこの時代を生きている私たちでは、死にたがっている人間を止めるのは無理なのかもしれない。

昔ほど他人との付き合い、近所付き合い、見知らぬ人からの説教など・・・明らかに少ない。

人間関係が希薄になっていて、当事者の気持ちがよく分からない。

一般論だけでは通用しない事がたくさんあると思う。

子供たちだけでも強制的に連れ去るべきだった。

親による殺人を止められなかったことは反省の必要があるかもしれないが、本当に死にたい人が死ぬのはもう仕方がない。

児童虐待防止法というか、児童保護法と言った類いの法律を作らないといけないのかもしれない。

後言えるのは、誰も責任取らないシステムなら何の効果もない。

責任のあるシステムの構築が必要だ。

過剰な資本主義による社会淘汰、デフレを維持する限りまだまだ起きそうな事件だ。

最近、死ぬことは悲惨なことではないと思うようになってきた。

生きることは楽じゃないってしみじみ思う。

自分へのエールを込めて、『生きてさえいれば必ず良い事はある。』

頑張って生きて行こうと思う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
死にたかったら自分だけで勝手に死ね!
子供まで殺すな!
Posted by coffee at 2012年04月12日 21:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

花王、社長交代!不買運動で有力商品のシェア切り崩され・尾崎元規社長は代表権のない会長に降格・余語豊監査役は退任で決算に疑惑浮上・山積みの在庫【お一人様10ケース(80個)限り】ニュービーズ!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 花王の尾崎社長(左、新会長に内定)と新社長に内定した沢田取締役=9日午後、東京都中央区日本橋茅場町 【企業】韓流推しで不..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-12 21:11
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。