【政治】 「市民に申し訳ない」 橋下市長、タバコで電車止めた駅助役のクビ指示…地下鉄梅田駅火災で2度も禁煙通達されたのに喫煙 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】 「市民に申し訳ない」 橋下市長、タバコで電車止めた駅助役のクビ指示…地下鉄梅田駅火災で2度も禁煙通達されたのに喫煙

大阪市の橋下市長は3日、市営地下鉄の駅長室でたばこを吸って火災報知器を鳴らし、列車を遅らせたとして、この駅の助役を懲戒免職にする考えを示しました。

 橋下徹大阪市長:「本人には免職を基準に考えてもらいたい。裁判闘争になっても辞さず。相当、緊張感がない」
 橋下市長は、5日朝の市戦略会議の冒頭、この件に触れ、喫煙した助役を懲戒免職に、管理職は減給処分にするよう指示しました。問題の助役は3日朝、四つ橋線本町駅の駅長室内にある給湯室で喫煙。火災報知器が作動し、4本の列車に遅れが出ました。市営地下鉄では2月、梅田駅でたばこによる火災が発生し、禁煙を徹底したばかりでした。大阪市では過去に喫煙で免職した例はありませんが、橋下市長は「裁判になっても構わない」としています。



 大阪市・橋下市長は5日、大阪市営地下鉄・四つ橋線の本町駅の禁煙になっている駅長室で喫煙した職員の免職を検討するよう指示した。一方、本町駅では、火災を知らせる放送が当時流れていなかったことがわかった。 この問題は、市営地下鉄四つ橋線本町駅勤務の男性助役が3日、禁煙の駅長室でたばこを吸って火災報知機が作動し、列車4本に遅れが出たもの。 橋下市長は幹部会議で、助役の懲戒免職を検討するよう指示した。たばこ一本で免職となれば、不服申し立ても予想されるが、橋下市長は「裁判になってもかまわない」と法廷闘争も辞さない構え。 大阪市交通局では、2月に大阪市営地下鉄・御堂筋線の梅田駅でたばこの不始末が原因とみられる火災が発生し、禁煙の徹底が通達されたばかりだった。 一方、大阪市交通局は、本町駅でこの喫煙があった際、火災を感知したことを知らせる放送が構内に流れていなかったことを明らかにした。3日の会見では「放送は適切にされた」と話していたが、駅員へのヒアリングを行った結果、放送が流れていなかったことが発覚した。2週間前から報知機の設定に誤りがあったということだが、大事故につながりかねない状況が放置されていたことになる。 橋下市長「今回の火災報知機の件も、繰り返し繰り返しこういうことがあって、市民の皆さんに申し訳ない。やっぱり民営化しかない」

ソースは
http://news24.jp/nnn/news89033790.html

 大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅の男性助役(54)が、全面禁煙の駅構内で喫煙して火災報知機が作動し、列車が遅れた問題で、橋下徹市長は5日、幹部会議でこの助役の懲戒免職処分を検討するよう指示した。

 助役が吸ったたばこは1本で、免職となれば、不服を申し立てることも予想されるが、橋下市長は「司法決着すればいい」としており、法廷闘争も辞さない考えだ。

 助役は3日朝、駅長室内で喫煙。火災報知機が作動し、4本が最大1分遅れ、約1000人に影響した。市営地下鉄では2月、御堂筋線梅田駅で喫煙が原因とされる火災が発生し、市は2回にわたって全面禁煙の徹底を各駅に通知するなどしていた。このため、橋下市長は「緊張感が無く、許し難い」として厳しく対処することにした。

 橋下市長は会議の冒頭、相次ぐ職員の不祥事を受けて服務規律刷新プロジェクトチームを設置したことに触れ、「服務規律に力を入れると言っている中で起こった事態だけに相当重い」と指摘した。助役の上司に対しても減給を検討しているという。

ソースは
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120405-OYO1T00594.htm?from=main1

勤務中のタバコも我慢できない奴に管理職になる資格は無い。

仕事中にお酒を飲んでいるようなものだ。

まともな仕事が出来るはずが無い。

助役ともあろうものが、時と場所をわきまえず、喫煙のために業務に支障をきたすような失態を犯せば、首にされても文句は言えないと私は思う。

これで免職が重いと言っている人達は、お隣の韓国みたいに地下鉄火災で死者が出ないと理解できないのかもしれないな。

大邱地下鉄放火事件

死者192名、重軽傷者148名となった大規模な地下鉄火災の事件である。

出火原因は放火ではあるが、出火後の地下鉄の司令センターのミスで有り、火災報知器の誤動作を放置していた事がこの事故の最大の原因だ。

煙草一本、されど一本。

地下鉄などの閉ざされた空間で火災が起こった場合かなりの確立で悲惨な事になる事を皆理解し、喫煙車は場を弁え、喫煙の我慢をする事が必要だ。

この助役の事件に置いて、実際に司法の場にいったら、恐らく厳罰がきつ過ぎるという判断になると思うけど、ただの喫煙とは違いこれまでの経緯もあるから主張の仕方によっては免職が認められる可能性も有るだろう。

市営地下鉄では2月、御堂筋線梅田駅で喫煙が原因とされる火災が発生し、市は2回にわたって全面禁煙の徹底を各駅に通知するなどしていた訳だが、助役が地下鉄ボヤ騒ぎを知らない時点でアウトだろう。

たかがタバコと喫煙する人達にとって格好のさらし首となる事だろう。

何事にも決められたルールを守る事が必要だ。

このような事が起これば喫煙者の肩身は狭くなり、場合によっては喫煙場所という場所さえも無くなってしまうかもしれない。

私にとって煙草は、煙草は100害あって一利なし。

最高裁まで持ち込めば国益を顧みて大阪市の楽勝だろう。

ここでハッキリ言いたい事は喫煙者の皆さんはマナーを守って下さい。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>大阪市・橋下市長は5日、大阪市営地下鉄・四つ橋線の本町駅の禁煙になっている駅長室で喫煙した職員の免職を検討するよう指示した。

これは悪質ですね。
懲戒免職でも、致し方ありません。
Posted by at 2012年04月06日 21:53

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

杉本彩が人種差別?栄光ゼミナール室長楠田健一の的外れ批判「人種差別的思考、精神不安定」、「頭の悪いネット右翼」・楠田健一は過去に犯行予告も・栄光ゼミナールは小学校塾教材に南京犠牲「十数万人」記述も
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 杉本彩を「人種差別的思考、精神不安定」などと批判する栄光ゼミナール栃木中央校の楠田健一(室長)英語 栄光ゼミナール栃..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-06 21:54
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。